ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

【rain LOVE】雨で濡れて透ける白シャツとビチャビチャに湿ったデニム

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

雨の日、

私の心は一発で彼女に奪われてしまった。

彼女の名前は豊子、今年40歳になる躍動的な女だ。

 

突如として私の前に現れた豊子の白シャツはとても濡れていた。

2018年5月7日、東京 雨

この日、自転車で移動していた私に突然の雨が降り注いだ。

それでも雨宿りをすることなく走り続ける私...おかげでTシャツとデニムはびちゃびちゃに濡らされ、あろうことか私のパンツまでをもしっとりと湿らせてきたのだ。

 

「もう全てを放り出して家に帰ろう、こんな日はサウナに行こう」

 

そんな風に考えていた私の前に豊子は現れた。

本当に突然だった。

彼女もまた突然の雨に対応出来なかったのだろう、豊子の白いシャツもまたビチャビチャに濡れ完璧に中が透けていた。

雨と自転車から始まる恋

豊子と出会った場所は交差点の信号、ビチャビチャといやらしく降り注ぐ雨でカッパも無しに待つ信号ほど辛いものはない。

 

私の待つ信号と反対側に豊子はいた。

彼女もまた雨具無しで自転車にまたがっていた。

 

遠目に見る豊子... 

雨に濡らされ白シャツが透けてしまっている。

中は丸見えとしか言いようがない。

そんな彼女を見て、私は強く興奮した。

黒い下着

私は黒い下着に少しうるさい男だ、よく男性への質問で「好みの色は?」なんてシリーズがある。

どうやら人気の色はグリーン系らしい。

 

だが私は黒がいい。

黒は少し影のある雰囲気がするからいい。

 

こんな雨の日に白シャツに中は黒を選んでしまった豊子。

だのに雨具を持たずに自転車に乗ってしまう豊子... 私は彼女に恋をした。

推定70㌔

信号が青になるも私は動けなかった。

ビチャビチャに降り注ぐ雨の中、信号が青に変わるやいなや豊子は勢いよく自転車をこぎ出す。きっと雨で濡れてしまって急いでいたのだろう、なんとも迫力の躍動感あふれるこぎっぷり。

 

そんな女性が自分に迫っているのに冷静でいられるほど私は人間できていない。

彼女の体重は推定70㌔、私の心が勝手に踊りだす。

 

想像してほしい、

推定70㌔の女が雨でびちょ濡れの透けた白シャツで下着が黒くて迫力ある自転車こぎをする姿を。

魅力的に見えないほうが無理な話ではないだろうか、少なくとも私はそう思う。

ビチャビチャに濡れるデニム

f:id:gundamoon:20180507182604j:plain

豊子はデニムを履いていた、奇しくも私も同じくデニムだ。

 

私のデニムもびっしょりと濡れている、その濡れはパンツにまで達しているのが肌越しに分かるほど濡れている。

それは同じくデニムを履く豊子も同じ状態であることは容易に想像出来る...

間違いない、豊子のデニムも濡れている。

 

私は、またしても強く興奮。

その場で固まってしまった。

 

「そのデニムを私によこしナサイ」

 

彼女のデニムが欲しかった。

でも、彼女は固まる私を横目に迫力自転車こぎで行ってしまった。

 

2018年5月7日、東京・雨

私の恋は2分で終わった。

 

www.youtube.com

最後まで狂った日記を読んで頂き、本当にありがとうございました。

※豊子(40歳)は私が勝手につけた仮名、会話無し、顔は見確認