ブログ作成ボタンを押しちゃった

マニアックなオッサンのブログ

クリック単価150%UPの5月PV数とかグラフ付きで

スポンサーリンク

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

運営報告について迷いまくってる私ですが、このSEOほとんど無視ブログのPV数について気になる人もいるでしょう、こんなブログでこんな感じだよといった目安に5月分をさらっと書いておきます。

 

PV数は23000PVでみんな気になるGのADは少し良くて一般的に言われる掛け算×150%でした。

んで面白いのはこんなSEOすっとばしたブログで、しかも広告不要タグばっかりなのにGのADが中々の数字って事だと思います。

また小バズが2回ってのも興味深い...

小バズ2回

小バズのせいで一日平均700を越えていますがそれを除けば今月の一日平均は500ぐらいです。

f:id:gundamoon:20170531204447j:plain

つまり15000~20000pvがこのブログの実力であって、状況としては

  • ブログ開始半年
  • 200記事ぐらい
  • 独自ドメイン暦2ヶ月ぐらい

で、こんな感じですよーってな目安になるかと思います。

付け加えてSEOを考えた記事がほとんど無いってのも何かの参考になればよいかな...なんて思っています。

ちなみにSEOを考えた記事とはアイコス関連ぐらい、そして検索では一ページ目だったりしますがアイコス関連にはGのADを貼っていないのも何かの参考になると思います。

 

 小バズはSNSでもはてブでもない

2回の小バズ記事がコチラ

www.weblogian.com

www.weblogian.com

お分かりのようにはてブ数は20いっていませんが両方とも一日で3000PVを集めた記事でした。

原因はアンドロイド系のアプリで間違いなく、何かのニュースアプリに取り上げられた結果です。

それについての考察記事はコチラ

www.weblogian.com

×150%の理由

本当は内緒にすべきなんでしょうね、

「ぐふふ...!コレだぜ!」

 

ってなものがみつかったら誰にも言わずに特化してゆくのが王道で間違いありません。

まあそんな事も考えましたがSEOすっ飛ばしな姿勢のブログがいきなりそんな記事ばっかり書き始めちゃったら読者様も引くと思いますので正直に言います。

×150%になった原因は上で自リンクを貼った一眼レフを買った記事です。

 

手前味噌ですが、確かに読み返してみると一眼レフについて全く不明の素人が買った感想で、一眼レフが欲しい理由について触れているのとD3400ならばそれも解消できるんじゃね?という結論になっています。

予算的にも10万を超えるようなものではなく、

「チョット高いけどずっと使うものだから....」のような微妙なラインをついていますね。

この記事を書いた時もいつもと同じくSEO無視の日記と感想でしかないのですが、購入前の初心者向け記事というのはネットで稼ぐには鉄板記事です。

ただそのような記事をSEOのプロが書いてもですね、どうしてもSEOのプロ感がにじみ出てしまいます。

また一眼レフに詳しい人が書くとなれば初心者の知らないワードだらけになり、

「難しそうだな...やっぱまだやめとくか...」となって結果的に収益に繋がらないのではないかとも思います。

 

まあ私も少し欲を出してしまって追記と画像をプラスしてしまいました、お許し下さい。

数字上は×150%ですが、感覚的には×200~300%です。

medi8の状況

かなりフガフガしています。

スクショでご確認下さい。

f:id:gundamoon:20170531123538j:plain

まだ一日一杯のコーヒーが飲めるような状態にありません。

ただクリックと収益を見れば捨てたもんじゃないという事も分かる数字です。

まあ配信される広告がマッチしていなのが多すぎですwww

 

オッサンブロガーの称号は全然得られていない

私がこのブログで欲しいのはオッサンの称号である...という考えに固まってきました。

ただ検索流入アクセスのある記事を見るとオッサンが書いた記事だから読む....ではないように思います。

どちらかと言えば「ふーん、オッサンが書いてんだ...」だと思うのです。

 

これは本当に難しい事なのでしょう、私はまだまだ未熟なオッサンと痛感させられます。

やはり銭湯などで張り合うオッサンの話みたいな記事をもっと書かねばならないという事なのでしょうね... でも自分でもけっこう詳しく書いてきたつもりなのでこれ以上書くには新たなオッサンらしい体験をインプットする必要があります。

多分もっと下品なインプットをする必要があるのでしょう、これからは更に下品な目線で世の中を見る必要があります。

 

読者様はきっとオッサンが書いてるという目線だと信じております。

その期待を裏切らない為にも急な方向転換はせずにじっくりとオッサンを極めていくつもりです。

 

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

そうだ、ステーキ食わないとですね!