ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

クイックマッサージでフルBookiしながら熟睡するオッサン

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

いくらなんでも酷すぎる記事タイトルですね、でも事実なんだから仕方がない。

あまりに多い物量の力仕事を連日続けていると自宅に帰っても体が固まって疲労がたまりまくってきた私、もう限界だった時に見かけたクイックマッサージのお店に吸い込まれてしまいました。

 

それで疲労回復コースなるものをお願いしてうつ伏せになるやいなや下半身に熱いものが込み上げて来てフルbooki

もうどうしようもなかったです...

子孫を残そうとする本能っぽい

疲れ立ちってあるじゃないですか、メチャメチャ疲れているのにも関わらず10代の時の勢いを隠しきれない下半身みたいな凄い時。

あれってやっぱり子孫を残そうとする本能なのでしょうね、刺激を与えているわけではないのにもう全然いうことを聞かない、必死にガンプラの仕上がりとかを考えも全く収まる気配がありません。

 

そんな状態でマッサを受けていると更に情熱的な下半身になってくるというもの。

 

オッサンのマッサージャー

私をクイックにマッサージした人はオッサンです。

それにも関わらず私はフルbookiな状態でした... 

私としてもそれはプライドが許されなかったので変な事を考えないようにしまくるけどそんな時に限って女王様がオッサンM男を虐める為にオッサンのM男にオッサンのM男をマッサージしろ、耐えきったらご褒美な!みたいな命令シーンを妄想しちゃったり。

 

オッサンのM男というワードの連発...

私の頭脳はもう駄目かもしれませんね。

f:id:gundamoon:20180303004005j:plain

 

フルBしながら熟睡していた

クイックなマッサージなもんでして時間は30分

その中で変な妄想を膨らませてしまった時間は多分5分ぐらい、その後は記憶が飛んだように熟睡してしまって起こされた時には完全に加齢臭なヨダレを垂らしていた事も判明。

しかも、というか恐らく熟睡のマッサージ中もフルBな状態で起きた時もフルBなまま。

 

これはもうヤバい、相当ヤバい...!なんて思いながら店を出ると急激に大人しくなるマイサン。どうやら私の場合は疲労が溜まった状態で横になると子孫を残そうとするスイッチがONになるようです。

 

ほどなくして平常に戻ったマイサン、そして自宅に帰って深夜に書くこのブログな今も平常なまま、全く反応しません。

という事は今晩寝るときに再び情熱的になるのでしょうかね、多分なるのでしょう。

 

だから何なんだ!と言われそうな日記ですね、その通りとしか言いようがない、言い訳も出来ません。

 

でも、そんなダメなオッサンのブログがはてな界に一つぐらいあったっていいじゃんか!と思う。いや、7つ以上あってもいい。

とくに最近のはてなブログトップページなんか「なぜ今〇〇なのか」「〇〇の本当の理由」みたいな頭のよさそうな人が頭の良さを見せつける記事が多いじゃないですか、それはそれでインテリが集まるブログサービスな印象なんだけど世の中そんなに綺麗にまとまった世界なんて少ないはずなんですよ、リアルでそんな場所は丸の内の一部とかなのが現実だと思う。

 

道を歩けば歩きたばこ(電子タバコではない)をする浅黒い顔のオッサン、コンビニのおでんの前でおもいっきり咳とかする風呂に入ってなさそうなオッサン、堂々と鼻くそをほじりながら歩くオッサン.... そしてクイックマッサージでフルBookiしながら熟睡するオッサン。

 

こんなオッサン達がウヨウヨしているのがリアルな日本、普段はインテリオッサンぶっていても休日になれば朝っぱらから激安ヘルシーに並んじゃったりするのがリアルなんだと思います。

そんな汚らしいオッサンブロガーがはてな界にいたっていいと思う。

 

でも沢山いすぎるとドン引きして女性が居なくなってしまいそうだから私を含めて7以上10未満なブログ数ぐらいが良いかな、その中で私はNO1の座に君臨し続けたいと思っています。

「俺のほうが腹が出ている」

「俺の方が血圧高い」

「俺の方が四十肩が酷い」

「俺のほうが老眼がヤバい」

こんなしょうもない戦いを同じ匂いのするオッサンブロガーと激しくやりあってみたいなぁ...なんて思う深夜。

 

本当にダメすぎるオッサンでごめんなさい、明日からは真面目にブログを書きます!

どうしようもない記事を最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。