読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ作成ボタンを押しちゃった

マニアックなオッサンのブログ

デタラメなブログ運営について

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

この「ブログ作成ボタンを押しちゃった」はほとんどSEO無視な書き方なのでグーグルの検索も10%前後でした。

それが最近になって検索流入が増えてきております。

 

これは一般的に嬉しい事なんですが、検索キーワードがちょっと問題ありというかエロサイトみたいな扱いになりつつあるように感じてしまっていたのでアイコス関連といったブログに関係ない物をあえて書いた節もあります。

キーワード

オタサーの姫

これが前々から検索流入があるキーワードでした。

野心のあるブロガーさんならここで一旦立ち止まり今後の方向性を考えるのでしょう、ただ私はオタサーの姫状況に詳しいわけではありません。

過去のネット人生において経験した事が現在でいうオタサーの姫だっただけです。

 

という事でオタサーの姫をブログの軸にする事は出来ないし、するつもりもありません。

 

熟女好き

これが最近メキメキと頭角を現し始めたキーワードになります。

既にグーグル検索の2ページ目に上がっている状態となっており、確かに私は熟女が好きなので言い返せない部分もあるのですが、熟女の良さや魅力を解説しているわけではありません。

 

そりゃあ語って良いならばいくらでも語れるし、私の経験も書きまくれますが、それでは多分エログといったジャンルになってしまいます。

 

夜ゲー

もはや検索上位となっております。

ニッチなキーワードなので仕方がない部分もあります。

そして「夜ゲー」とういう言葉で上位をゲットしたからといってもとくに良い事はありません。

可能性があるとすれば今後「夜ゲー」という言葉が別の意味で流行った時に爆発するかも?ぐらいです。

例えばですけど夜のゲートボールとか... 無いですね。

 

アングラな評価

実際にアングラなテーマを扱ってばかりいる私、グーグルさんからこのような評価をされるのは仕方がない事です。

私としてはオッサンとはカッコイイ存在であるを目指すべく日々ブログを書いているつもり...

出来れば若い人に読んで頂きたいと思っているのですが、どうしてもマニアックなエロいオッサンになってしまうジレンマがあります。

 

ここで無理にファッションアイテムとかお洒落なグッズ記事を書いたってバレるのは明白ですからね、という事でアップル製品のレビューをさりげなく出来るブロガーさんがとても眩しく見えます。

 

仮に私が

 

のような物をテーマにしてもロクでもない記事を書いてしまう自分が想像できます。

とくにアップルウォッチについてはロクでもない使用アイディアが出まくっており、とても欲しい一品、でもiPhone持ってない。

 

最新のアイテムを直ぐに使いこなしてよい部分を記事にする... 

いつもブログの事が頭の片隅にあるから出来る事なんでしょうし、情報収集能力が高くなければ出来ないことです。

 

対する私といえば好みの熟女さんを見かけると似たような雰囲気の動画を探すという始末... そのような思考から書かれるブログはどうしてもアングラな内容にしかならないのでしょう、きっと。

 

そんな現状を打破すべく、私はかっこいいオッサンになるべくけん玉にチャレンジしたのですが見事に怪我をするというダメっぷり...

私の中ではけん玉でオッサン力を磨こうといった思考があったのですが、馬鹿すぎました。

 

100記事書けそう

ついついブログ作成ボタンを押しちゃったのがこのブログです。

それゆえブログタイトルがもの凄く適当なんです... それは一番初めの記事でも書きました。

読み返してみると、二ヶ月前から全く成長していな自分を再確認.... でも予測が外れたとするならば記事数が70を超えているという事。

 

日記・雑記ブログを始めるなら何らかの意気込みってもんがあるはずで書く原動力にもなるのに.... 

ってもしかしてブログを続けるって意気込みも何もいらなくて、自分でハードルを下げるように緩い気持ちでやったほうが継続可能なのでは?なんて考えたりします。

 

そもそも私が今までと関連性の無い記事を書き始める時って何も考えていません。

その時の気分をイキナリ誰かに話しかけるように書き始めるんです。その誰かってのを自分に話しかけてんのか?みたいに感じてくれる方が読者様だと思っています。

 

この調子でいけば100記事書けそうなので、読者様はいままで通り読者様でいて下さい、お願いします。

低い知能のオッサンがいるという事で安心感を得る為でもいいし、カッコイイオッサンだ!と憧れる存在でもいいです... 無いですね、分かってます、言い過ぎました、ごめんなさい。

 

もし100記事達成できたら次は200記事を目指すという低いハードルな精神で邁進させて頂きます。