ブログ作成ボタンを押しちゃった

マニアックなオッサンのブログ

仕事できない人間が新規案件に挑む

スポンサーリンク

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

私は深夜に様々な場所を徘徊して写真を撮る趣味があります。

そんな深夜の徘徊では警察官に職務質問されたりオッサンに話しかけられたりヤンキーに話し話しかけられたりする事があって、つい先日深夜に知り合ったヤンキーさんが仕事を紹介してくれるとの連絡がありました。

人は見かけで判断しちゃいけませんね!

建設会社の社員

深夜に知り合ったヤンキーさん、改造バイクを乗り回してとてもイカツイ雰囲気の方なのですが話すと怖い方ではありませんでした。

バイクが趣味、仲間と改造バイクを深夜に乗り回すのが一番の楽しみで昔で言う暴走族とはちょっと違う感じです。

暴走族のアイテムである特攻服も着ていないし喧嘩をするといった感じでもありません。

ただ見た目が異常に怖いだけ。

 

そんなヤンキーさんの会社で使っている作業服がダサいらしく、私の会社も作業服を扱っているという旨を社長さんに話してくれて、しかも会ってくれるってな嬉しいお知らせ!

 

作業服って儲かりません

作業服の取扱いは本業とまではいきませんがソコソコ大きな売上があります。ただ作業服って利幅が少ない。

そりゃこっちが値段を上げて提案したって問題ないですけどそれじゃあ仕事がとれないってもんです。

 

最近では他の仕事をとるために作業着は利益ゼロで収める会社なんかがあるから困ったもんですよね、そんな会社と戦っても勝ち目は全く無いので名入れしたりオリジナル性を出したりと色々と考えなければなりません。

...っていつもそういった差別化の部分はいつも任せっきりで私は何もしないんですけど今回だけは絶対に自分でやらなければなりません。

 

なぜならこの案件は私が深夜に徘徊して知り合ったヤンキーさんの紹介だから。

 

私の会社には私より全然仕事が出来る営業マンが2人いて、彼等がプレゼンしたほうが絶対に上手くいくし利益も取れるとは思う...

しかし彼等が伺うって事は私のマニアックな趣味がバレる可能性があるという事でもあるし、もしかするとブログもバレるかもしれません。

 

そんな事はあってはならんのです!絶対に!

 

という事で部下(ドズル君)の資料やサンプルを拝借して行くつもりだったけど、ドズル君が貸してくれない...

一緒に行って自分がプレゼンしますからwwwとか言われてもコレばっかりは困る。

 

仕事が出来ない社長

はい、私の事です。

私の会社は部下でもっているようなもんです、部下がいないと仕事が回りません。

 

んで彼等がやっている仕事内容は把握していますが、どこで身に着けたのか不明すぎるスキルがチラチラ見えます。

シャア君(出来る営業マン)などは数年前から英語が出来るようになっており、今では年に一回の海外出張をするほどまでになっております。

 

このシャア君の行き先はアジアでして始めてシャア君が出張に行く事を提案した時に私は反対しました。

でもシャア君は引かなかったんですよね、絶対に決めて来るから行かせてクレ...! で、私が折れまして結果的にシャア君は一人で小さな案件を形にしました。

 

あの時は私とドズル君とシャア君の彼女の3人で空港まで車で送りに行ったんですよね、

そんでシャア君はスーツケース持って無くて彼女の可愛らしいスーツケースなんか持っちゃって飛行機乗る前からスーツなんか着ちゃっててね。

 

でもあの時のシャア君は最高にカッコ良かったです。

 

他にも海外出張するな偉そうな服を着た企業戦士が沢山いたけど

シャア君が一番カッコ良かった!

そりゃね、大きな会社の方は年数回の海外出張とかあるでしょう。中には旅行気分で行く人だっているかもです。

 

ただ零細企業の営業マンが海外出張に行くってってことはもの凄く重い仕事です。なんたって大きな会社のような後ろ盾がないですからね、シャア君は海外出張に行く一週間前ぐらいから誰も寄せ付けないオーラが出まくっており目が怖いです。

 

まあ零細企業で海外出張は凄い事だと私は思っているので年一回を馬鹿にする事は許されません。

 

 

イカン、色々考えてたら泣けてきた。

 

そんなシャア君は私の能力をはるかに超えており、いつ独立してもやっていける状態にしか見えません... って始めから私の能力を超えていたけどwww

ドズル君だって強引さを少し抑えれば独立してやっていけるように思えます。

こんな事を考えると私はまだ現役でやっていられますが、これがあと10年、20年もした時に彼等が私の会社にいてくれるとは思えません...まあ普通に考えても独立しますよね。

 

こうゆう時の零細企業社長ってどうすれば良いのだろうか....

やっぱり新しい人を雇ってノウハウを注いでもらうべきなんでしょうかね?

 

彼等に言わせれば私が仕事できないから手伝ってやってんすよwww みたな感じなんだけどこれで新人を入れるとなれば色々と状況が変わるってもんです。

それとも役員とかの方向で考えるべきなのだろうか...でも小さい会社だしなぁ...

悩むなぁ...

 

 

私の新規案件は出所不明なものばかり

シャア君とドズル君が取ってくる仕事は出所明瞭です。

取引先つながりで紹介してもらった案件が多くてこれぞ営業マン!みたいで凄いですよホント、憧れます。

 

対する私の案件は「近くの...」とか「知り合いの...」みたいなものばっかりです。

つまり会社として仕事を取っていないんですよね、私は。

 

もうずっとこのやり方だったんです、だから一人でやっていた時は大きな会社に出向くなんて事はありませんでした。

それがシャア君、ドズル君が入ったことによって大きな会社へ出向く事もたまにあるようになりましたよ、そんな時は物凄く緊張してキレイなオフィスビルで喫煙所を探しても無くて焦ったりします。

 

...やっぱり私も変わらなければならない時期なのでしょうかね。

 

新規案件をゲットしてえばりたい!

このまま部下に差をつけられっぱなしじゃマズイですもんね、私だって新規案件をゲットしないと示しがつかないってもんです。

それに私だってたまにはえばりたい!

 

そりゃドズル君がいたほうが安心してプレゼン出来ることは明白ですが、今回ばかりは自分の力でやりますし、やらなければなりません!!!

私だってそれぐらいやってやるんだぜ!

うぉぉぉ!!!

 

まあ難しいとこはドズル君にやってもらおう。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

自分に気合い入れる意味も含めて感情論で書きなぐってしまいました、ごめんなさい。