ブログ作成ボタンを押しちゃった

マニアックなオッサンのブログ

ブラック無糖はカッコつけてるわけじゃないんだ

スポンサーリンク

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

コーヒーはブラックしか飲まない。

周りにそんな人いませんか?

 

私はブラックでもミルクinでも何でも良い、けどブラックを選ぶことが一番多い。

とくに自販機で缶コーヒーを買う場合は圧倒的にブラック無糖。

 

これについて「かっこつけちゃってw」と言われることがたまにあるけど、かっこつけてるワケじゃないんです。

しかもブラックが好きという訳でもない... 

ミルク砂糖コーヒーだと何杯も飲めない

ミルクと砂糖が入ったコーヒーが嫌いということではなく、コーヒーを何杯も飲んでいるとミルク砂糖inコーヒーが気持ち悪く感じてしまう。

ならば...という事でブラック無糖になってしまう。

そのブラック無糖が大好きってわけでは無いけどブラック無糖を飲むしかない... 

 

そもそも論で言えばコーヒーを飲まなければ良いだろうとなるのですが、何だかんだ言ってもコーヒーを飲むしかない状況って多くないですかね? とくに仕事をしていると。

 

コーヒーは手軽すぎるのが問題

コーヒーの味や香り... 確かに美味い!と感じるコーヒーは沢山あります。

ただ私としては訪問先で出されるコーヒーではなく、本音を言ってしまえばコーヒーではなくコーラやメロンソーダのほうが圧倒的に嬉しい。

可能であればドリンクバーのようにおかわり自由的な商談にしてもらいたいぐらいです。

でもそんなのは現実社会では中々難しいはず、あるとしてもグーグルみたいな会社でしょう。 

 

じゃあ自社へのお客様に何だしてんの?って聞かれればコーヒーを出すしかない...

一応コーヒー以外の選択肢としてお茶もあるけど無難にコーヒー、コーヒーが一番間違いない... ある意味思考停止している状態です。

 

とくに今の時代はネスカフェのバリスタが便利すぎるってのもあるでしょう、ボタン一つでわりと本格的っぽいコーヒーがすぐに飲めるってなれば会社用や自宅用で売れまくって当たり前。

 

気が付いた日には家でも会社でも訪問先でも同じネスカフェのバリスタコーヒーを飲んでる...って状態の人って結構いるのでは?なんて思っています。

まあコーヒーより手軽なお客様に出す嗜好品的な飲み物って今後現れるかどうかの域に達してるはず。

それ程までにコーヒーは強い。

f:id:gundamoon:20170703010900j:plain

バルバトスも強い。

 

缶コーヒー

缶コーヒーってついつい飲んじゃいます。

そこには節約とかの思考はない、その場で飲みたいから少し高くたってワガママにグビグビと飲む。

金さえあればいつでもワガママにコーヒーを味わえる国が日本だと考えています。

 

私の場合、外で自販機で買った缶コーヒーを一人で飲む時間こそが最高と考えており、それは喫茶店で飲むコーヒーの数倍美味いと考えています。

 

とくに新規の会社を訪れる20分前の緊張した瞬間、自販機で買う缶コーヒーは気合の注入みたいな物、そして訪れた会社を出た後に再び自販機で買う缶コーヒー... 味わい深いものがあります。

もちろん訪れた会社でもコーヒーを頂いており、短時間で3杯も飲んじゃうわけです。

 

んでこの中で一番美味い缶コーヒーは相手先の会社を出た後に飲む缶コーヒー

 

上手くいった時ほど美味いのは当然として、ダメだった時でも美味いものがあります。それは缶コーヒーが慰めてくれてくれるから。

参考CM


男の世界を感じられずにいわれません。

外で一人で飲む缶コーヒー、口には出さないけど頭の中では独り言の連発、

誰にも邪魔されたくないワガママな男の時間。

 

ブラック無糖

結局のところ、男が一旦外に出ればそこに広がる世界はある意味戦場、そんなピリピリとした世界で仕事という戦いを繰り広げるとなれば神経をすり減らして当たり前だと思う。

とくに人間関係がめんどくさい職場なんて状況であれば尚更。

そんな時に必要なものがブラック無糖であると考えています。

 

甘い缶コーヒーは何杯も飲めません、だがブラック無糖ならかなりの杯数いける。

 

あの真っ黒な汁、正直いって苦いんだか美味いんだかよく分からない味...! しかしそれを飲むとほんの少しだけパワーを感じられ、不思議と「よしっ!」という言葉が発せられるブラック無糖。

 

私はブラック無糖でカッコつけてるわけじゃないんだ、ブラック無糖でMPを回復しているんだ!

 

...またしてもしょうもない事を暑苦しく記事にしてしまった事をお許し下さい。

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました!