ブログ作成ボタンを押しちゃった

マニアックなオッサンのブログ

記事の内容にあった画像って難しいよね

スポンサーリンク

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

ブログをやってる限りどうしてもぶち当たる問題がでてきます、それは画像。

 

やっぱり文字だらけの記事じゃあ読むほうも疲れるってもんだし、文字の塊みたいに見えちゃって読む気が失せますもんね。

 

というわけで画像を記事に差し込むのですが、みんなネットで色々と探して記事の内容に合うものを貼り付けると思うんです。

それで外人が何かやってる画像とか何かのシーンを思わせる画像を選んで貼るんですけど、けっこう被ってる場合が多いんですよね、

コピー機を指差す挑発的な女性の画像なんかはあまりにも有名です。

 

んで、私思うんです、人形とかでポーズをとってやったほうがオリジナル性も高いのではないか....? と。

 ネットで使える画像を探すのは面倒

現在はパソコンとネットがあれば色々な画像を拾ってこられる世の中なのでイチイチ自分で撮影するよりも著作権フリーな画像を探したほうが効率的なのは確実です。

 

とくに記事中に様々な画像を入れたいと考えると、例えば記事を書いてから画像を探すといった場合は楽ですよね。

記事を書きながら「ここで画像...」みたいな場合でも慣れてくればあのサイトにあんな画像があったと脳内ブックマークから簡単に呼び出せます。

(但しそういった画像サイトを目的別に把握してる必要あり)

 

でもそういった画像って結構な頻度で被ってる場合が多いんですよ。

やっぱりSEOを意識して記事を書くとなれば、役に立つとか解決とか悩んでるとかアイディアとかになるじゃないですか、

そうなると欲しい画像のイメージも固まるのでそういった画像を使うじゃないですか、んでこれが被ってるという事なんですよ...

 

これを解決するには自分を被写体にして何かポーズをすればいいんですけど匿名でブログとなれば顔出し嫌じゃないですか。

そこで自分が変装した画像を使うのもアリなんだけど、書き手としては表情が欲しいんですよね、困ってる顔とか偉そうな顔とか。

 

ここで最初のターンに戻ってしまい、ネットで画像を探す旅が始まると思うのです。

そして慣れていない人だとコノ作業が結構めんどくさい...

例えばネットが活発になる午後7:00以降に記事公開したい、画像を入れたい、でもベストな画像が無い、いつものアレでいいや... って事もあると思うんです。

 

人形とかどうですかね?

このような時に活用できるのが人形だと思っており、私の場合はザク(ガンプラ)でそれを表現してみようと試みてみました。

ただ、ザクはモビルスーツなので表情が無いんですよね....

それでもガンプラは動く関節が多いので全体的にポーズをとれば何となくのイメージ画像が出来上がりました、例えばこんなの。

f:id:gundamoon:20161204183652j:plain

何となくですけど、「やっちまったー」「どうしよう...」「困った!」みたいなイメージに近くないですかね?

 

できればこれに表情があると一番良いんですけど、そういうのは持ち合わせていないんです。まあ、あったとしてもガンプラ使いますけど...

 

「ぬいどり」というジャンル

こういったオリジナル画像、それも情景が感じられるものを作りたいという問題に対する一つの答えがぬいどりというジャンルではないかと思っています。

 

このジャンルは「ぬいどり」で検索すればすぐに答えがでます、簡単に言ってしまえばぬいぐるみ+αな世界観であり、素晴らしいぬいどり写真にはソレ一枚で表情やストーリーが感じられるのです。

 

これは私が運営する趣味ブログ

gundamoon.com

でも似たような感じとなっております.... すいません、宣伝しました。正直にいいますので許してください、ごめんなさい。

 

ただ、私のガンプラブログは写真ありきのブログであって文字だけでは成り立ちません。現場でストーリーを考えながら作戦をするので、記事を書き始める時点で内容もなにもかも決まった状態となっております。

 

話を戻します、脱線してごめんなさい。

ぬいどりのジャンルは一見すると女性がやってるジャンルという事になり、ぬいぐるみと一緒に... がコンセプトとして色濃く現れてます。

これによりぬいどり画像のぬいぐるみには本来無いはずの表情があり、見る人によって違う表情を見せるのだと思います。

 

そこまでぬいぐるみに表現させる為にはやはり気に入ったぬいぐるみ、またはぬいぐるみを愛する必要があると思っており、私がインスタグラムで勝手に師匠とする方のぬいどりはとてもレベルの高いものとなっております。

その方のインスタがこちら

www.instagram.com

もの凄い数のぬいどり画像で、構図やシーンなどいつも参考にさせてもらっており、見ていると様々なインスピレーションが沸きがってくるんですよね。

 

こういったジャンルもオリジナル画像を作る時の参考になるのではないか?

と考えていることに加え、DENAのリライト問題からグーグルの文字数重視の流れも変ってくるのではないかと考えております。

 

そのうちキーワードに近いオリジナル画像を使っている記事が上位表示なんてアルゴリズムがあるかも?なんて妄想しながらこの記事を書いてみました。

 

最後まで読んでいただき、ほんとありがとうございました。

明日もまた宜しくお願いします。