ブログ作成ボタンを押しちゃった

マニアックなオッサンのブログ

オッサンだらけのアウトレイジ最終章

スポンサーリンク

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

アウトレイジの最新作が発表となりましたね、前作アウトレイジビヨンドの終わりかたからして続編あるだろうと思ってたしネットでも続編のストーリーが予測されていました。

www.oricon.co.jp

やっぱり韓国のフィクサーが絡むストーリーのようでファンの声に答えてくれているようにも思います。

そして登場人物はオッサンばかり... いいですねぇ!

アウトロー映画

近年日本でヒットしたアウトロー映画といえばアウトレイジでしょう、ただアウトレイジは裏社会の男を描いた物語という事でオッサン率がもの凄く高い映画です。

なんたって高齢化社会ですからね、アウトローなオッサンのずる賢くもエグイ描写ってのは気になる分母が多いはず、ただ実際にこんなオッサンがウロウロしている場には絶対に遭遇したくありません。

 

そんな怖いオッサン達がいかにも本当に存在するような見せ方をするのが北野映画の凄いところでしょう、動画のピエール瀧さんなんかがアナと雪の女王でオラフの声をやっていたなんて信じられないほど怖そうなオッサンな映像です。

あんな怖いオッサンが裸で首に微妙なアイテムを付けつつも凄んでいるワンカット予告映像だけでも気になりますよね、ヤバすぎる雰囲気が凄い。

 

若者アウトロー映画

古い映画だとビーバップハイスクール、ちょい最近ではクローズ、私の好きなシリーズは窪田正孝さんのガチバンシリーズです。

 

若者アウトロー映画の魅力はオッサンアウトローと違って金や権力がメインでないところですよね、「俺のほうが強い」「ワルで有名になる」「しめる」「友情」といった若者の感情表現が面白く、レベルUP要素も加わるとなればどうしても主人公を応援したくなるってもんです。

 

んで若者がアウトローで頑張る目的は色々あるにせよ、超えちゃいけないラインが大体存在しており、そのラインをチョット超えちゃうような登場人物がラスボスだったり...

アウトローの世界という枠組みにおいて善と悪がある感じ。

そして極悪な登場人物がアウトロー的に改心する要素もあったり仲間になっちゃうパターンもあったりします。

 

オッサンアウトロー映画

対するオッサンアウトロー映画は目的のための手段がエグイ。

若者アウトロー映画で超えてはいけないラインを簡単に超えます。とくにアウトレイジでは「苦しみ」や「見せしめ」要素が強い手段なのでインパクトが凄いです。

 

当然ながら改心するはずもないし、改心する必要もないアウトローなオッサンだらけという恐ろしい世界。

 

一昔前のアウトロー映画は仁義のようなものを大切にしている感が強かったけどアウトレイジはその辺が少し違う感じですよね。

まあ主人公の大友(北野武さん)は仁義で動いている雰囲気ですけど。

 

オッサンにこだわる

アウトレイジシリーズの見所は怖いオッサンで間違いありません。

もちろん椎名桔平さんのようなイケメンも出ましたが、演じていたのは笑顔が怖いオッサンです。

 

アウトレイジ最終章で登場する池内博之もイケメンでオッサンとは言えない顔ですが、きっと怖いオッサンを演じているはずです。

ビヨンドでイイ感じだった加瀬亮さんも若オッサンな雰囲気でした。

 

という事でアウトレイジは実際の社会を動かすのがオッサンのようにアウトロー社会を動かすのもオッサンというこだわりが感じられます。

 

このようなオッサンだらけの映画を見て若者はどう感じるでしょうか?

現オッサンの私としてもここは外せないテーマです。

 

体力では若者に敵わない

アウトレイジの世界に若者が出てきてしまっては大変です。

そんな事をしてしまったら身体能力の高い若者が動きにくいスーツなんか着ないでトレーナー姿なんかで動きの遅いスーツ姿のオッサンをサクサクやっつてしまうでしょう。

そんな事はあってはならないのです。

 

やはり体力の無いオッサンがえぐいアイテムを駆使して戦うから面白いのです。

 

これは実社会でも似たような事ありますよね、とくにワイドショーで取り上げられる国会中継の一場面とかもそう。

こんな事を言っては何ですが、森友学園の籠池さん証人喚問は見ていて面白かった... つまりオッサンの喧嘩は面白い。

 

これは若者のアウトロー映画なんかと比べると分かりやすくて若者アウトローは負けを認めるパターンが多いです。

対するオッサンアウトロー映画は負けを認めない、認めているような描写があったとしてもそれは生き延びるためのゴメンナサイが多いです。

アウトレイジでは表面上で負けを認めようがなんだろうが関係ないって感じですよね、勝てば官軍状態が基本のように思う。

という事でアウトレイジの世界で生きる男は勝ち続けてきた人ばかり、そらオッサンだらけになるってもんです。

 

公開日の月にニビルが来るんだって

アウトレイジ最終章の公開日は2017年10月7日になりました。 

という事で2017年10月をネット検索してみるとこんな記事が...

2017年10月に世界が終わるだとぅ? 謎の惑星ニビルが地球に衝突するとの陰謀論が浮上 : カラパイア

 

どう考えてもアウトレイジの西田敏行さんのほうが怖いです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

アウトレイジ見た後はチョット強くなった気分で街を歩いてみたくなりますね!