読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ作成ボタンを押しちゃった

マニアックなオッサンのブログ

クーポン券は女性の世界に閉じ込めたほうが良いのではないだろうか?

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

クーポンを使う男性を「ダサい」とか「かっこわるい」なんて言ったり思ったりネットに書き込んだりする人っていますよね。

確かに男は見栄を張りたい生き物なのでそのような感想があって当然だと思います。

 

まあ今はデートで割り勘なんてのは若者の間でも当たり前のような記事を見るのでダサいとかかっこわるいは減ってゆくのかな?なんて考えたりもするけど何かモヤモヤします。

私は女性に少しでもよく見られたいので基本的に奢って見栄を張ってお金が無くなる人生を選択中です。

 

そんなクーポンを男に使わせようとする女、そして使う男... なんとも言えないものがあります。

とくに夫婦間

夫がクーポン使用に抵抗が無いなら何の問題もありません。

しかし夫はクーポン使いたくない見栄っ張りの場合、さらに妻がクーポンを使って買い物を命令するようなシーン。

どちらの肩を持つのかは性別によってハッキリ分かれるのではないでしょうか?

 

共働き家庭、専業主婦家庭、世帯年収など細かい条件はあるにせよクーポンを使いたくない夫にクーポンを使わせる妻というのは、ほんの少し妻側に愛情が欠けているように思えます...少し叩かれそうだけど頑張って書く。

 

んでこの行為は結局悪い結果をもたらすように思えるのです。

クーポン夫婦

ホントに見栄っ張りな夫はクーポンをゴミ箱に捨てる可能性があり、結果的にプロパー価格での購入の場合がある可能性。

 

レシートを見せろと妻に言われて提出したものがプロパー価格だった場合の夫婦喧嘩、これは価値観の違い的な要素があるので根が深くなる問題の可能性。

 

クーポン価格で少々のつり銭がある程度の金額しか渡されず、絶対にクーポンを使うしかない状況、しかもクーポン使用には何らかの条件がありってその条件を満たせていないのでクーポン使用が不可である現場修羅場。

 

夫がクーポンを使ったという嘘をつくことでその場は丸く収まる(実際はプロパー購入)、しかしそれに味をしめた妻はその後もクーポン使用を強要してくる可能性。

 

...こんな感じだろうと考えてみました。

見栄を張りたい夫に対してクーポンを強要する妻、あまり良い結果にならないように思います。

クーポンをつかってお徳に何かを購入するならば自分で行動するべきが原則だと思うのですがどうでしょうか?

 

クーポンカップル

見栄っ張りな彼氏とのデート、彼氏は毎回奢ってくれるしそれは大変ありがたいことで嬉しい、大切にされている感が凄い!自慢の彼!!!

そんな彼のデート費用を少しでも軽減させてあげようと飲食店で支払いをする彼にクーポンを渡す...

 

 クーポン券を使った結果、支払いが安くなり彼の負担も減ったはずです。しかし彼の気持ちはどうなるのでしょうか?しかもクーポンによって割り引かれた金額が500円未満なら...

 

いつも割り勘な彼氏とデート、今日はお徳にクーポン券をつかってお洒落な夕食!

支払いもクーポン券を使って割り勘でうち等って計画的!でお金の使い方が上手!

....

彼氏の心の声を聞いてみたい。

 

クーポン親子

母親が中学生の息子に買い物を命令する、それもクーポンを使っての買い物。

息子は親の命令どおりに行動するしかありません、そこにクーポン恥ずかしいのような心があったとしても選択肢はない。

ここで「お母さんって買い物上手なお徳マザーだね!」

なんて言葉を母親に言える子の心... ちょっと複雑なものを感じます。

これが母と娘の会話なら全く違和感ありません。

 

今日はオヤジと二人飯、好きなものを食べていいぞ!というオヤジのセリフを真に受けて一番高いステーキにドリンクバーをつけて、さらに調子こいてデザートも頼んでしまった。

俺はオヤジが支払いの時にクーポンを出していたのが目に入ったけど、そこは触れてはいけない部分なんだと直感した...

男×男ということでテーマから外れる部分もありますが親子の番外編で書いてみました。

 

クーポンは自分の意思で出すべき

プロパー金額より割引されるクーポン券を出しまくって生活を行なったほうがお金は残るはずです。それを節約と呼ぶ人もいるでしょう。

なんならクーポン中心の生活にするのもアリ。

チョット前のマクドナルドはクーポンありきのマクドナルドでしたもんね、クーポンあるからマックに行く、マックでクーポンを使いにいく...

 

結局のところクーポンを発行する企業側としては販促行為、それで集客し、売上をあげる方向にもっていきたいからこそのクーポン。

そんなクーポン、お客の立場によってはクーポンにより必要でない支出もあるはずです。

 

そして私が大事だと思う部分、見栄を張る男性ってかっこわるいのでしょうか?

割引される金額にもよるとは思いますが、

 

クーポンを出すことによってセコイと思われる男の価値 < クーポン券を出さないことによる余裕と思われる男の価値

 

見栄を張りたい男性の心理ってこんな感じだと思うのです。

そして男とは幼少期、とくに物心が付いた時ぐらいから見栄が備わっている生き物だとも思えます。こればっかりは神が男に与えた遺伝子的なものとしか考えらず、だから男は見栄を張るとすら思えます。

 

そんな男の見栄に土足で侵入してくる女からのクーポン券、これは何かが違うように思えてなりません。

私はアホなので文字で表現しきれない部分が多々あるのは重々承知、このようなテーマはピピピピピさんが書くべきかもしれません。

 

それでも男性が使うクーポン券についてモヤモヤするものがあるので叩かれそうだけどなるべく叩かれないような雰囲気で書いたつもりです。

 

もしこの記事を見て怒りモードになってしまった方がいたら本当に申し訳ありません。

ごめんさい、

私が悪かったです、

馬鹿な記事を公開したことをお許し下さい、

あなたには敵いません、

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!