ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

2018年から Nintendo Switch Online が有料になる問題

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

いよいよ始まったブラックフライデーというか年末商戦というかのミンナお金を使いまくってくれ的な時期、子供からサンタさんへのお願いを何度も慎重に聞き出しつつクリスマスプレゼントを決定、

品薄だったり予約が必要な物は早めに手を打ってサンタさんにお願いするプレゼントが変わらないように子供を洗脳している親も多いのではないかと思いつつ

「あと一カ月ぐらいで今年も終わり」的な謎の焦りが込み上げて始める午後...

 

大人気商品の任天堂スイッチ(Nintendo Switch)本体をゲットしようと頑張っている親なんかも多いのではないかと思っています。

 

そんな任天堂スイッチで遊びたいゲーム、今年は決まっています。

「スプラトゥーン2」「マリオオデッセイ」

どちらか選びたいところですね、子供と一緒にゲームをするお父さんなら子供が寝た深夜にスプラトゥーン2をやりまくりたい気持ちもあるはずです。

 

さてそこでチョイとした問題が...

今まで任天堂スイッチのオンラインプレイ(例えばスプラトゥーン2)を行うにはwifi環境さえあればそれ以上にお金が発生する事がありませんでした。

しかしそれも2017年でお終い、来年からはNintendo Switch Onlineにお金を払わなければ任天堂スイッチを使ったオンラインゲームが出来なくなります。

さて、どれぐらいのユーザーが有料ユーザーになるのでしょうか....

Nintendo Switch Online

これに入らないとオンラインゲームが楽しめません。

やり方は簡単、任天堂アカウントを作って設定するだけ。そして2017年の11月現在ではNintendo Switch Onlineは無料で使えます。

 

これが上記任天堂の公式リンクにあるように2018年から有料になる、具体的に2018年の何月何日~とは書いていませんが、年明け早々に...なのでしょうか、それとも2018年1月1日からなのでしょうか、その辺の詳しい日時についても近々任天堂からアナウンスがあるでしょう、テレビCMでのお知らせもあるかも知れません。

 

Nintendo Switch Onlineの料金設定について

公式にデカデカと書いてあるもんでしてイチイチブログに貼り付ける必要はなし、それでも書いてしまうのがブロガーの悲しい性ですね、分かってやってください。

 

f:id:gundamoon:20171123172001j:plain

  • 1カ月300円
  • 3カ月800円
  • 12カ月2400円

全て税込となっております。

この料金設定についてどう考えるか...まずはココでしょう。

オンラインゲームでサーバーで...ってな考え方にならない方、

例えばオンラインゲームをやらない親からすればゲーム本体買ってソフト買ってそれ以上に毎月金がかかるの?オイオイ、それチョット待ってくれよ...と言いたくなるかもしれません。

 

ただNintendo Switch Onlineのこの料金設定、金額だけで言ってしまえば安いです。

とくに一年契約なら月200円は安い、契約するなら一年契約一択だと思うし、実際に契約する方の大半が一年契約だと思う。

ただしそれは現状楽しめるソフトも含めて今後のラインナップにもよるところ。私としてはその辺の不安は無いし、そこを不安に感じるユーザーも少ないと思います。

 

しかし本体購入してソフトも購入して毎月お金を払って...に抵抗感がある親は間違いなく存在するはずです。それは固定費が増えるってな感覚があるからでしょう、固定費とは金額の大小に関わらず人を悩ませるものです。

 

お小遣いとの兼ね合い

金持ち貧乏に関係なく子供のお小遣いについては考え方が沢山あります。

小学生高学年に毎月5000円渡す人もいれば毎月500円の家庭もあるはず、お小遣いはゼロで必要な時に申請するシステムの家庭もあるはずです。

さらに中学生~高校生になるとまた話は違ってきますよね、今の子供はスマホを持ってたりするもんでしてその分を家庭の固定費的な考え方とするか、お小遣いから差っ引く的な考え方もあったりすると思います。

 

まあ子供がスマホを持つといった考えは理解がある社会になっているとは思う。でもそれはやっぱり固定費であって、かつ必要な物として払う固定費な考え方でしょう。

 

じゃあNintendo Switch Onlineの料金は...ってなるとコレが案外と問題になる家庭が多いうように考えています。

まずもって大前提がオンラインゲームを楽しむ為のお金になるわけでして固定費とは言いにくい、となれば家庭から出す娯楽費か、それともお小遣いから捻出すべきものなのか... とても難しい問題です。

 

Nintendo Switch Onlineの無料期間が終わりに近づくにつれて今後のスプラトゥーン2を子供が遊ぶ家庭ではこのような議論が沸き起こってくると予測しています。

 

子供が寝てからお父さんがスプラトゥーン2をやるような家庭ならパパが「俺が払っとく」というかも知れないし、そんな議論を避けるために相談も何もなく勝手に払っちゃうパパとかいるかもしれませんね。そんな家庭の子供はラッキーです。

 

そうではなくNintendo Switch Onlineのお金についてもめそうな家庭の子供は今から色々と議論のプランを考えておきましょう、多分、親を言いくるめるディベート能力が必要になるはず。

 

スプラトゥーン2はオンラインゲーム

任天堂スイッチでやりたいゲーム、とくにスプラトゥーン2の場合はオフラインでも遊べるゲームとはなっているけどスプラトゥーン2はオフラインでやるべきゲームではありませんし、オフラインで考えている方は買うべきではありません。

 

間違いなくwifi環境が必須であり、基本的にオンライン対戦により楽しむゲームです。そこを「いやいやオフラインでも楽しめるし...!」といくら力説したところで説得力は皆無、オフラインではスプラトゥーン2の魅力は1/5ぐらいです。

 

もし任天堂スイッチ本体とスプラトゥーン2をセットでクリスマスに...なんて考えている親が当記事を読んだのならこの辺の事情はしっかりと頭に入れて置いて下さい。

つまり現状はNintendo Switch Onlineは無料ですが、スプラトゥーン2の場合は2018年から有料になる事も絶対に考えなければなりません。

 

マリオオデッセイはオフラインでも十分に楽しめる

最近発売されて任天堂スイッチのビッグタイトル「マリオオデッセイ」はオフラインでも十分に楽しめるゲームとなっています。

簡単に言ってしまえば本体とソフトさえ買えばいい、それだけ。

ただ本体やソフトのアップデートもあるのでwifi環境はあった方が良いのは間違いありません。

「まだ子供にオンライン対戦ゲームは早い」

と考える親はマリオオデッセイのほうが良いと思います。

 

サンタさんも色々と考えなければならない時代

昔だったらクリスマスプレゼントでゲーム機といっても本体とソフトを買って渡せばそれでお終いでした。

しかし任天堂スイッチといったwifi据え置きとも携帯とも呼べるハード、しかも人気ソフトの醍醐味はオンライン対戦でしかも来年から有料になる... このような出来事は任天堂スイッチが小学生~大人までといった幅広い年齢層をターゲットとするゲーム機&クリスマス商戦では初めての出来事かもしれません。

 

固定費みたいな考え方をしなければならない物が増えるということで世の中のサンタさんも色々と大変でしょうね、サンタさんがパパである事を理解している年齢層なら現実社会を知る大人の会話...いい機会のようにも思えます。

 

ただサンタさんを信じている年齢層のお子さんがスプラトゥーン2をヤリタイ!サンタさんに頼む!なんてお願いをしている場合...説明困難な問題が生じてしまうでしょう。

世の中のサンタさん、頑張って下さい。

 

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。