ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

今ほどプロブロガーに憧れる時はない。

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

変態的な記事にガンプラの画像を使いまくるといった適当すぎて節操のない内容で運営してきた当ブログ、あまり私生活や仕事については触れないようにしてこれたのも色々な面で安定していたからなのだと思います。

 

それが今年の春ぐらいから色々と厳しい状況になって来まして、特に仕事面が非常に厳しい状態、よく剥げないなぁ...なんて自分の毛根力に驚かされています。

 

そうそう、初めて当ブログに来て頂いた方に軽く説明すると私は会社経営者です。

まあ会社経営とはいっても零細なもんでして更に全然儲かっていません。

 

そんな儲かっていない会社の売上を作ってきた仕事の出来まくるエース社員も親の事情ということで田舎に帰らなければならなくなり退職、家業を継ぎながら私の会社でやっていた事を田舎で始めて悪戦苦闘にながら毎日私に電話してきやがります。

 

色々と教えて欲しいみたいだけど教えて欲しいのはコッチなんだよ...!と冗談を言いながらもお互いに厳しい状態を確認しつつ傷を舐めあう日々、エース社員は私の会社が厳しい状態を完全に把握していました。

 

家業といった色々なタイミングが重なったもあってだけど彼が辞めるといった時は

「独立すんだろw 分かってたよ」

でしたが会社の売上や利益と自分の給料(彼が最も高給)を考えて...な発言の時には泣いてしまいました。

 

金策に駆けずり回る日々

9月の頭ぐらいからでしょうか、もしかすると私はSNS等では強気な発言もあったかもしれません。

なんと言えばいのかとても難しいですが、

「金を借りる俺」

をかっこよく見せたかったのも大きかったのでしょう、

「資金を集めて事業を拡大する俺」といったものはかっこがイイといった価値観な私がいたのは事実です。

 

実際に事業拡大のチャンスは掴み、薄利多売だけどエース社員が辞めても細々とやっていけそうな目処がたっていたけど長いこと付き合っていた取引先が大ピンチに陥り売掛金の回収が難しい状態に...

零細企業が売掛金の回収が厳しくなるって事はですね、モロに資金繰りに影響が出ます。

やっと事業拡大にむけての融資が終わったところ、直後に資金繰りで金を借りなければならない状況とはとてもキツイものがあります。

事業拡大に向けて強気な姿勢で望む融資、その相手に再び追加の話をしなければならない、しかも資金繰り.... もうプライドも何もあったもんじゃありません。

 

麻生太郎さんは消費税10%の引き上げ話で景気回復の実感について

「実感できないというのは東京以外の人が言うなら分かるが、東京で実感できないというなら、小池さんの感性がおかしい」

 

とおっしゃっていました。

小池さんのファンじゃないけど私の感性もおかしいのでしょう。

そんな感性のおかしいオッサンだって守るべき存在はあるので生きていかなきゃなりません。

 

守るべき存在

私には守るべき存在がいます。

オフ等でポロっと発言した事もありましたが守るべき存在についてはブログでは全く触れずにいました。

まあ私の年齢的にも何となく想像していた人もいるかもですね。

 

ここで私がドロップアウトしてしまうと守るべき存在の生活も一変してしまいます。

それだけは何が何でも避けなければなりません、とにかくお金が必要ですし、どうにかして稼ぎ続けなければなりません。

ポジ熊さんも頑張って稼ごう!

 

最近ではブログやサイト運営の収益でロト6を買う事も少なくなり、お金が右から左へと通過していく日々、

それでも先月は全体的な収益が10万を越えたので助かりました。

すぐに消えたけど。

 

因みにそれまでは月5万~8万をウロウロし続けている状態。

プロプロガーさんのようなPVだったり収益だったりをざっくり計算したり見たりするとですね、その金額を会社にぶち込めればかなり楽な経営が出来る。

毎月20万~50万会社にぶち込めれればどんなに経営が楽なんだろう.... ああ、コレほどまでにプロブロガーに憧れた時はありません。

 

まあ...

