ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

金がなくなってくると請求書破りたくなるし電話に出たくなくなる

どうも、ガンダムのオッサンです。

キツイのでブログで吐きだすしかない。

 

やっぱり金が無いってのは精神的にキツイものがあるよ、やっと金策の目処が立ったっつーのに請求書とか届いてくるともの凄く破り捨てたくなる。

もう封筒の形で請求書って分かってるし、封筒に請求書在中って書いてあるだけで捨てたくなってくる。

 

それでも渾身の精神力を使って請求書在中の封筒を開ける。

もちろん雑にやる。

何だったら雑に開けた衝撃で封筒の中に入ってる請求書ごとこの世から消えないかと念じながら開ける。

 

それで一瞬だけチラっと請求金額の部分を見る。

請求金額をチラ見した後は訳もなく通帳の数字を見る。

もうこの時点でため息しか出なかったりする。

 

整理したくねえ

金がある時は取引先別に請求書を整理する。

でも金が無くなってくると整理はしない。

常に最新の請求書を上から乗っけていく感じの管理方法になってくる。

 

それは一番下の請求書から払っていくという分かり易い方式だからなんだ。そんでこの時系列式請求書管理はとても悪い状態なのも分かっている。

 

電話も出たくなくなってくる

金がなくなってくると請求書が見たくなくなるのと同時に電話も出たくなくなってくるってもんだ。

 

政治家連中は景気が良くなってる的なことを言ってるけど末端企業は良くなるどころか悪くなる一方だと思っている。

 

そんな末端企業に支払いの催促&確認電話をよこしてくる比較的大きな企業の営業マンも電話口調からして景気が良さそうには思えない。

「社長、今月末なんとか〇〇円お願いしまぁっしゅ!」

と集金業務に必死さが感じられる。

もちろんその電話も出たくない。出てしまったら最後、支払いの約束をしなければならないからだ。

 

そんな電話に出たくないのを見越してか、携帯電話に電話をしてくる営業マンもいる。

20日前後にかかって来る電話は大体似たような内容だ。そんなもんは電話がかかって来る前に感じとれる。

もはや私はエスパーな能力を手に入れてるといっても過言ではない。

 

だいたい午前10時前後に一発かかってくる。

その後は午後一時だ、切羽詰まった会社だと午後2:30ぐらいに連発してくる。

3時を過ぎればしばらく電話はかかってこない、次にかかって来るのはPM6:00ぐらいだ。

 

その時間になる理由だって分かっている。

おおかた上司に「社長がつかまりませんでした」と報告して夜にもう一度電話をかけると報告しているのだろう、または上司からそんな指示があるのだろう、そんな事ぐらい分かっている。

 

私の回りだけかもしれないが、みんな本当に金回りが悪くなっている。

 

もちろんコッチだって集金業務があるから似たような時間に電話をかける。

いくら電話しても社長に繋がらない。

つながらない理由は分かっているさ、電話を受けた社員が私からの電話だと告げた時に手で「×」をしているんだろう、それでただいま外出中ですとか言っちゃうんだろ、そんなのは分かってるさ。

 

そこは経営者の最後のプライドだもんな、支払いを待ってくれとは言いたくないもんな、私だって同じさ。

 

国が突然、国民一人一人に100万円とか配ってくれないかなぁ...

経済に素人な俺だけどたぶん100万ぐらいじゃインフレにならないと思うよ。300万でもインフレにならないと思う。

個人的にはそんぐれーヤベーのがJAPANだと思ってるさ。

 

うさぎたん、ハマダさん、ジタバタしながらでも何でもいいから世の中にガンをつけ続けならがらさ、いつの日かやり返してやろうぜ。

俺は絶対にやりかえしてやる。

 

お二人のブログはコチラです。

blog.gyakushu.net

www.hamaren.com