ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

お問い合わせフォームから捨てアドで恋愛相談してくる人

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

当ブログは記事に広告を貼っているのて「お問い合わせフォーム」ってヤツを設置してあります。

それでお問い合わせフォームから長文のお問合せがこないようにテキスト入力欄は極小状態にしてあるのだけどロング文字数なお問合せが来ることも...というかきました。

いや、もはやお問合せというよりも恋愛相談のようなロングな長文で何かの記事に対してというわけではありません。

 

簡単に言ってしまえば同じビルの同じフロアの別会社の男性が好きになったのだけどどうしたら良いのでしょうか?というアドバイスを求める内容、

それで私なりに考えて1000文字ぐらいの返信文字を書いたのに捨てアドで返信が出来ないっつーね....

捨てアドで濃い内容にお問合せを私にするってことはリアルの私ではなくブロガーガンダムーンの記事として読みたいという事なんでしょう。

分かりました、書きますよー!

男も女も愛せる男性

お問い合わせの内容は何かのコピペ的内容ではありませんでした。

普段から私のブログを読んでいらっしゃる方ではてなブロガーではないとの事、とくに読んでいるのはオッサン論やろ夜のおかず論カテゴリー。

これが毎回楽しみで仕方がないという男性...

 

まあ...その何と申しましょうかね、男性と名のるお問合せ主が好きになった人は男性なんですね、ただ本人は女性とも普通に行為を行うの方という事でどっちでもイケちゃうってな考え方のようです。

 

そんな相談を私のようなオッサンにしても困っちゃうよ。

しかも好きな人がいるっていいよね!みたいな感じでまるで私にも好きな人がいて同士みたいな感じのお問合せというか雑談みたいな感じ。

それは確かに当たっている部分はある、でもこの男性はどうも私も男に惚れていると勘違いしているような感じ...

それは私のブログの書き方に問題アリなのは分かっているよ、女性を野郎と書いたり野女とか書いたりしちゃうからね。

仲間意識の高い恋愛相談

「M男」「オッサン」といったキーワードがまずいのでしょうかね、お問合せ主は私とう人間を

  • 基本的には女性が好き
  • まだ男性は未経験
  • 心の中では男性と何かしたいと思っている
  • 今オッサンが好きな人は男性
  • 恋愛っていいよね!

といった仲間意識がかなり強い、というよりも私がそのような人間である前提でのお問い合わせというか恋愛相談。

 

うーん...

私は男と何かしたいと思っていませんし、好きな人は男ではないし、男性同士の経験はありません。

という事でゴメンね、丁寧で真剣なお問合せをもらったのに男男間の恋愛は全然アドバイスは出来ません。

 

でもオッサンの恋愛感情については私なりの意見もある、だからその線で考えてみました。

 

f:id:gundamoon:20180303232121j:plain

 

お問い合わせをくれた方は男性を好きになってしまった男性という事でカテゴライズするなら禁断の恋...

 

禁断の恋はいいよねぇ、

実際に何かのアクションを起こしてしまってそれが周囲にバレる大変なことになるのが禁断の恋ってヤツなんだけど自分の頭の中で禁断の恋を妄想する分には何ら悪いことはしていないし誰にも迷惑をかけてないもんね。

でも何かアクションを起こしたくなっちゃうってもんだよねぇ... 

告白する前に「夜のおかず」にした回数や妄想シーンを良く考えよう!

私は男性、お問合せ者も男性、立つ場所も同じでそこから出るものも同じ...ということで男性ならではの告白前の恋愛感情についてリアルに書く。

そもそも論だけど、もういい年こいた大人なんだからテレビドラマのようなフィクション丸出しの恋愛論なんか語るつもりはないしお問合せ者もそんなものは読みたくもないはず。

 

んで男のリアルな恋愛感情....

それも告白前ってんなら対象者を夜のおかずにした回数及び妄想シーンがかなり重要だと私は思っている。

 

「何言ってんだこのオッサンは!」

と思う方もいるでしょう、でも私は自分の考えに自信がある。

 

単純にヤリたいだけの対象の場合、夜のおかずにするにしたって妄想だけではけっこう難しいものがありますよね、それは相手の反応を妄想しての行為になるのでそれなりに自分勝手な妄想になる。

中学、高校生ぐらいまでならそれでも良いでしょう、しかし我々は大の大人。

ネットで似たような雰囲気の人の動画を探してそれを夜におかずにするぐらい簡単なこと... まあお問合せ者は似たような男性のおかずを探すとなればハードルは高いと思う。

 

私が思うにこのような夜のおかずにしてしまう恋愛対象者は好きというよりも好奇心でヤリたいだけそれなりに好きなのかも知れないけど恋愛とは違う。

そのような夜のおかず対象者で妄想抜きは何度も出来ないでしょう。

 

では恋愛な夜のおかず行為とはどのようなものになるのか...

まずもって夜のおかずにする回数も比較的多め、なぜなら対象者が好きだから。

 

そして夜のおかずにおける妄想シーンとは自分が攻められる系の妄想、これはM男という性質もあるのだけど基本的に男性が誰かを想って夜のおかずとする場合、目をつぶって仰向け状態かつ夜のおかず対象者に攻められるシーンの妄想...これが最も恋愛的な夜のおかず行為だと考えています。

 

つまりは自分が相手を好きであるのと同時に相手にも好かれたい。

言葉を変えれば愛しているし愛されたい...といった人間が持つ当たり前の感情論故の攻められる系の妄想になるはずです。

もちろん自分が攻めるシーンも夜のおかずとして妄想するのだけれど、それは告白が成功した際のリアルな行為にとっておいたほうが良い...と私は考えている。

 

やっぱりいい年こいたMオッサンならばこれぐらいの気持ちで禁断の恋を楽しむべきであり、これは決して恥ずかしいことではない。

人前で言いにくい話なだけでいたって健全な考え方である....そんな風に私は思っています。

 

これは一応はお問合せ者さんに向けての記事なんだけど考え方としては男女間の恋愛においても十分に通用するはず、とくに甘えん坊なM男には共感して頂けるのではないかと考えています。

 

ちなみに女性の考える夜おかず論はよく分かりません。

やっぱり受け身な妄想が基本になるのでしょうかね、そうなると愛されたいを基本とした夜のおかず行為になるでしょうか、この辺は非常に興味がありますし私としても「女性は愛される存在であるべき」と考えているのでそれほど間違ってはいない自信があります。

 

最後までMMしい記事を読んで頂き、本当にありがとうございました。