ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

スプラトゥーン2のオンラインバトルを外で快適に遊ぶ方法

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

任天堂スイッチはドコでも遊べる携帯型のゲーム機だけどテレビに繋げても遊べるゲーム機。

そんな任天堂スイッチのスプラトゥーン2をファミレスでやっていたのですが、まあ携帯モードだとやりにくいしジャイロを使って本体を動かすので周囲の目も気になるってもんです。

 

という事でスプラトゥーン2をテレビに繋げずに外で遊ぶってのは全然オススメできない... とも言えない。

私、考えましたよ、そしてスプラトゥーン2を外出先でも快適(緊急的)に遊べる方法でコレが正解に近い形なのではないだろうか?ってヤツを。

携帯モードでガチバトルは無謀

スプラトゥーン2のガチバトルを真剣にやるってんなら携帯モードでは厳しいってのがこのゲームです。

携帯モードとはこんな感じ...

 

f:id:gundamoon:20170730234216j:plain

 

こんな感じですね、よく見る形でこのモードで遊ぶのが任天堂スイッチと考えている人もいるでしょう。

しかしスプラトーゥン2において、それもオンライン対戦となればこのやり方は全くオススメできません。

スプラトゥーン2は任天堂スイッチの特徴であるジャイロ機能を使ってプレイしたほうが断然強く立ち回れるゲームとなっており、カメラ視点をコントローラーのみで行なっていると敵の動きについてゆけません。

 

しかもファミレスのような他人の目がある場所でのスプラトゥーン2はスイッチ携帯モードを振り回すような形になってしまい(ジャイロ機能を使うため)他人からの目が痛いです。

本気で携帯モードでスイッチの本体を振り回すようなプレイを行なうなら椅子に座って...ではなく立ってやったほうがよい。

 

基本テーブルモードで遊ぶ

テーブルモードとはこんな感じ...

 

f:id:gundamoon:20170730234412j:plain

 

スイッチ本体件画面を立てておき、コントローラーを使って操作する遊び方です。

この状態でJoy-Conグリップに左右のコントローラーを接続すれば画面が小さいもののテレビで遊ぶようにスプラトゥーン2の激しいオンラインバトルが楽しめるってこと。

ただチョット待ってくれよ、外にスイッチを持ってくのにJoy-Conグリップまで持っていったら荷物がかさばるじゃねえか...!

 

ってそうなんです、コレなんです。

携帯できるゲーム機になるので携帯モードの状態で持っていけばよい.... 私がファミレスでスプラトゥーン2をやった時もこんな感じでした。

でもそれじゃガチバトルは勝てない、携帯モードではウデマエを上げるどころか下がる一方...

これはマズイ、でもJoy-Conグリップはない、でもオンライン対戦したい...

そこで考えた方法がJoy-Conを左右に持って遊ぶってな方法...

 

f:id:gundamoon:20170730234532j:plain

 

これでも何とかいけますが、自分の力を100%出せてるわけじゃぁない。

さらに考えること数分....

 

左右のJoy-Conを輪ゴムで合体

任天堂スイッチのジャイロはJoy-Conに搭載されています。

ならばJoy-Conの左右を輪ゴムで合体させればJoy-Conグリップのように使えるのではないか?

という事でやってみました。

 

f:id:gundamoon:20170730234733j:plain

 

誰でもできる作業ですね、輪ゴムできつくとめるだけ。

通常輪ゴムを持ち歩く人って少ないはずですがアイコスユーザーに限っては輪ゴムを持っている場合が多いんですよ、これにはちゃんとした理由があるけど別の話になるので割愛。

 

輪ゴムで合体させたJoy-Conはですね、操作はやりにくいですけどジャイロ機能を使ったスプラトゥーン2の遊びが可能って事が分かりました。

そうともなればファミレスのお姉さんに輪ゴム数本頂けませんか?とお願い、4本あればいけます。

 

スプラトゥーン2を外でやる場合は輪ゴムも持ってゆく

Joy-Conグリップを同時に持ち歩けば良い話です。

でもJoy-Conグリップはかさばる... 

ということで輪ゴムを持ってゆくことをオススメします。スイッチを入れるケースに輪ゴムを突っ込んでおくだけでいいもんね、とっても簡単な話だけどこれが有ると無いでは全然違います。

 

またはJoy-Conグリップをもう一つ購入してグリップ部だけを取り外した状態にするってものアリです。

Nintendo SwitchのJoyConグリップのグリップ部分を取り外してみた | kako blog

コチラですね、私も今後に備えてこのような常態にするつもりです。

 

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。