仮に月にそれだけの収益を上げることが出来たとしてもそのお金で生活することは無く会社にぶち込んでしまう私は感性がおかしい...ってのも否定できません。

しかし私にとっては会社も守るべき存在です。

 

命を賭けるものが二つあると精神的にキツイものがある....でも命を賭けるものに出会えて良かったと思っています。

多分私は太く短くな人間なのでしょう、それならばもっと早くに、高校卒業と同時ぐらいに行動すべきだった...との後悔は少しあります。

 

f:id:gundamoon:20171031151139j:plain

何かを企んでいる人はなるべく早くから動いたほうが良いと思います。

私の年齢で言えば資産を築くべき時期のはずなのに金策に走る日々になっちゃった。

残りの寿命

私は持病がありまして急性で突然病気が悪化...ってな事ではありませんが、あと20年は生きられないでしょう。

しかもですね、仮に残りが20年だとしてもですね、その間に仕事が出来る期間は実質15年ぐらいなんだと思うのです。

それだって私の場合はサラリーマンではないし、仮に会社を倒産させてしまったとしたら40を超えた高卒のオッサン(元経営者)をマトモな手取りで雇ってくれるような会社はないはずです。

 

また守るべき存在を考えてもあと10年は絶対に稼ぎ続けなければなりません。出来れば15年は稼ぎ続けたい。

 

しかし寿命を考えるともうホントにギリギリ、全然休んでいる暇がない事実にも気がついてしまいました。

やっぱり今は強烈にプロブロガーに憧れてます。

 

プロブロガーでなくとも、プロのアフィリエイターという道もあるでしょう。

私もアフィブログはやっていますが今はほぼ放置、月に1万ぐらいの収益しか出せていないのでアフィの才能はなさそうです。

 

どうせ老後は無いのですからね、世間一般で言われる老後の心配(お金)が無いのは少しだけ楽かもです。

 

実名経営者ブロガーは凄い

はてなブログを始めなければ経営者さんのブログを読むという機会は無かったように思います。

その中でも凄い...と感じるのがかんどーさん、実名&顔出しでエロい記事を書く女性社長ブロガーさんです。

 

過去に色々とあったり、はてなブログでも色々とやらかしたりしているようですが、それでも会社概要を見ると従業員数60人の会社社長さんです。

会社設立を見てもまだ10年経っていない... 凄いヤリ手な社長さんであることは間違いありませんね、そりゃ眩しいぐらいに輝いて見えます。

 

そんな彼女の記事を読みながら何か得られるものが無いか?私に足りないものは何か?と色々と考えているのですがエロい事と仕事に対するチャレンジ精神を強く感じます。

 

きっと会社が成長する過程で大ピンチの時もあったとは思うのだけど...でもそのような事って殆ど書いていないように思う。

分からないけど、もしかすると私は今よりも更に貪欲にエロい事を考えて出力するのが私に必要な事、足りない事なのかも?なんて考えています。

「オッサン馬鹿だなぁwww」

なんて言われるかもしれませんね、でもそんな事を言われても切羽詰った人間は動じません。

 

理性的に、スマートに立ち回るほうがかっこよく見えて稼げるであろうプロブロガー業界のようにも思えますがジタバタしながら地べたは這いずり回るようなタイプで稼ぎたい... 

60人の従業員を抱える社長さんの現場主義感な記事を読ませて頂くとそんな風に思います。

 

 

ドラマ「陸王」のポジティブさ

役所広司さんの目に涙を浮かべながら力説するシーンは物凄い勇気を与えてくれます。

金融機関からのリストラ提案...

私にはまだそのような提案はありませんが、将来的にそのような提案があるかも知れません...って言ってもリストラではなく給料下げまくれの提案でしょうけど。

 

今の私には役所さんのようにプレゼンする機会も無いし、モノを生み出す製造業ではないのであんなシーンを作り出すにはイノベーションが必要であり、現状の会社を見れば3段階も5段階も上の規模な話です。

 

でもいつかはあんな風に賭けた勝負をやってみたいです。

役所さん演じるこはぜ屋の社長さんは全てを賭けている感じ、勝負に負けたら残飯を漁る覚悟があるような演技です。

 

私も残飯を漁る覚悟は出来てるけど願わくば勝負をしてから漁りたいなぁと思う。

つかリスク取ってるんだからもう少しイイ生活がしたいよぅ...

 

消費税10%になる前に何とかしなければならない

正直言って消費税10%になる前に会社がジ・エンドになる可能性があります。

そしてこのまま資金繰りを乗り切ったとしても構造的なものを変えなければ10%な時点でジ・エンドは避けられません。

 

何とかしなければならない事には変わりが無く、最低でも私自身が変わる必要があるのも当然でしょう。

そんな気持ちを込めてこのような記事を書いた...ってのもありますし、実際にキツイ気持ちを吐き出す場がこのブログしか無いってのもあります。

 

という事でこれからは更に貪欲に行かなければなりません。

ラーメンを食べると腎臓に悪いのは分かっていますが、今の私にはギトギトの背油を体内に取り込んで胃袋でビールと混ぜ合わせて滲み出すぐらいのパワーが必要っぽいです。

 

そうだ、運動もしよう、

そんでもって追加融資のお願いに明日も走ろう!

などど金融機関の営業マンを待ちながらブログを書く月末の午後。