ブログ作成ボタンを押しちゃった

マニアックなオッサンのブログ

教えて!ヒャッハー!委員会の「下読み」はイイ感じのサービス

スポンサーリンク

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

突然ですが「ヒャッハー!委員会」というものをご存知でしょうか?

正確には教えて!ヒャッハー!委員会ってな名前でしてはてなブロガーのDAC (id:dacs)さんが一番偉い雰囲気のするブロガーの記事に対するチョットした悩みとかを解決してくれそうな感じが漂う怪しいイメージがするかもしれない委員会.... 

ってのは嘘です、実際に自分で下読みをお願いした感想だとかなり真面目な委員会となっています。

www.gudaguda.work

委員会の名前にヒャッハー!ってな文字が入っているので北斗的なモヒカンを連想される方がいるかもしれませんが、DACさんがラオウなので安心ですね!

PVや収益といった後からついて来るようなものではなく、記事そのものに対する感想を聞けるってのはサービスを受ける側としては大変ありがたい!

ブロガーは基本孤独

私ごときがブロガーについて語るのもオコガマシイ話ですが、それでも感じるブロガーとは基本的に孤独な存在だと思います。

これは はてなブログのようにユーザー間交流が目に見えるようなブログサービスでは感じにくいこと、でもワードプレスもやってる人なら分かるはず... もの凄い孤独です。

 

結局のところブロガーとは記事を書いてナンボ、同じブロガーとじゃれ合うのも凄く楽しいけどやっぱり記事を書いてナンボだと思うのです。

そして記事を書くのは基本的に一人の人間。

そりゃ複数の人で運営するのもあるし、書いてもらうってのもあるでしょう、でもキーボードに向かうその瞬間ははやり孤独としか言いようがありません。

 

「こんなアホみたいな記事を公開してよいものなのだろうか?」

「この思想はヤバすぎるのではないだろうか?」

「全く面白みが無い記事ではないのだろうか?」

 

自分の書いた記事を客観視すればよいだけの話ですが、二重人格者のようにスイッチを切り替える能力が備わっていないとなかなか難しいってのもブロガーなんだと思ってます。

 

批判されようが炎上しようが自分が書いた記事の一番のファンって自分ですもんね。

そこに己のプライドまでをも賭けてしまうと変な方向に進んでしまうのではないか?なんて最近のはてなブロガーさんをみながらシミジミ思うジャブローなひととき。

 

んで、もしそのような客観視が出来るサービス、しかも同じはてなブロガー、しかも無料!!!ってなったら気になりませんかね?

そうです、ヒャッハー!委員会の下読みです。

 

ヒャッハー!委員会の面子を見れば安心

ヒャッハー!委員会の下読みのようなサービスはですね、委員会のメンバーが書く記事を読めば怪しいものではない事が分かるはずです。

ただ初めて目にする方には凄く怪しく見えるでしょう、なんたってヒャッハー!ですから。

 

かといってお堅い名前、例えば「情報発信記事委員会」なんて漢字だらけのヤツにすると固過ぎてイヤになっちゃう... 「教えて!ヒャッハー!委員会」というネームは何だか良く分からない委員会といった怪しさがあるものの下読みサービスはかなり面白いプロジェクトだと感じています。

それを支えているのは良識あるメンバーさんたちとラオウ...ということになるのでしょう。

 

真剣勝負

私が下読みをお願いした理由はさておき、読んで頂いた感想はツイッターのDMにて行なわれました。

細かい部分まで読んで頂き、本当に感謝しております。

んで一番良かったのは

「もしかして読み手はこのように感じてしまうのではないだろうか?」

という書き手の主張したい内容とは別の感想が聞けたことはかなり大きいものがあります。

下読み感想後にその部分を直すもよし、そのままにするもよし、全ては自由ってのも素晴らしい。

という事で教えて!ヒャッハー!委員会に下読みをお願いする場合はですね、多分真剣勝負に近い記事をお願いしたほうが良いのでは?と思っています。

 

その真剣勝負な記事、もしかすると感想を聞いた後に「自分だけが真剣勝負だったわwww」なんて事になるかもしれないし、「やっぱ私頑張ったんだ!」ってな事になるかもしれません。

 

これは下読みをして頂くメンバーさんに対する敬意みたいなものもあります。

私は自分の中で今書ける真剣勝負な記事をお願いしました。また下読みして頂いたメンバーさんも真剣な感想.... 

腕試し的な要素もあると思っています。

 

※DACさん、私の考え方が間違っていたらゴメンナサイ!私としては心に響く下読み感想だったので感じたことを素直に書いているだけ、違う部分をご指摘いただければ直ぐに訂正いたします。

 

下読み記事の基準

教えて!ヒャッハー!委員会に下読みをお願いするという事はですね、下読みメンバーさんの貴重なお時間を頂くという事になります。

それゆえ私なりに真剣勝負な記事と表現をしましたが、基準が難しい... いや、かなり難しいのではないか?ってのが本音です。

 

例えばですね、

おい!

みんな聞いてくれ!

