読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ作成ボタンを押しちゃった

マニアックなオッサンのブログ

読書ブロガーの多さにビビる

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

 はてなブログで様々なブロガーさんの記事を読んでいると、最近気になる事が出てきました。

どうも本を読んでいる人が多い.... いや、もの凄く多い!

そして呼んだ本を丁寧にレビューしてアマゾンが貼りつけれられている。

 

アフィリエイトって事は重々承知ですが、なぜ本なのだろうか?と考えてしまうのです。

やはりブロガーとはインプットとアウトプットの繰り返しという事になるのでしょうか...

インプットとアウトプット

私が日常的に行なっているインプットとアウトプット、読者様ならなんとなくお分かりでしょう。

ただこのインプットとアウトプットはブログには相応しくない例えであるし、そもそもの意味が全然違いますよね。

 

んで私がマジメにインプットする情報とはブロガーさんの記事やネットニュースは勿論ですが、最近はもっぱらテレビになりつつあります。

こんな事を書くとですね、

「オッサンテレビ見てブログ買いてんのかよwww」

と言われそうですね、実際そうなんだから仕方ないです。

 

そんなテレビから得た情報を自分の中で整理してネット検索をしてデタラメな記事が仕上がるというのがこのブログかもしれません。

 

んで、はてなブロガーさんの記事を見ているとですね、本からインプットされている方がとても多いように感じるのです。

きっと読む本の量も凄いだろうし、読むスピードも凄いのでしょう。

さらにレビューを書くから読解力も凄い... 私にはマネできる気がしません。

せいぜい出来て映画のプレビューで、最近見た「日本で一番悪い奴ら」をどんな風に書こうか迷っているレベルです。

 

自分の過去経験はすぐにアウトプットできるけど最近読んだ本のアウトプットが出来る人はほんと凄いし、そんな人がはてなブログには多いし、多すぎじゃね?とも思えてしまうのです。

 

もしかしてネタに詰まっているのだろうか?

ブログを書くとなれば何らかのネタやテーマが必要です。

「今日疲れた」「すげームカついた」ではツイッターで十分ですもんね。

私はネタにつまる事があまり無い人間なのでテーマは直ぐに決まるのですが、ブログで本のレビューを行なうブロガーさんはもしかして

インプット&ネタ作り&アウトプット&収益

を同時に行っているのではないか?と考えてみました。

もしそうであれば一石二鳥どころではないほど有効な方法なんだと思います。

 

しかも自分の興味があるジャンルの本に絞ってレビューを行なえばそれだけでジャンルが特化されるといった要素もあるでしょう。

 

検索流入も考えれば本のレビューほどブロガーに向いてるインプットアウトプットはないように思えてしまいます。

 

マネしてみたかったんだよぅ...

私は本を全然読みません。

思い出せば小学校時代にまともに本を読んだ記憶がない... 読むのは漫画だけであり、本を読むことが嫌いでした。

これは今でも変わりなくて仕事の分厚い資料や契約書を読むのは苦痛ではないけど本だけはどうしてもダメ。

正直に白状すると、

本『嫌われる勇気』の面白さとアドラー心理学の活かし方 - ポジ熊の人生記

の記事を読んだ時にアドラー心理学がどういったものか気になり、

「俺もレビューするぜ!ぐふふふ!」

みたいな気持ちで入手したはいいけど一ページも読まずにどこかに消えてしまうというダメっぷり。

いい年こいたオッサンのやることじゃありません。

 

私の中で本のレビューをするブロガーさんが眩しく見えたので「俺もっ..!」にチャレンジするつもりでしたが大失敗です。もう本のレビューなんて事は考えないようにします。