ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

科学技術的に考えても自発的な「真の」謝罪は無理な話だと思うの

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

政治の話はあまりブログでしない方が良いのは分かっているのだけど意味不明というか「えっと...えぇ?」なんて聞き返したくなるような政治ニュースがありました。

 

記事タイトルで直ぐにピンと来る方は政治通なんでしょうね、「自発的な真の謝罪」とは慰安婦問題について韓国側の意見です。

www.yomiuri.co.jp

韓国政府としては長々とこの問題をやり続けていきたい、なんて思っていましてむしろ本当は解決したくないんでしょ?なんて思っている私、双方納得の上で解決する策は多分ないのでしょう。

 

んでニュースにも出ている自発的な真の謝罪ってやつ...

これまた難しい事をおっしゃり始めたと思うのです。

タイムマシーンが必要

かつての日本が韓国政府の言うように極悪だったのかどうかを現代日本人の価値観で判断する方法はタイムマシーンでも開発して直接現地に行って調べるしかない究極の方法としか思えない部分があります。

 

それで現代日本人一人一人が自分の先祖に会い、歴史の事実と韓国政府の主張するような日本であるかを現代日本人の感情論で判断、そこで真にゴメンナ...と思って初めて自発的な謝罪が可能になる気がする。

 

つまり「自発的な真」の謝罪を現代日本人が行うことはどう考えても難しい。

  • タイムマシーンの開発
  • 一人一人が先祖に会う

自発的な真の謝罪を行うには先ず二つの項目を行う必要があり、かつ韓国の主張が事実であり、かつ現代日本人が悪いと思わなければならず、しかも悪かったと思う現代日本人が大多数である必要があり、さらに自分から謝罪したい気持ちも必要...


そんなの無理な話...

事実がどうであれ「真の」という言葉が付いたら無理な話なんです。

自発的に真の謝罪を行う場合とは?

私個人で自発的な真の謝罪を考えてみるとですね、

例えば道を歩いている時に熟女をガン見してしまい道を歩く小さな子供にぶつかって転ばせてしまったような場合、

自発的な真の謝罪を行います。

 

運転中に道を歩く好みの熟女をガン見してしまい信号待ちをする車に追突してしまった場合、

自発的な真の謝罪を行います。

 

コンビニのフォーク並びに気が付かないでレジに割り込んでしまった場合、

自発的な真の謝罪を行います。

 

上記は例えなんだけど自発的な真の謝罪を行うとはあくまで個人が行うものであって個人の集合体である国家が自発的に「真」の謝罪をする事は不可能に近い、

少なくとも真の謝罪とは当事者でなければ出来ないことであり、タイムマシーンの開発が無理ならば過去の当事者のクローンでも作って謝罪させるとかしかない。

 

当事者のクローンを作る

そのようにして作られたクローンの謝罪が真の謝罪と呼べるかどうかはこれまた難しい問題なんだけどコレが最も真の謝罪に近い形だと思う。

 

しかし真の謝罪を行うプログラムが組まれたクローンの行動とは自発的行動とは呼び難いモノがあるし、そもそも韓国政府の主張するような慰安婦問題があったとすれば現代の価値観でいう悪人のクローンを作ることになる。

人間のクローンを作るだけでも倫理問題だというのに、そんな謝罪を行う為の悪人クローンを作って問題がない訳が無い。 

 

そしてそんな悪人クローンに自発的な真の謝罪が可能だろうか?という問題もあるし、これがまた困難な過程が多すぎる。

  1. クローンを作る
  2. 当時の価値観でプログラムを行い、当時の年齢まで成長させる
  3. 韓国の主張するような悪人の当事者になるようプログラムをする
  4. プログラムで韓国の主張する悪事を行った記憶を植え付ける
  5. クローン当事者に現代の価値観を勉強させる
  6. クローン当事者に悪い事をしたと判断させる
  7. 当事者クローンを全て同じ状態にセッティングする
  8. クローン当事者達が自発的に真の謝罪を行える環境を作る

 

いくらなんでも無茶すぎる。

クローンによる謝罪が自発的な真の謝罪に最も近い形とはいっても当事者分のクローンを作る必要があるし、悪人を反省させる過程がものすごく難しい。

多分タイムマシーンが必要になる可能性もあるし...

 

よって当事者のクローンも無理すぎる。

 

現代の科学技術をもっても不可能なことを要求してる感

事実がどうか?の問題があるにして、それが仮に事実だとしても「真の」という言葉が付いてしまうと現代日本人に自発的な真の謝罪は不可能としか思えません。

それを可能にするにはSF映画級の科学技術が必要になるし、そのような技術があったとしても真とは言い難い謝罪になってしまいます。

 

つまり「真の」が付く以上はどう考えても不可能な話というのが答えであり、その答えを分かっての意見であれば私には合わない考え方ということになります。

そこんところをハッキリとして欲しいな...と今回ばかりは思いました。

 

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。