読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ作成ボタンを押しちゃった

マニアックなオッサンのブログ

オッサンが若者に伝えるべき尿検査

おかず論

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

つい先日、中学生時から信じていた伝説が崩れました。

 

私の中学、高校時代は、

尿検査でタンパクが出る=前日にオナⅡをした

が常識として扱われていましたし、私もそのことについて疑うどころこか

「当然だろwww」といった学生生活でした。

 

しかし先日の尿検査結果時にお医者さんに聞いたところ、どうも違う... というか完全に違うとの事です。

 尿検査当日にもの凄く焦る

1970年代生まれのオッサンは、多分私と同じ感覚だと思います。

それは尿検査があるという事実を当日まで知らなかった時。

 

ここで尿検査の予定をしっかりと分かっていた男子生徒はドヤ顔ですよね、彼は確実に前日にオナⅡをしていません。

反対に顔色が変わる男子生徒は前日にオナⅡをしています。つまり

 

尿検査でタンパクが出る=前日にオナⅡをした

 

という情報がどこかの段階でインプットされた時点から尿検査は抜き打ちの持ち物検査と同じなんですよね、

 

「ヤバイ!ごまかせない!」

「悪あがきだけど、トイレで小をして少しでも洗浄したほうがイイ!

f:id:gundamoon:20161204183652j:plain

このような心理状態になっていました。

 

なぜこのような事になるかと言えばほぼ毎日オナⅡをするからです...

しない人も沢山いるでしょうが、とくに中学生時代の私は日課となっておりました。

 

学校での尿検査結果は当日明かされない

現在のようにプライバシーが尊重される時代ではないといっても当日検査結果が明かされる事は無かったです。 

これはオッサンになった今考えれば当たり前の話ですが、学生だった私は

タンパクが出る=先生に呼び出される

と勘違いをしていました。

 

これはなんの根拠もない考えでして、尿からタンパクがでた場合は先生に前日にオナⅡをしたかどうか?の確認をされて、そこでNOと答えれば体が悪い、YESであれば問題なしみたいな考え方です。

 

なぜこのような考えに至ったか?と言えば尿からタンパクが検出されるという事がどのような病気に繋がるかを全く理解していなかったからで、単純に精子はタンパクであるといった誰から聞いたか全然分からない情報が元なんでしょう。

 

これは私だけではないはずでして、学校側がきちんと説明しなかったのが悪い... ってもしかしたら説明していたかもしれないけど全く記憶にありません。

 

それよりも前日にオナⅡを行った尿検査はタンパクが出る、その結果はクラス中に知れ渡る事は勿論、確実に親に報告がいくという恐怖感が大きいものでありました。

 

この出どころ不明の情報... 現在でも語り継がれている話かもしれませんが、もし語り継がれているとすれば先生がちゃんと教えるべきです。

 

お医者さんに聞いてみた

私が先日行った尿検査の結果をお医者さんに聞いた時に前日のオナⅡにが検査結果にどのような影響を与えるか聞いてみました。

 

あ、勿論だけど露骨にオナⅡとは聞けません。

例えば「前日に彼女とHした場合ってやっぱり影響あるんですかね?」

のような感じで聞きました。

 

お医者さんの答えとしては、前日に射精しても尿検査には影響はない、ただし尿検査の直前に射精した場合は検査結果に別の異常が出る可能性がある。

尿検査による尿タンパクの数値は精子の数値を調べるものでは無い。

 

といった事です。

つまり私の中学生、高校生時代に感じた当日イキナリ尿検査の恐怖は全く必要性がないものでした。

 

という事でもし出どころ不明の尿検査と前日オナⅡ情報を気にしている学生さんがいたとすれば安心しましょう。

それと同時に先生もこの事は頭に入れておいて欲しい。

 

そして私のブログを一時情報とするのではなく、お医者さんから一時情報を得て生徒に話して欲しいと願いまます。

 

この出どころ不明な情報は虐めの原因を作ってしまう可能性があると考えて頂ければ仕事として行動すべきではないでしょうか。

 

尿タンパクの検出

若い年齢で尿からタンパクが検出されるという事は何らかの病気の可能性があり、キチンと検査をする必要があるという事です。

これは決してオナⅡのしすぎといった考えをしてはいけません。

私も持病が発覚するまでは、尿からタンパクが検出される意味の脳内情報がゼロでした。

 

その持病が発覚する前の尿検査でさえ「あ...!」と前日のオナⅡ時間を考えたほどですからコノ出どころ不明情報のはそれなりの物であると考えています。

 

ましてやこの出どころ不明情報を家族から聞かされていた場合は先輩や友人からのインプットよりも危ないです。

日本は中学校まで義務教育ですからね、先生の仕事として扱ったほうが良いはず。

 

インターネット時代だからこそ...

もし私の時代にインターネットがあれば、このような伝説はとっくに打ち消されていた事でしょう。

それもこの記事を書くにあたって「尿検査」と「オナニー」のアンド検索をしたところ、まだこの伝説に注意しましょう的な情報があります。

 

しかし現在の尿検査では精子の項目があるとお医者さんは言っています。

 

そしてネット環境がある学生なら問題ないですが、ネット環境が不十分な場合、または尿検査と前日オナⅡについての伝説を疑わないような学生さんもいるはずです。

 

このような知識はオッサンになってから得るものではなく、学生のうち...できれば中学生の間に知るべき情報です。

いや、もしかすると小学6年生ぐらいのほうが良いかもしれません。

 

それが日本社会の未来を担う子供に対しての優しさなのではありませんか?

教科書に載らないけど大人としての伝えなければならない事なのではありませんか?

 

他にも似たような伝説があるので、そのうち書いてみようと思います。

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。