ブログ作成ボタンを押しちゃった

マニアックなオッサンのブログ

35000PVを目指せばいいみたい

スポンサーリンク

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

medi8の導入とはてなproの契約によりこのブログがほんのちょっぴり収益化しました。

そんな実際の金額は置いといて、はてなのアドセンスがいかにクリックされているかという実態も浮き彫りになってきたように感じております。

 

 はてな運営が行う無料版とproのバランスが絶妙すぎて手に負えません。

 単純なクリック率

はてなproにして何が一番知りたかったか?

と聞かれれば単純にpv数に対するクリック率です。

本当は細かい数字が必要なんですけど、どうも無料版はてなブログのアドセンスは沢山クリックされているような気がしていたんです。

 

という事で始めよう!と思って書いた記事がこちら


いくらなんでも酷すぎる記事タイトルですね、いかにその場で適当にタイトルを決めているかが良くわかるブロガーです... ええ、分かっています、私の事です。

 

んで、現在はてなproにして10日ぐらい経過しました。

一カ月のデータが欲しい所ですが、pv÷クリック数といった単純な率が予想に近い数字が出ているという事で書きます。

 

現状ではこの10日間だけの現状のPV数に対する単純なクリック率が0.8%という数字がでました。

 

という事はですよ、はてなブログ無料版状態で隙間に広告を貼っていてもクリックされる広告はほとんどはてなのアドセンスって事になっちゃいます。

こんな感じかなぁ...?と察していましたけど、現状はやっぱりこんな感じでした。

 

 

単純計算

このブログの月PV数は現在5000ぐらいです。

という事は30~40クリック見込めるわけでして、単価が15円ぐらいになれな500円ぐらいもらえるって事になる。

だけど現在単価を単純に計算すると9円ぐらい...

ああぁぁ... 300円ぐらいじゃんかwww というのがこのブログです。

 

これがアドセンスを貼って上手い事いけば1000円近い数字が見えてくるけど、それは出来ないのがこのブログですもんね、完全に割り切って考えています。

 

という事でして、仮にこのブログが月間10万PVになったとしてもmedi8の単価が上がらない限り5000円ぐらい... なんとなく先が見えてきました。

ただ今後検索流入が増えれば単価は上がるはずですが、そもそも私がSEO無視しまくってる記事が多いしアイコス関連ぐらいしかSEO考えてません。

...とは言っても検索流入は増えているけどキーワードがちょっとwww な状態です。

これはまた別の記事で書きます。

 

毎月振り込まれるだけで満足するオッサン

世の中には毎月10万円とか50万円とかのネット収益をあげるブロガーさんがけっこういるんですが、私は毎月振り込まれるだけで嬉しいのです。

こんな考えですからね、medi8なら3000円以上って事で、多分クリック単価も10円ぐらいで計算して0.8%で50000PV、クリック単価20円ぐらいなら25000PV... このままいけそうな気がします。

あ、ブログのやり方は今まで通りいい加減なモノという方向性も付け加えないどダメですね、このいい加減な運営を変える気は全くありません。

 

そしてこのブログの記事を一本書くにあたっての所要時間は大体一時間ぐらいです。

月間35000PVになったとして、めちゃくちゃ大ざっぱに計算すると時給100円ぐらいでしょうか、

好きな事を制限なく書けて毎日コーヒー一杯飲める...

これは結構居心地の良い世界っぽいですね!

しかもブログで私のストレスはかなり発散されています。

 

やはり私のようなマニアックなオッサンは日の目が当たらないこの道を突き進むのが良さそうですね。

 

medi8の貼り方

はてなブログでアドセンスを貼る方法と全く同じですが、広告枚数に制限があるのかないのか分からない状態。

アドセンスと同じように貼っています。

ちなみに昨日までは記事毎にHTML編集で広告を貼り付けていましたが、凄く面倒になったので自動化にしました。

 

ただ一点、大見出しがh3なんですよね。

どうもはてなブログの仕様という事らしく、moreとh2の間に広告を挟む貼り方に慣れていると「???」な状態になります。

直そうかなとも思ったけど、微妙な位置に広告が出てくるのも味わいがあって良さそうなので変更なし。

 

PC表示のみ記事下はdivで適当にダブルレクタングルで...って300×250がマッチしないから新しいのを作ろうとしたけどmedi8は新しい広告作って承認されるまでに4日ぐらいかかるという仕様、

 

アドセンスのようにスイスイ進まないのも特徴的です。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。