ブログ作成ボタンを押しちゃった

マニアックなオッサンのブログ

最後に女性の顔を見せないテレビCMはイった気がしない

スポンサーリンク

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

キレイな女優さんとかが出るテレビCMって男ならついつい見てしまいますよね?

んでCMが終わった後についつい女優さんをネット検索しちゃったりして画像を沢山みちゃったりしてまとめサイトで女優さんの裏話を食い入るように見ちゃったりするカミーユな午後、

 

女優の波留さん演じるキリン生茶のCMがそれに該当しまくており、手に負えません。

波留さんが美人であるってのが一番の理由ですが、やっぱりそれだけじゃない。

CMを見た後に波留さんを検索せずにいられないし、例えば私のようなアホブロガーだと記事を書かずにいられなくなってしまうのです...

 キリン生茶のCMを見てみよう

まずはどんなCMか?ってのを知る必要があります。

ということで波瑠さんのキリン生茶CMを見てみましょう。

www.youtube.com

さあ、どうでしょうか?

波瑠さんの顔、最後にもう一度見たいと思いませんか?

 

私は見たい、凄く見たい。

波瑠さんが生茶のペットボトルを手に持って目をつむりながら優しく飲むところが見たい、

その後に瞳孔を開くような感じで生茶の美味さにびっくりするような感じの顔が見たい、

絶対に見たい!

 

しかしCMではそこまで見せてくれません。

その結果、youtubeの動画を繰り返し見ることになります。

これはですね、多分だけどイった気がしないというマジキチな主張でもあります。

 

f:id:gundamoon:20161204184417j:plain

テレビCMだと生煮え間が凄い

youtube動画なら何度も見る事が可能、それがyoutubeってもんです。

でもテレビCMは違う、何度も見れないので結局はネットで調べてしまうってもんじゃないでしょうか。

そして目的の動画、この記事で言えば波瑠さんのキリン生茶CMを見て

「ふぅ...」

と心を落ち着かせる...

 

こんな事はネット時代の今だからこそ可能な楽しみ、ネットが普及していない時代にはモヤモヤ感が凄かった人って多いと思ってます。

そんな時代はテレビでお気に入りのCMが流れたら食い入るように見ていたはず。

 

不倫ダメージ無し

波留さんはチョイ前にテレビドラマ「あなたのことはそれほど」で不倫する妻を演じていました。

全部見た感想としては不倫のラリ期から反省期に入って最後は人生をちゃんとしないとね♪

みたいな感じ、なんだか波瑠さんの受けたダメージが少ないように思えてなりません。

 

そしてキリン生茶のCM...

ダメージを受けていて欲しい願望があるのに全くない。

まあ当たり前、だって別モノですもんね、でも... と思ってしまう私は無意識のうちに波瑠さんに心を奪われてしまっているのでしょう、さすが女優です。

 

箸で凍ったお茶を掴む非日常

同じ大きさの凍ったお茶氷ってだけでも非日常です。

そんな非日常なお茶氷を箸で掴む、波瑠さんが掴んでいる..

あり得ない話です。

 

そんな箸でつままれたあの凍ったお茶氷は間違いなくうまい。

まるで和菓子のような扱い、それも波瑠さんが掴んだお茶氷...

もの凄い価値を感じてしまうのでは私だけでしょうか?

 

あんなものは美味いに決まってる。

 

波瑠さんが凄いのか?

これはともて難しい考察が必要になります。

まずもってコノCM製作サイドの一番偉い人は凄い、このアイディアを出した人も凄い。お茶があんなに旨そうに見える演出が今後現れるのかと思うぐらいです。

さらにこの演出を余裕でこなす波瑠さんも凄い。

なんたって波瑠さんの顔はちょっとしかCMに流れません、でも私には波瑠さんがお茶を凍らせたりと全て自分でこなしているように見えます。

しかも波瑠さんではなく生茶がメインである事をしっかりと伝えています。

 

なぜこのような思考になるか?ってばですね、吉川晃司さんのCMと差があるからなんですよ、

www.youtube.com

こっちは吉川晃司がメインのように見えてしまいます。

 

私は吉川晃司さんも好きなアーティストなので問題ないのですが、吉川さんは濃い顔タイプなので苦手な人もいるはず。

んで、吉川さんのCMも最後に顔を見せてはいませんが、何となく最後までしてしまったような雰囲気を感じる... これは男である私にはわかりません。

でも女性なら吉川さんにヤラれてしまった感があるのではないか?なんてまたしてもマジキチな主張をしてみます。

 

イカセテ欲しい

テレビCMは全てを伝える必要が無いと思ってます。

やっぱりどこか気になる部分を残しておいたほうが視聴者をひき付けるだろうし、その後の購買にも繋がるもんだと考えています。

しかも今はネットの時代なので気になるテレビCMを見たらネットで自発的に検索... っての普通の流れのはず。

ならばあえて視聴者をイカせるような事はせず、生煮え感を与えたほうがCM効果は大きいのではないだろうか?なんてこの記事を書きながら思います。

 

そんな理由により、「続きはwebで」ってヤツはその後のストーリーが用意されてしまっていることを示してるのであまり良い手法ではないような気がします。

視聴者の想像力を膨らませる、生煮え感を与えるCMのほうが楽しめます。

 

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。