俺はついに人生最高のカレーを作ることに成功しちまったんだ...

コレは本当にトンでもない出来事なんだ、間違いなくココイチよりも美味く、間違いなく安く、間違いなく人を幸せにすることが出来る愛のカレーなんだ。

 

そんな人生最高のカレーレシピは秘密のノートに書いて代々受け継ぐべきか、ブログで公開して人類に幸せを撒き散らすか迷ったよ、いやホント迷った。

 

最低でも3日は迷ったんだ、それぐらい美味いんだ!

あまりに迷ったので仏壇の爺ちゃんに線香を上げて瞑想してみたんだ、そしたらさ、さっき天国の爺ちゃんからテレパシーが来たんだよ。

「カレ太郎よ、みんなの幸せは自分の幸せじゃ... わかるな?」

 

爺ちゃん...俺決めたよ!

こんな俺だってブログでみんなを幸せにする事が出来るかもしれない、俺を必要とする人がいるかもしれない!

爺ちゃん、俺を見ててくれな!

①ジャガイモの切り方

普通にジャガイモを切っちゃだめなんだ、それじゃ愛が足りない、だから...

f:id:gundamoon:20170702111046j:plain

今適当に考えた私の創作「カレ太郎と呼ばれた男の人生」の出だしです。

私としては真剣勝負のように感じるし、ちょっと続きを読んでみたくなるようにも思えます。ただ出だしがひたすら誇張した感情論なのでカレーの作り方と出来栄えによっては炎上する可能性もあると思う。

 

もう一つの例

今日はとっても美味しいカレーが出来て家族にも大好評だったのでブログを読んでくれてるみんなに作り方を公開しま~す!

美味しいカレーは素材で決まる...! もうこれは絶対です。

本当に美味しいカレーを作ろうと思ったらスーパーで売ってる普通のものじゃダメ、ちゃんとした八百屋さんやお肉屋さんで素材を買いましょう!

ということで私の近所の八百屋さんから紹介!

「八百グフ」

私が子供のころからお母さんと一緒に買い物に来ていた八百屋さんです。

店主のラル夫さんはちょっと怖そうな感じがする口ひげのオジサン、でも野菜を見る目は一級! 

作る料理を言えばそれにあった最高の野菜を選んでくれます。

お値段は少々高めだけど家族の健康を考えたら安全が一番だもんね!それにみんなの笑顔がまた見れるし!

とてもオススメの八百屋さんです。

肉にビリビリ電気を流すと肉が美味しくなる特別サービスもあるよ!

住所 サイド1-30番地コロニーメイン通り

 

「逆襲の肉屋」

最近出来た新しいお肉屋さん、もうここばっかり通ってるせいで体重が10キロも太っちゃった.... でもそれぐらい美味しいお肉やさんです。

このお肉屋さんの店長はかなりのイケメン!

いつもサングラスをしているのが気になるけど目が弱いんだって。でも一度だけサングラスとってるとこ見ちゃった!

ちょっと怖そうな鋭い目だけどイケメンには変わりないよ、マジ惚れそう...旦那ゴメン!

この辺じゃ金髪は珍しいけどイケメン店長は地毛が金髪なんだって、

そんなにイケメンなのに彼女いないんだよ?

ぜったい店長なにかあるよ....

f:id:gundamoon:20170629011830j:plain

 これも適当に考えた創作「コロニーで作るカレーはミノフスキーな匂いがする」の出だしです。

本人としては美味しいカレーの作り方や良い素材を扱うお店を紹介する日記調かつSEO的記事を目指しているようにも思えますが、どうしても日記調な部分があるので真剣勝負っぽく見えません。

 

教えて!ヒャッハー!委員会の基準としては「カレ太郎と呼ばれた男の人生」のほうが適しているのではないか?なんて思っていますが、こればかりは本当に難しいと思います。

メンバーさんはぜひ頑張って頂きたいです。

 

実は以前にも...

教えて!ヒャッハー!委員会の下読みプロジェクトが始動する少し前だったと思います、当時ブログのアイコン画像変更についての記事を公開しました。

アイコンを変えた理由について - ブログ作成ボタンを押しちゃった

この記事を書いた時点で公開すべきか否か迷っていた部分がかなりありました。

そんな時にたまたま同じはてなブロガーのたぐち (id:taguchikun)さんに公開前の記事をDMで読んで頂いた事があります。

 

そんなたぐちさんのブログはこちら、ブログ名を見る限りでは犬系のブログのように見えますが、黒トイプードルはあまり登場しない感じ。

www.taguchikun.com

信用について迷っていましたのでどうしても誰かの意見が聞きたかったってのが大きく、たまたまか、タイミグが良かったのか、たぐちさんに「チョット読んでみて!」みたいな感じでお願いしてしまいました。

あの時は本当にありがとうございます。

 

やはり不安な時ほど人の意見を聞きたくなるもの、そのような意味でも教えて!ヒャッハー!委員会の下読みプロジェクトはありがたい存在だと思います。

 

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございます。

加えてDACさん、ラオウとか書いてゴメンナサイ!