読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ作成ボタンを押しちゃった

マニアックなオッサンのブログ

オッサンになったら分かるはず、「サバイバル要素は人生に必要」

マインクラフト

どうも、ガンダムーンのオッサンです。

 

皆さんマイクラってご存知ですよね、同じマスの立方体で家を作ったり冒険したりする自由度が高すぎるゲーム... 私、マイクラを始めるまではマイクラをかなりバカにしていました。

「あんなもんストーリーも何もないじゃん」

「レゴみたいな事をゲームにして何か面白いのか」

こんな風に考えていました。

 

 マイクラの魅力

んで、友人に激しく勧められたので購入してからプレイしてみても、どこに面白みがあるのか分かりませんし、そもそも何をすれば良いのか分かりません。

 

ゾンビに襲われてやり直し、

またゾンビに襲われてやり直し、

空腹になってゾンビに襲われてやり直し、

何とか数日生き延びる事に成功したマイホームをクリーパーに破壊されてやり直し

村を発見するもゾンビの襲撃とスケルトンの攻撃により一夜で壊滅...

 

もうね、当初は何をどうすれば良いのか全く分かりませんでしたよ、いったいどうすれば生きのびられるのか... 大体何もない荒野に所持品無しで放り出されたってどうにもならないじゃないか!

 

だいたいこのマイクラの世界設定は何が基準なんだ! 荒野に一人で放り出される....!?

 

荒野に一人で... まさか、、、その設定すら自分で考えろっていうんじゃないだろうな? 

「まさかwww」

「そんなの人の人生そのものじゃんかwww」

「文明崩壊後の世界にタイムスリップしたとかってかwww」

「なんで松明なんかイチイチ作んなきゃ....ん?、明かりを作る?」

 

....!!!

もうお分かりですよね、マイクラ経験者なら尚更でしょう、つまりこの辺りで初めて

 

ゲーム名  マインクラフト

プレイ人数 一人

本編スタート

 

な状態になると言えます。 ドラマや映画なんかでもありますよね、冒頭に内容に関わる重要なシーンを見せてからタイトル、主題歌、本編再生みたいな流れ、

あれに近いものがあるんですよ、しかもそれを自分で考えろみたいな...

 

これ、普通だったらあり得ないですよね、しかも初めに

「人は必ず死ぬ、このゲームだと例えばこんな場合だよ」

みたいな事を植え付けさせるというね... コレ、自由度が高いというよりも哲学的な要素を感じられずにいられません。

 

正直いいまして私が過去にプレイしてきたゲームは自由度が高くてもストーリーが必ず存在していました。

 

しかしマイクラは違います。オンラインプレイはあるものの、基本孤独... なんだか人生に少し似ているものがありますね。

 

そんな中、マイクラ関連で面白いニュースが

www.inside-games.jp

 

おおお!!!

今の学校教育に足りない物を授業に取り入れるとは!

 

ってタイムリーなニュースじゃない... まあこのブログはトレンドブログじゃないからゆっくりなペースで丁度いいです。

 

んで、オッサンながら前々から色々と感じていたんですよ、ここ近年の学校教育には人間を育てる要素が少ないんじゃね? なんてことを。

いやいや、これで日本の未来は少し明るくなるぞーなんてニュースと読み進めるとですね、

「学習に不要なモンスターなどを無効に設定するモードにより、生徒が集中して課題に取り組むことを可能にする授業運用支援」

 

...もう言ってイイと思いますし、言うべきでしょう。

モンスター排除とか...バカなんじゃないの?

 

生徒が集中して課題に取り組む???

課題って... それ普通の授業じゃん、どーせプログラミングだろうと思ったらやっぱりプログラミング... これじゃせっかくの素材が台無しじゃないですか。

 

いやね、こうなる前にきっと様々な議論があってモンスター排除になったのは分かります。

しかしですよ、この話が立ち上がった時点ではきっとマイクラを授業に取り入れる必要性を熱く語った誰かがいると思うんです。

 

その名が世に出てこないであろう彼はプログラミングについて熱く語ったんでしょうか???きっとそうではないと信じていますし、

もしそうであればマイクラである必要性が感じられません。

 

「学校ではコレなんだけど、出来れば普通のマイクラを家でやって欲しいと先生は願うよー」

 

もし授業でこのようなオフレコ発言があれば私は全然問題ないと思います。

 

