ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

ソニーのスマホ「Xperia XZs」にはストラップのヒモを通す穴が無い

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

私、困ってます。

先日変えたソニーのスマホXperia XZsなんだけどストラップのヒモを通す穴が本体にありません。

これじゃぁ使っている時に脂ぎったオッサンの手からXperia XZsが滑り落ちて落下するのは目に見えている....ってことで仕方が無いからPS VITAのケースに入れて持ち歩いていました。

f:id:gundamoon:20180424131531j:plain

※自分のことだけどいい年こいたオッサンでコレはさすがにどうかと思う。

しかしPS VITAのケースはどう考えてもXperia XZsに対して大きすぎるしポケットに入らない、仕方が無いのでPS VITAのケースに入れたものを更にカバンに入れて持ち歩いていると電話の着信音が全く聞こえません。

ソニーさん、これどーすんの...

ストラップホール無しスマホXperia XZs

f:id:gundamoon:20180424123013j:plain

これがXperia XZsの横画像。

最初はUSB Type-Cのコネクタ横にある小さな穴で何とか出来るのではないかと思っていましたがどう考えても不可能。

USB Type-C最高!の記事はこちら

反対側の背面は?というとこんな感じ...

f:id:gundamoon:20180424123633j:plain

穴的な場所はイヤホンジャックしか存在しません。

なにコレ...

イヤホンジャックのストラップホール化

このままではどう考えてもストラップが付けられません。

という事で楽天で「何かないかね...」と調べているとイヤホンジャックをストラップホール化するアイテムが!

アルマニア ストラップタイプ ヘッドフォンキャップ アルミニウム削り出し(全8カラー ストラップ付き)イヤフォンジャックアクセサリー スマホピアス シムトレー SIM交換

 

そうですね、どう考えてもこのようなアイテムで後付けにするしか方法がありません。

しかしイヤホンジャックの位置が上部側になり、ここにストラップを付けて操作するのは何か違うような気がしてなりません。

コレ以外の方法は手帳型のカバーを付けて手から滑り落ちないような取っ掛かりにする、または手帳型カバーにストラップを付ける方法...こっちのほうが良さそうです。

XPERIA XZsにスマホにストラップホール無しの理由

オッサンな私としては「入れたいのになぜ穴がないのだろう?」といった素朴な疑問しかありません。

その理由を少しネットで探ってみるとですね

  • GALAXYやiPhoneがストラップ無しでも売れている
  • 落下時の過大な応力が加わってしまうかもしれない
  • 需要とコストの関係
  • ストラップホールに需要が少ない
  • デザインを考慮して

どうもこの辺りに答えがありそうな雰囲気、もしかするとこのような項目全てを総合的に判断した結果ストラップホール無しでも大丈夫でしょ、どうせスマホアクセサリー製造販売メーカーが色々と考えて作って売るんだし...のように思えます。

それにこんな事を言ってはなんだけど本体製造メーカーとしては新製品を次々と世に出さなければならないってもんです、だってそれが仕事。

ユーザーとしては安い機器ではないから長く使いたい...ってな気持ちがあって当たり前、でもあまりに長く使われてしまうと製造メーカーは..ってな話にもなる。

スマホ機器の買い替えサイクル

家電は10年サイクルで買い替えってな考え方が昔からありますよね、テレビなんかだと5年~6年なんて考え方もあります。

パソコンになってくると少し考え方が変わってはくる、とくにwindosPCの場合はそれなりのタイミングでOSが新しくなるのでマイクロソフトの意向で買い替えサイクルもある程度決まってしまうように思います。

 

ではスマホはどうなのでしょうか?

キャリア携帯といった考え方をすれば契約の2年縛りが一つの考え方のように思えます

つまり2年、4年、6年...って考えると現実的には2~4年ってなことになるのだと思う。

しかしこれについては今後方針が変わる方向に...

これで自動更新と解約金について新し動きが生まれるのは確実でしょう。しかし大手キャリア3社がすんなりと対応させるようには思えない、すぐに抜け道的なプランを用意してくるとしか思えません。

1年縛り、3年縛り、4年縛り... こんなのが出てくるのでしょうか?

もしかすると経営者は縛るのがお好きなようですね、私は縛るのも縛られるのも好きです。

 

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。