ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

【スーパー銭湯】サングラスをかけながら湯船につかるのはアリ?ナシ?

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

ゴールデンウィークでちょいと遊びにいった帰りにスーパー銭湯に立ち寄り火照って疲れまくったオッサンの体を癒していたところですね、なんとスーパー銭湯(かなりBIGな某埼玉の施設)にサングラスをかけながら入浴している人が...!

 

さすがの私も「ええ...!? マジっすか!?」の状態、こいつはチョットただものじゃねぇなぁ...なんて思いながら勝手にライバル心をむき出しにしつつ彼を目で追いまくってしまいました。

 

スーパー銭湯の湯舟でサングラスってアリですかね?それともナシですかね?

度付サングラスの可能性が高いのでナシ!とも言い切れないけどやっぱり異常だと思う...

水風呂でサングラスをしている若者

いつもくだらないスーパー銭湯妄想バトルを繰り広げる私、今までその妄想バトル相手は例外なく私と同じオッサンでした。

まあ剥けてるだの大きいだの小さいだの腹が出ているだの...ばっかりです。

しかし今回は若者、それもかなり筋肉バッチリで日焼けしていてイケメンで立派なモノを持っている若者です。

 

私、いつものようにサウナから出て水風呂の桶を下半身にかけてからゆっくり、そして冷たい水にビビリながら水風呂INする時にですね、ふと目に入ったのが奥の方で水風呂にどっぷりと浸かるヤツ....コイツがサングラスをかけながら水風呂INしているのですよ!

 

コレはさすがに意味不明すぎるですよね、スーパー銭湯でフルオープンの場慣れしている高レベルの私ですら「え?ええ!?」とひるんでしまいました。

そんなヤツおるんかい!と言われそうなんだけどマジでいたのですよ、場所は一応伏せてはおきますがゴールデンウィークで混雑するスーパー銭湯内においてサングラスの彼を見た人は沢山いるので「あの時のアイツかぁ....」ってな人がこの記事を読むかもですね。

もし私と同じく見た人がいたらコメント欲しいです、あれって度付サングラスですよね?

サウナではサングラスを外す 

f:id:gundamoon:20180505111508j:plain

※画像と記事の内容は全く関係がありません。これは私の趣味ガンプラ屋外撮影です。

通常メガネの人はサウナに入る時はメガネを外して外に置いておきます。

これはメガネをかけたままサウナに入ってしまうとレンズがダメになってしまうから、中にはダメにならないサウナ対応のレンズもあるし、サウナ用メガネなんてのもあります。

 

んでサングラスの彼ですがね、サウナに入る時はサングラスを外していました。

私も気になって仕方がなかったので彼の後からサウナINする時にメガネ置き場に自分のメガネを起きつつ彼のサングラスを確認、比較的薄い濃度のサングラスであることがわかりました。

鍛えられた肉体、そしてイケメン、そしてパパ

このサングラスの彼なんですが、めっちゃ体を鍛えています。そして全体的なスタイルも良い、良すぎる....もしかしてモデルなのかもしれません。

そんな鍛え上げられた肉体はこんがりと日焼けしており、これがまたカッコいいのなんのって!

 

んで気になる顔ですがね、完全にイケメン。それも小顔のイケメン、ちょっと彫りが深いイケメン、サッカー選手的なイケメン。

しかも堂々たるフルオープンなスタイル、当然のように立派なモノをお持ちでいらっしゃりまして、しかも子連れのパパで面倒見が良い爽やかなパパ!

ありゃぁどう考えてもモテルよ、ちょっとズルすぎるぐらいにイイ男でしたよ。同じ男としてあれは嫉妬するわ。

※スーパー銭湯内においてタオルでブツを全く隠すことなく闊歩&リラックスする男のスタイルをフルオープンなスタイルと呼ぶ。堂々たる漢の態度(私が勝手にそう決めている)

スポンサードリンク

 

湯船でサングラス

この超絶イケメンな彼、湯船につかっている時はサングラスをしたりしなかったり。まあしてる率のほうが高かったと思います。

 

んで私思うのです。

あれほどのイケメンで肉体で立派なブツで子煩悩的に子供の面倒を見ながらスーパー銭湯に入る若者の彼がですね、風呂場でカッコつけるためにサングラスを持ちんでいるとはどうしても思えないのです。

 

やはり度付のサングラスのままスーパー銭湯に入り、後から普通のメガネを車に置いてきてしまった事を思い出すも子供の面倒を見なければならないので仕方なく度付サングラス...ではないかと思う、これが正解でなければ何なのだ!?って感じです。

