ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

ディアナチュラのCMで井川遥の魅力が大爆発してしまった件

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

演じる女優さんに心がときめいてしまうテレビCM、ありますよね。

私の場合は主に熟女に反応するパターンが多く、美しい熟女のCMが流れると一瞬体が止まって目が釘付けになってしまうのでリアル生活でも周りからは熟女好きがバレバレなんだと思います。

 

さて、そんな熟女好きの私...

最近のテレビCMで井川遥さんに一発でやられてしまいました。

今まで井川遥さんを見ても「若いな...」ぐらいしか思っていなかっただけにこれは衝撃的であります。

これはブログを書かずにいられないというもの...

アサヒディアナチュラ

そもそも「ディアナチュラ」が何であるか知らない私、あまり今興味はないものの軽く検索してみるとサプリでした。

私には縁のない世界ですね、こればっかり仕方が無いのでディアナチュラについてああだこうだ言う気はありません。

それよりも重要なことは井川遥さんがやるディアナチュラのCMです。

 

 

「たべるはなんだ」と言いまくる歌のリズムにあわせて「ぐー」とか「ぱくっ」のミニアクションをするのが見どころです。

思うにこのCMの見かたは分かれるはずでして井川遥さんをメインとして見るか、子供をメインとするか、母と娘として見るか....この3つに分類されるはずです。

 

私としては「母と娘」として見ており、井川遥さん演じるこの母は

健康的でちゃんとした母、常識的感覚も持ち合わせてはいるものの、たまに家族の前ではっちゃるような仕草をする時もあるような女性... つまりこのCMを見る私の目は妻と娘を見ているような感覚なんだと思います

 

「誕生日の朝、起きたらイキナリ妻と娘がダンスを披露してきた」

 

多分こんな感じ。

ああ神よ、俺はなんて幸せ者なのだろうか...

そんな風に感じるひとときを噛みしめつつ

「おっと、来週はクリスマスだな、俺もサンタさん頑張るか...!」

と無意識に更なる幸せを求めてしまう俺はやっぱり幸せ者なんだなぁ...と噛みしめる朝。

 

...フェイスブックのようなキラキラした妄想はこの辺にしておこう、私には眩しすぎる世界だ。

 

現実は借金まみれの零細社長で実生活もメチャメチャなオッサンなんだ、40を越えて深夜にツイキャスを聞きながらガンプラの塗装をしている時点で色々と終わっていることは認めなければならない事実である。

 

若いころはこんなダメなオッサンになるなんて思ってもいなかったよ... でもまあ、それほど自分が嫌いじゃないのが唯一の救いだと思う。

 

話を戻そう、やっぱり私は熟女が好きなんだ。

 

ママな女

今までの井川遥さんは熟女というカテゴリーに属していなかったと思う。それがこのCMで一気に熟女にカテゴライズされ始めた感じ、wikiを見ると1976年生までこの記事を書いてる時点の年齢が41歳...

 

どうりで私の熟女センサーが発動するわけだ、CMのような「ママな女」が似合う年齢に達したなら世の熟女好き男性は黙っていられないだろう、もちろん私もその一人である。

 

女優さんはある程度の年齢に達し、顔や雰囲気もそれなりになって来ると「ママ役」を演じ始める。

このママ役というのは女優さんの今後にとても重要だと考えており、悪いママ、エロいママ、ちゃんとしたママ、強いママ、弱いママ、といった方向性が見えてくる瞬間でもあると考えている。

 

ディアナチュラのCMを見ると井川さんはちゃんとしたママだろう、一番無難なポジション。

しかし無難なポジションでは世の男の下半身は掴めないはずだ、とくに熟女好きな男性には物足りない。

しかし井川遥さんはそこを補うかのような雰囲気を醸し出してる。さすがとしかいいようがない。

 

f:id:gundamoon:20171128133118j:plain

少しだけ女を出す

ポイントはいくつかある。

一番のポイントは胸元が少しだけ開いた白いシャツ、ただし半袖。

でもただの半そでじゃぁない、二の腕が微妙に隠れるタイプのフワっとした白いシャツだ、これにより男の想像力をかきたてているのである。

「シャツの中身はどうなっているのだろう?」

こう思わせることに成功しているからこそママな女が演じられると私は思っている。

 

軟らかそうな間接

CMでは激しい踊りではないが、とてもキレのある動きをしている。

これは男に関節の軟らかさを想像させる動きであり、それ即ちママな女の夜を想像させるとこが容易に分かる話だ。

 

男にとって、軟らかい関節をもつ女は基本的に魅力的に見えるものだ。

それは幼稚園児の男の子がロボットなオモチャで無茶なポージングや動きをして楽しむ事に由来していると私は考えている。

 

三つ子の魂は百までといった伝説があるように男はいつまでたっても男の子なのだ。

夜に妻を、または女を自由自在に動かしたくなるのは無意識ゆえの行動だと私は思っている。それには関節の軟らかさは重要なのだ。

 CMの井川遥さんはこの辺をよく分かっているのだろう、さすが女優だ。

 

恥ずかしくない熟女好き宣言

これだけ美しい熟女が世に溢れているというのにも関わらず熟女好きを名のるに抵抗がある男が多いのが現状ではないだろうか?

 

その理由はなんとなく分かっている、実際は熟女が好きでどうしようもないのにカッコつけて若い子をを好きと言ってしまうのだ。

しかしこれも男のプライドに関わる大事な部分なので絶対に否定してはいけない、熟女を見た途端に目が釘付けになっていいる友人を見ても「お前熟女好きだろw」とは絶対にイッテはイケないのである。

 

そもそも友人が綺麗な熟女に釘づけになっているシーンを目撃している時点であなたも熟女を意識してしまっているのだ、それは無意識なのでどうにもならない。

 

もしそんなシーンになった場合、友人が自分から熟女好きを公言するまで静かに待ってあげよう。それが友情というものだと私は思っている。

 

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。