読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ作成ボタンを押しちゃった

マニアックなオッサンのブログ

グーグルさんはあんまり偉ぶってると大変な事になると思う

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

グーグルが日本語検索の検索アルゴリズムを改善して低品質なサイトへの対策をしたと発表しました。

個人的には昨年問題になったwelqのような手法にメスを入れる改善だと考えておりますが、どうにも抽象的すぎます。

こんな事を言うとグーグルさんに怒られそうですが、営利企業のくせにこんな抽象的すぎる発表をする姿勢はどうにも後手後手で逃げ腰のように思えてなりません。

グーグルさんはもっとハッキリと言う責任がある企業だと思うのですが...

抽象的すぎる

まず発表の内容がこちら

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 日本語検索の品質向上にむけて

日本語検索の品質向上にむけて
2017年2月3日金曜日
Google は、世界中のユーザーにとって検索をより便利なものにするため、検索ランキングのアルゴリズムを日々改良しています。もちろん日本語検索もその例外ではありません。
その一環として、今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。
今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図しています。このような改善が、有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを期待しています。
この変更で、Google が認識する日本語検索の問題すべてを解決できるとは考えていません。検索品質向上のために、継続的にサイトの品質評価アルゴリズムのさらなる改善を行って参ります。

発表文の最後にグーグルさんは日本語検索の問題と言ってますが、これが逃げの姿勢が色濃く表れる表現に思えてなりません。

全体的にぼかした発表文なのは毎回としても、言いたい事は道徳的にやってくれって事なんでしょう?

だったらそう書くべきであって、小学校で習うような道徳教育に沿うような基準... こんな風に書いた方が分かりやすいし逃げの姿勢も無いはず。

 

もっと過激に書くとすれば日本的な礼儀や恥の文化を重んじたオリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイト... まあコレでは発表出来ませんよね。

察してくれという事なんでしょう。それは分かります。

でも昨年起きた問題で今この発表文では遅い対応に見えるし、対応が遅れた期間にグーグルが失った信頼を取り戻せる内容の改善文には見えません。

 

インフラ企業という感覚があるの?

welqが引き起こした問題は企業の理念の問題である事はみんな分かってますよ、もっと言えば仕組みを考えて指示した人間の問題なんだと思います。

だからDeNAは謝罪会見したんじゃないですか。

 

ここでグーグルの責任も問われるはずだと思うんですよね、インフラ企業なんですから。そういうサイトを検索上位に表示していてゴメン...するべきなんですよ。

それが日本的な道徳の規準だと思うのです。

 

そしてこのような内容が今回の発表文に含まれていて、それでも失った信頼はマイナスからスタート....

日本ってこんな雰囲気の社会じゃないですか、何か不祥事があたら謝ってから再スタートみたいな。

しかしグーグルさんは認識する日本語検索のすべてを解決できるとは考えてません...ってな上から目線です。 

コレ、ちょっとまずくないですかね

 

究極的には行政がこのような姿勢でも国民は怒って影口を叩いてお終いなのが日本だと思うのです、最終的にはお上にには逆らえないみたいな。

ただグーグルさんはインフラ企業といっても営利企業ですからね、そして企業として最も重みを置くべき部分は検索... って事を考えればビジネスチャンスがあるってもんです。

 

和製検索エンジンの開発して欲しいな

私は過去に海外に向けた情報発信サイトを行っていた経験があり、それは収益化がとても難しいと実感しております。

これはネットにノウハウが公開されていないってのもあるし、私の能力も低いってのもあります... でもそれだけじゃないです。

 

やはりローカライズされた言語はとても大切でして、人が何かを考える時はローカル言語で考えるのではないか? それを世界に向けて発信する時に英語になるのではないか?

と考えており、多分グーグルさんもローカル言語の大切さは良く分かっているはずだと考えています。

そしてグーグルさんに無いローカル言語で物を考える人を対象にしたローカル言語検索エンジンの存在に気が付いた時に国家や民族の考え方と、日本からの情報発信に挫折しました。

しかもそのようなローカル言語検索エンジンを作っている人に元グーグル社員が絡んでいるって事が分かった時にはグーグルの弱点も見えたように思います。

 

そしてグーグルは出身ローカル言語に精通したメッチャ頭の良い人を採用しますし、現在はトランプさんがアメリカに入るな命令を出した国の人対応でIT企業は焦ってたりもしますね。

 

こんな風に考えてみると、日本は先進国でアメリカの仲間という事で安心しきっていたらヘマこいたぐらいの感覚なのでしょうか?

それとも今回の発表は先進国日本においてグーグルの限界をさらけ出す結果でマジヤベェけど突っぱねるの姿勢なんでしょうか?

 

グーグルのお偉いさんはローカル言語検索サイトを見た事あるの?

実務や担当者はローカル言語検索サイトをチェックしまくっているはずです、だって元グーグル社員が思いっきり絡んでいるし。

ただお偉いさんはどうなんでしょう?

ローカル言語検索サイトのトップに表示されるニュースやカテゴリーって大分違うんですよね... 体の調子が悪いについての検索結果なんかは日本と全然違ったりした結果を目にした事もあるし、私の得意分野であるニッチなノウハウ系なんかはヒットしない場合もあれば、その国家の輸出産業で大事なんだよ~みたいな雰囲気が一位だったりするんです。

つまり考え方が違うので、検索上位も違う。

当たり前の事なんですけど難しい...例えば「水」ひとつとったって国によって検索結果上位は異なるはずですもんね。

 

んでDeNAですよね。

検索で知りたい情報がある程度網羅されてるとはいっても、「かもしれません」連発で正確でない情報を垂れ流し、かつ恥も外聞もなく目立つ... 収益を求める姿勢は分かりますがグーグルさんの言う日本語の問題、

つまりローカル言語ですよね... もっと言えばローカル言語の考え方で道徳的にNGなやり方を検索上位に表示させつづけてしまったグーグルさんの責任です。

 

まあ仕方ない部分もありますよ、グーグルの検索エンジンがシェアNo1なんですもんね、yahooもグーグルさんの使ってますもんね。

 

そんで日本は先進国でアメリカと同じ価値観で問題ないと思ってたんですもんね、つか今でもそんな風に思っているから上から目線なんですよね。

 

日本人の元グーグル社員さん作ってよぅ...

これは私の妄想ですが、welqが引き起こした問題は再発すると妄想しています。

それはグーグルさんがペナルティを化す前にDeNAがゴメンナサイしたから。

しかも次はもっと凄いやつが現れると妄想しています。

 

そんな時が日本に訪れた時はもの凄いローカル言語検索エンジンビジネスチャンスだと思うのです。

もしかすると、そのような動きは超クローズドな水面下で行われていて一般庶民の耳には入る事がないのかもしれません。

私としては日本人の元グーグル社員さんで道徳的アルゴリズムを考慮した検索エンジンを使ってみたいのでお願いします。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

私のようなオッサンが偉そうな事いって申し訳ありませんでした。謝りますので許して下さい、ごめんなさい。