ブログ作成ボタンを押しちゃった

マニアックなオッサンのブログ

アイコス、尿検査、ブルゾンちえみ...これが私のブログじゃぁ!

スポンサーリンク

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

はてなブログを独自ドメインに切り替えてからもうすぐ二ヶ月、それまで無料のはてなブログへの検索流入キーワードの一つで「熟女」が上位を占めていたのですが、最近は検索流入のワードが少し変化してきました。

 

基本的には記事タイトルのワードが三大要素となっており、「これはまともなブログじゃないな...」とシミジミ感じます。

こんな状態だとはてな運営さんがお勧め記事とし選ぶことはないでしょう... って一回でいいから選ばれてみたい。

役に立つ記事をほぼ書いていない

こんな私でもたまには真面目な記事を書くときだってあります。

しかし私が本当に書きたい記事とは、はてな規約的にNGな内容が多いのでギリギリのラインの数十歩手前でやめているのが現状です。

そんなギリギリのライン、最近の世界情勢で言えばアメリカと北朝鮮の関係にあるレッドラインのようなものですね、はてな運営さんのレッドラインを超えてしまって処罰されてしまった大好きなブロガーさん...

 

現在はブログが無い状態ですがツイッターを読むと新しいブログへの移行でつまずいているとの事、復活の際には早速記事にして応援したいと思っています。

 

んで役に立つ記事...

私の考える役に立つ記事とはノウハウ系の記事で、しかも特化したサイトです。

そして特化型ノウハウブログはクリック率がもの凄く良くて港で言われる1%なんてもんじゃないってのが私の体感です。

3%以上が当たり前、しかも単価が高いジャンルとなれば十万単位のPV数がなくても稼げてしまう...ってのも本音です。

ただし書き手の個性を限りなく出さない記事は書いていて面白くない...

 

レッドラインを超えたブロガー

このブロガーさん(Bさん)はレッドラインを超えてブックマーク機能を取り上げられました。

確かに「ヤバイだろ...」と思えるような内容やワードが多く、多分ずっとレッドラインを攻めたからそこ十万を超えるPV数を叩きだせたのかもしれません。

Bさんはとても知識が多いブロガーで世の中の言いにくい事をズバズバと書いていた記事が多かったように思います。

その言いにくい事をエロすな表現や例えなどを用いるからこそ面白い、沢山のブクマが付く、一見するとふざけているように見えますが内容的にはとても奥が深い。

 

そしてこのブログ...

Bさんの姿勢に憧れて奥を深くしてみようと日々考えているのですが、いかんせボキャブラリーが少ないもんでして自分の体験を源泉にするしかありません。

これが学のある者と無い者の差なんでしょう、私には学が無いのでひたすら自分の言葉で書き続けた結果、記事タイトルのようなキーワードのブログになってしまいました。

 

ただこのようなキーワードのブログ、まともじゃないのは承知していますが好きです。

きっとアドセンス的にNGなキーワードが大好きで、広告不要タグばっかりなブログってのはその表れなんでしょう。

 

日記・雑記でも稼げるブログとは?

日記・雑記とはいっても基本的には何かに特化した日記や雑記でないと難しいのでは? と現状では思う。

そして日記や雑記を書く中でキーワードを見つけて特化してゆくってな流れが理想的なんでしょう、ならば「アイコス、尿検査、ブルゾンちえみ」のキーワードから導き出されるキーワードが必要.... という事で私はオッサンを選んでいるように思います。

 

そしてオッサンを軸にするのであれば病気や仕事や転職や貯金や投資や将来などのジャンルを記事にするのが望ましいはずで、たぶんコレが正解のはず... でもそのような記事は読者様に望まれていない、

 

きっと読者様はどこか汚らしく、かつオッサンっぽく、ついでにジタバタしているような記事を望んでいるように私は思っています。

そこには美しい風景や飲食店の写真などの画像は必要く、歌舞伎町の裏路地のような画像が必要だと感じています。

 

そのうちガンプラ撮影用に一眼レフを購入したら今使っているコンデジを持ち歩いてドロドロした写真を撮ってみようと思います。

 

少し息苦しい規約のはてなブログ

レッドラインを超えたBさんのはてなブログ閉鎖... 私にとって心に来るものがありました。

きっとガイドラインが息苦しかったんだと思います。

私も少々息苦しいです。

 

この息苦しさから開放されるためにはワードプレス、しかしワードプレスは陸の孤島、そして私のワードプレスに対する考え方は特化型。

 

もう一つの息苦しさからの開放は無料ブログなんでしょう。

無料ブログで好き放題書いてレッドラインを超えて怒られたらやめちゃうみたいな考え方。

 

....たぶん私はブログサービス的に良くないことを書いているんでしょう、きっとそうだと思う。

独自ドメインにおける公開した記事の責任はは自分にある、それは無料ブログも同じこと... でもやっぱり心のどこかに甘えがあって例えばはてなブログの無料ブログ状態の時は責任が自分に無いような考えってあると思う。

それはどうせ無料ブログなんだから...といった考え方、登録しているメールもgmailだしね....といった考え方。

 

ブログサービス提供会社にとってみればこのような考え方は十分に理解しているはずでしょう。

少々ガイドラインから外れたとしても無料ユーザーなら大目に見るように思うし、完全にレッドラインを超えてしまっているようなブログも無料ユーザーなら.... 

私にはこの考えの根拠を示すことが出来ません。感情のみで語っています。

でもね、あると思う。

 

大手ブログサービス会社で働いていた人ならこの辺の事情を語れるんでしょうね、是非語って欲しいです。

 

アイコス、尿検査、ブルゾンちえみ

アイコスについては普通の検索流入なので問題ないと思う。

ただ自分でアイコス関連の記事を読みなおしても面白くない、たぶん役にたっているからこそアクセスのある記事なんでしょう。でもそこから関連する他記事を読みたいとは思わないはず。

例えばですが役に立つ記事とはこんな感じ...

Googleの検索方法と検索オプション、テクニックまとめ | 株式会社LIG

 

問題なのは尿検査とブルゾンちえみ、この二つはどちらも性と関連するワードの検索流入となっています。

 

それも当然でしょう、私が性と関連する事しか書いていないから、気になるからこそ検索するんでしょう。

んで手前味噌ですが尿検査とブルゾンちえみ関連のほうが面白いと思っています。この記事によりオッサンワールドに引き込まれると嬉しい。



最後までくだらないブログ論を読んでいただき、本当にありがとうございます。