ブログ作成ボタンを押しちゃった

マニアックなオッサンのブログ

ブログ記事のネタに困ったらブラウザの履歴を見よう

スポンサーリンク

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

数年ぶりに雑記日記ブログを始めたせいもあってか、自分の脳内をさらけ出すのが楽しくなってきており、最初は低頻度の更新予定のつもりが毎日更新になっています。

 

んで、雑記や日記のブログなんかは日々の事を書くだけでも一つの記事で一つの更新作業でって事になるんですけど、やっぱり何か面白い事を書きたかったり人の役に立つことを書きたいじゃないですか。

 

でもネタが浮かばないんだよぅ...

f:id:gundamoon:20161204183652j:plain

これってありますよね、ほんと。

しかも長くブログを続けるほど頻繁にあるから困るってもんです。

そんな時のネタ探しアイディアについて私のやり方を少し晒してみます

※記事タイトルが結論ですのでコレでおなか一杯な人は他の記事読んでくだしあ。

ブラウザの履歴は知りたい事だらけだったはず

まあこれが結論みたいなもんですよ、よく昔からブログで検索流入を増やしたい時に目にしたセリフがあるじゃないですか「あなたの知りたい事が...」みたいなヤツです。

 

んでネット検索をして上位のページを見るじゃないですか、普通は。

そんな時に一つのブログで検索した内容を完璧に網羅して納得できるような情報なら記事のネタにはなりませんよね、だってそのブログがすでにやってますもん。

 

じゃあ一つの検索キーワードで複数のページを見るハメになた場合... これは十分に記事になりえますよね、とくに確実な成功法がないようなものであれば尚更です。ただしそういうネタはライバルが多いのも事実、金融系なんかとくにですよ。

 

ここで私が昔やっていたネタ探しの方法を晒すとですね、

ブラウザの履歴あるじゃないですか、その中でも検索から入ったサイトやブログをかけ合わせちゃうと一つのネタがわりと簡単に思いつきます。

しかも自分が検索して結果をにインプットされてるから割とスラスラ日記が書けるのでけっこう楽ちんでお勧めな方法だと思ってます。

 

このように晒せば、私のブログではそれが露骨に表れているのが分かるはず...

 

例えば、というか検索内容晒しみたいなもんですけどコノ記事

gundamoon.hatenablog.com

アホみたいな記事タイトルですよね、自分でやっておいて何ですがSEOのかけらも感じられません。

 

ただ記事のネタといった観点をもてば別の事が見えてくるというもの、つまり私が検索していたのは

 

「トランプ大統領」

「ブログ」

 

この辺のキーワードで検索していた履歴があるって事なんです。

それをくっつけるとこのような記事タイトルになり、このようなUSA!な内容と仕上がったわけです。

 

そんなのデタラメじゃねえか!

 

ってなご意見もあると思います。

でもトランプとブログの掛け合わせから発生した私の記事、内容はアホだとしても完全に脳内から溢れるオリジナルとなっており、さらにリライトもしにくいものが出来上がってます。※内容はアホです。

 

また記事を書くにあたっても東日本大震災や民主党政権の時の事を検索して思い出したりもするんで脳内にアイディアが沸いてきます。

 

こうなると東日本大震災とブログといったキーワードなんかも混じり合うので上手い事記事を分割すれば3個ぐらいのネタはすぐにできちゃうんですよね。

つまりブラウザの履歴をみればネタに困ることは無いんです。

 

なぜこのような方法に至ったのか?

私がこういう発想に切り替えていった経緯ってのもやっぱりあってですね、昔やっていた日記雑記ブログではネタに困ってたんですよ、それも慢性的に。

 

そうなるとネットで時事ネタやニュースを漁りますよね、そこから自分の言葉で記事にできそうな物を選んで書きますよね。 

でもそういう選んだネタの記事って自分で読み返してもあんまり面白くなかったりするんですよ。

 

どうしても常識的なバイアスがかかって記事の結論は似たようなものになっちゃうパターンが多かったです、だいたい重要な部分は引用しますしね。

 

そこで考えるのがまとめサイト、まあ完全にネタを仕入れる宝庫扱いでした。

 

コレ!と決めたまとめサイトからのリンクを辿って1時間ぐらい読み漁れば記事ネタの2個ぐらい簡単に見つかるってもんです。

 

でもそういうネタ探しの旅から見つけた記事ってのもなんとなく似たような結論な記事になっちゃってたんですよね、やっぱり釣りっぽい記事タイトルでもまとめられた物を読んでるわけですから何となくの結論が既にまとめられちゃってるんです。

 

それを更に自分の中で消化してアウトプットするのは結構難しい...というかリライトな雰囲気になってました。

 

まあ別にリライトでもいいんですけど、やっぱオリジナル書きたいじゃないじゃないですか、ソコはやっぱり自分のブログなんですもん。

 

 こんな経緯によって「あなたの知りたい事が...」みたいなSEO的うたい文句が自分の履歴という発想に至ったのです。

 

自分目線のオリジナル記事ネタが沢山生まれる

これに気が付いてからは記事ネタに困ることは無くなりました。

出来れば検索結果から入ったサイトの履歴が良いんですけど、べつに普段から見まくってるブログなんかでも全然問題ありません。

 

極端な事を言えば、収益性のあるブログの管理人さんならアドセンスやA8やアマゾンなんて日常的ですよね、んでこのように書き出すだけでもうネタが一つ...

あとはそこに自分のスパイスを入れたタイトルと記事内容と構成を考えれば書くだけ状態、しかも自分の脳内から溢れるオリジナル記事です。

 

流行のSEO的な感じだと「アマゾンはA8経由でやるべきでない5つの理由」とか「アドセンス停止!?ちょっと待って!諦める前にアマゾンを!」とか。

 

ちなみに今適当に考えた二つの記事タイトルをググってみたけど全く同じタイトルはありませんでした。

まあ似たような内容で似たような結論のサイトが出てくるし、こういった内容は激戦区ですから上位を狙うのも大変です。

 

これはホント適当な一例でして、検索キーワードの組み合わせは専用のツールまで存在する世界です。

だから大真面目にやろうとするほど難易度も競合も増えちゃう部分があるので、自分の履歴から拾ってくるほうが面白いものが出来上がる可能性が高いと思ってます。

 

ただしソレが万人に受け入れられるかはまた別の話であって、このブログは多分受け入れられないブログというオチもついてます。

SEO無視してるし。

 

ちなみに今考えてるのは「Xvideos」と「技術的特異点」の組み合わせです。

記事になるか分かりませんが、こんな掛け合わせをやり続けるといつまでたってもアドセスが貼れるブログにはならないし、proへの移行も踏ん切りがつかないので迷っております。

あ、「Xvideos」と「迷い」も面白そうな感じ....

 

「道に迷ったらXvideosに聞け!今からその理由を10個語るぞ!」とか。 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました、きっとほんとチョビットぐらいは約にたったような気がします。