読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ作成ボタンを押しちゃった

マニアックなオッサンのブログ

読めない名前

どうもガンダムのオッサンです。

 

ココ最近仕事が忙しくなる時期に差し掛かってきており、忙しい時ほど誰かに言いたくなる事が増えまくってくるって事で困っております。

こんな馬鹿なオッサンでも経営者という立場なのでリアルでボヤやけるわけでもなく、このブログの存在はホントにありがたいです。

 

という事で私のぼやきを聞いてやってください!お願いします!

 雑用係

私は経営者という立場なのに会社で一番下っ端のようにつかわれる存在です。

数少ない社員やバイトさんから「社長コレお願いします~!」頻繁にあり、「社長!ガソリン入れておいて下さい~!」なんてのもあります...

いや、ガソリン入れはもはや私の仕事ローテーションに組み込まれてしまっており、いつもガソリンを入れるスタンドはもはや憩いの場と化しています。

 

たまにガソリンを入れ忘れるとなればもう大変、

「社長!昨日ガソリン入れてって言ったじゃないですか!!」

と凄い剣幕で怒ってくるヤツがいるのです。

 

こいつはとても仕事が出来る人間で私の3倍ぐらい知能も能力も高い凄いヤツ、私から見ればシャア・アズナブルです。

 

シャアにガソリンでよく怒られるので、そんな時は「ごめんようぅ...忘れていたんだようぅ...」と言いながら憩いのスタンドに逃げ込んでそこの店長と世間話をしながらスタンドでバイトする若いお姉さんとお兄さんが付き合っている事を隠しているけどバレてるぜ!みたいな話で盛り上がるのです。

 

まあ私にガソリンを入れさせるというのはきっとシャアの優しさがあっての事だと思うんですよね。

上手いこと言葉に出来ませんが、「社長は会社で構えていろ」「仕事は俺らが取ってくる」「雑用お願いね」みたいな感じです。

 

また実際に私は会社で雑用専門要因と化しており、この間は取引先の方に雑用係りのオジサンと長い事間違えられていたって事実が判明しました。

判明した時の取引先営業マンの顔は面白かったけど... ってこれには裏があるんですけど。

 

そんな私の主雑用の中で、この時期にデータベース作成の仕事を必ず取ってくる社員がいるのです。

 

単価はボランティア

このデータベース作成業務、それほど難しくありませんが、このデータベース作成業務ってのは会社の本業に全く含まれていません。

詳しくは書けませんが、毎年必要になる物を取引先に卸します。

その必要な物は紙媒体でも十分に管理できるのですが、いちいち専用のデータベースを作成してバーコードリーダーで色々と出来るシステムを彼はあえて構築するように仕向けるのです。

 

このデータベースは毎年同じもので全く問題ないのですが、彼は毎年必ずバージョンアップしたデータベースを取引先に提案し、私に作成を命じるのです。

 

んでデータベース作成は本業の仕事を取る、他社に入り込ませないようにするためのサービスみたいなもんでして、始めは外注するんだろうなぁ...ぐらいに思っていたのが間違い、「社長、コレ作っておいて下さい!」で変更点と資料をドン!です。

あいつはシャアとは違った威圧感があります。

ちなみに私が簡単なデータベースを作れるってだけでこれは全然本業ではありませんでしたが、あいつのせいで色んな知識を得る事が出来ました....って私が勉強しただけなんですけどね。

いや、勉強させられた感のほうが強い、あいつはドズル・ザビです。

 

 

これが毎年恒例になっており、けっこう大変なんですよね。

 

まあ彼の主張も泣けてくるほど分かる部分が多く、簡単なデータベースでも外注に出すとそれなりの経費がかかるし、そもそも「当社には手の空いている従業員が沢山いますからwww」みたいな事でメインの仕事をとってるわけです。

 

本当は手の空いてる社員なんかいません。

強いて言えば手が空いてるのは私ぐらいです... ほんとお恥ずかしい!

 

彼は自社を大きく見せることにより仕事を取ってくる節が多々あるんですよね。

だから本業とは関係のない仕事もくっついてきてしまうのです。

このような営業手法が良いのか分かりません。

 

ただ私としては小さい会社なのに彼らが少々無理をしたり見栄を張っている事も知っています。

私に話しませんでしたが、きっと悔しい思いをした事も沢山あるのでしょう、ゴミ箱に競合他社の見積書がボールペンでぐちゃぐちゃに書きなぐっていたモノを何回か見たことがあります。

 

他にもたまにですけど、会社に来客がある時間前に限って私に雑用を押し付けて来る時があります。

大体が車が汚れたとかタイヤが汚れたとかそんなのです。

 

本当は車なんか大して汚れてないんですよ。

タイヤの汚れだってアイツがわざと汚しているんだと思います。すぐキレイになるし。

....イカン、こんな事を書いてると目頭が熱くなってしまいます。

ボーナス出せなくてゴメン。

この話はもうやめます。

 

名前の読めない漢字が多すぎ

データベースの作成からちょっとデータも入れてあげる優しい私、でもデータ入力で一番面倒な項目が名前入力です。

最近は見たこともない漢字を使う名前や、通常の漢字変換では到底で出てこないようなフリガナだったりします。

 

さらにややこしいのが旧字体や中国語っぽい漢字。

たった一文字の為にネットで調べなければ分からないほど凄いのもあります。

 

これは私の知能と学力が低いのが多いに関係してる事もあるのですが、紙媒体でpc入力用の補助項目があれば便利だなーと思うんです。

この漢字はこのように変換するよイイよみたいな項目.... まあ無理でしょうね。

 

でも名前入力でこんな風に思っている人ってけっこういるのではないか?と考えています。

 

まあ読めない漢字の名前だとしても、その名前は親が一生懸命にその子の人生を考えてつけた名前ですからね、読めない事が悪い事とは思えません。

ただこれからの社会において、何かの書類に自分の名前を書くという事はデータ入力されるという事です。

技術的にはスキャナーで読み取って入力が出来たりもしますが、100件ぐらいなら入力スピードを考えるとキーボードで打ち込むほうが断然早いです....

 

自分で書いてて思いました、そのうち手頃な価格でハイスピードスキャナーが発売されて普及されれば解消されますよね。

逆に言えば入力系の仕事は減るという事かもです。

 

最後までオッサンの愚痴を聞いていただき、ありがとうございました。