 

何故モンスターが排除が気に入らないか

だってマイクラはゲームですからね、敵がいるってのは当たり前な要素ですし、敵が存在しないゲームも沢山あります。

でもね、敵の存在を否定してしまっては競争の原理や生存本能や人類の英知が発展しないじゃないですか... ちょっと大げさに言ってますけど、私は至って本気です。

 

いいですか、モンスター排除の決定を下したであろう偉い人たちさん、

そもそも人類の文明が発展した経緯は敵の存在じゃないですか、現在の人類は食物連鎖の最上位に君臨してるけど大昔は違ったじゃないですか。

継続的に生き延びる為に効率を考えて耕作したじゃないですか、

こんな事いっちゃ悪いけど、やっぱり寒かったり気候の変動がある地域の人間のほうが色々と考えるじゃないですか。

 

これは大昔の事だから... なんて主張もあるでしょう。

でもさ、実社会ってはっきり言ってサバイバルじゃん。

 

そりゃね、一生安泰な職業で絶対に無くならない職業で超絶ホワイトな場合もありますよ。

 

でもそれは基本仕事、労働の対価を得る行為... 24時間仕事じゃないですよね。仕事以外の人との繋がりもありますよ。

コンビニでも店員さんが一言二言話しますよね、そこには無言の世界は広がってませんよ。

 

別に無言でもお金さえ払えば買い物もサービスも受けられる世の中ですよ、

でもそういう人になって欲しくないですよね、人を教える立場の職業として選んだ人間としては... と、少し熱く語ってみるものの、現実はまた厳しいのも事実なんです。

 

先生

以前に高校の先生と少しお話をした事があるんですよ。

多分ベテラン先生なんですけど、この先生曰く

「こんなん学校じゃないね」

始めはその意味が分かりませんでした。でも先生が指さす先にその答えがモロにありました。 

25~28ぐらいの若手先生集団、、、 「教師」といった職業をはじめから知っていなければ、ちょっとイイとこ勤めのオシャレなサラリーマンです。

私、ベテラン先生に言えたのは

「若手の先生たちですよね?なんか仕事に来てるっぽい感じですね」

なんとも表現が難しい事が分かると思います。

確かに仕事に来ているし、その通りで問題ありませんし、きちっとした流行のピッタリしたスーツですし、オシャレなバッグな感じで靴も茶色の安そうじゃない感じのやつ...

 

あれを見た時には現実はこうなんだ.... と色々と考えさせられました。

多分このような状況は全国的にあるんだと思いますし、それが時代の変化だと思います。

 

こんな事を考えるとですね、現実社会は教育の現場でもサバイバル、一般企業のサラリーマンもサバイバル、零細企業は完全にサバイバル、専業アフィリエイターも... そして、

 

マインクラフトもサバイバル

f:id:gundamoon:20161204185136j:plain

 

さらにモンスター排除の決定を下したであろう偉い人たちさんもサバイバルな可能性があります... 

 

そんな世の中の仕組みだったり方向性を決める人たち。こんなん選挙の度にサバイバルです。

 

 

 人生に必要なもの

なにか私ごときが風呂敷を広げすぎ感しかしませんが、教育の現場に時代に沿った新しい取り組みを始めるとなればソコはやっぱり良い物という評価があるからこそマイクラを取り入れるキッカケになったと思うのです。

そして実際にマイクラはゲームの枠を超えた良い物です。

ここに外せる要素なんかありません、むしろ遊びの幅を広げるのがパソコン版で付け加えるMODのはず。

 

そういう追加の部分を課題にするっていうのはいかかなものかと... しかも勝手に「学習に不要」と決め付けてモンスター排除など.... 本気ですか?と言いたい。

 

人生学習に不要な無敵モードなどを無効に設定するモードにより、生徒が集中してサバイバルに取り組むことを可能にする授業運用支援」

 

こっちのほうがイイと思うんですけどね~ どうでしょう?

間違っていたらごめんなさい。

 

 

もし先生みたいな職業の人がこの記事を見たら、私のようなオッサンが偉そうに言って申し訳ありませんでした、私は日本の未来を育てる職業を選んだ人を尊敬していますし、自分には出来ないことです。

とくに社会の先生の授業は面白かったし、色々と自分で物事を考えるキッカケをくれた先生だったと今でも思っております。

 

最後までよんでくれてありがとうございました。