 

ただしそれは彼の動きを注視していた私だからこそココまでの思考が出来てる可能性も捨てきれません。

それに度付サングラスの存在を知らない人だって世の中にはいると思う。

 

こうなってくるとですね、スーパー銭湯内でサングラスをかけていた彼は他のお客にどうみられていたのか....気になるところです。

 サングラスをかけて湯船でくつろぐにはアリ?ナシ?

f:id:gundamoon:20180505111615j:plain

※画像と記事の内容は全く関係がありません。これは私の趣味ガンプラ屋外撮影です。

私としてはサングラスの彼を擁護する立場になります。

では彼ではなく普通のオッサンが普通のサングラスをかけてスーパー銭湯の湯舟でくつろいでいたら?若者がイカツイサングラスをかけて炭酸風呂とかジェットバスでくつろいでいたら?

その印象はイケメンの彼とは違ってくるはず。

 

目が悪くてメガネを使う人はですね、スーパー銭湯のような歩き回る風呂で目が見えないと危ないのですよ、足をつまずいて転んでしまうのでメガネは必要。それにメガネをかけての入浴はダメなんて書いてません。

 

そしてサングラス...

これだって理由を付ければ度付でなくともメガネと同じく問題がなさそうにも思えます。

でも見た目はやっぱり異常、全裸でサングラスというのは日本的ではないし、多分世界的にもないと思う。それでもスーパー銭湯内でサングラスをするならば自分の目線を悟られたくない人か、よく分からなない美学のカッコつけだと思う。

 

体に模様を入れちゃってる人ってスーパー銭湯に入れないじゃないですか、あれってのは色々なそれっぽい理由があるにせよ結局は他のお客の迷惑になる...ってこと、ハッキリ言えばその他大勢が怖がるからって事ですよね。

 

ではサングラスはどうなのでしょうか?

体に模様はないものの、体格がよくて腹が出たオッサンがサングラスをかけながら銭湯内を闊歩していたら.... やっぱり怖いと思う、それはアウトロー的な怖さとはまた違った怖さが捨てきれません。

そんなオッサンがサウナで横にピタっと座られちゃったら警戒しますよね?ロックオンされちゃってるよ...的な怖さは感じるはずです。

 

じゃあヒョロガリのオッサンがサングラスでスーパー銭湯を闊歩していたら?

今が旬のイケイケな若者がサングラスでスーパー銭湯を闊歩していたら?

 

これはとても難し問題であります。

東京オリンピックの時に問題が発生しないだろうか?

日帰り温泉やスーパー銭湯ってのは普通の銭湯ではなく温泉施設、町場の銭湯は刺青やタトゥーの人でも入れますよね、公衆浴場法ってやつです。

だからスーパー銭湯のような温泉施設が刺青タトゥーを禁止しているってのは別の意味...先にも述べたように基本的には他の人を怖がらせないためであると私は考えています。

 

ここで問題になるのがタトゥー文化のある外国人、彼らにとってみればタトゥーは文化の部分があるのですもんね、別に珍しいことではないのですもんね。

それに伝統的に体に模様を入れる部族みたいな外国人はどうすんの?ってな問題もある。

 

コレについてはコレから始まる東京オリンピックの外国人観光客の影響で色々と変わってくるのではないかと思っています。

 

じゃあ日常的にサングラスを使う外国人....アメリカの白人とかそんな感じですよね、そんな外国人観光客がサングラスを付けたまま湯船に入っていたら...

しかも高レベルの日本人オッサンのようにフルオープンでリラックスしまくったり闊歩されちゃったりしたら... これは問題的行為のように思えます。

 

ただでさえ筋肉質な肉体をもつ外国人、しかも立派なものを持っており、しかも彫りの深いイケメンなのですよ、そもそもアイツらは禿げていてもカッコいい。

この時点で同じ人間としてズルいじゃないですか、こっちは被ってるのにも関わらずフルオープンで頑張っているというのに!湯船でコッソリと剥いたりしているというのに!

 

私としてはですね、スーパー銭湯でスッポンポンにになる文化に抵抗があって恥ずかしがる外国人に「フフ、君たちは精神がまだ弱いな」みたいな感じで堂々とフルオープンの漢らしさを見せつけて勝つつもりではいます。

しかし彼らがジャグジー感覚で露天風呂で集団でサングラスとかやられちゃったら勝負にならないかもしれない...

 

結論、スーパー銭湯内でサングラス無し。

 

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。