ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

雪かきをして「ありがとう」を言ってくれるのはお年寄りのみ!

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

東京都内、雪降りましたね、それで積もっておりますね。

それで雪かき...

やったからといって誰かにお金が貰えるわけじゃないんだけど会社の前とか家の前とかの自分が居る場所ぐらいは雪かきをする人もそれなりにいるでしょう。

ただ大企業の本社ビルとかになってくると雪かきはちょっと別の話になりますよね、それに目の前の雪よりも重要な仕事とかしてるだろうし。

 

他にも賃貸のワンルームマンションなんかも微妙な感じ、きっと賃貸ワンルームマンション住まいで雪かきがしたくてウズウズしている人もいるでしょう。

 

んで私も自分のエリアを雪かきしました。

個人が勝手にやる雪かき

雪かきとはいっても都内の歩道とかの雪かきは基本的に個人が勝手にやっている事、行政から依頼されているわけでもないからお金が貰えるはずもないです。

それでも雪かきをやるのは皆の為精神でしょうかね、他に商売で店舗を構えている場合は雪かきぐらいしないと話にならないでしょう。

 

でも個人が勝手にやる雪かきはそれだけじゃない...

なんというかですね、「雪を味わいたい」この気持ちもかなりあると思っています。

それに加えてポジティブな心を持った人が勝手に雪かきをするのだと思う。 

やった後の達成感もありますよね。

都内の雪かきとは少しだけ徳ポイントをゲット出来るチャンスなのかもしれません。

 

声をかけてくれる通行人

f:id:gundamoon:20180123131035j:plain

雪かきをしていると声をかけてくれる人がたまにいたります。

んで私も数回は「ありがとう」の声をかけられました。

一回「ありがとう」を言われても一円にもならないけど感覚的には20円ぐらいの価値はあるような気がします、つまり一回20徳ポイント。

 

ただ声をかけてくれるのは大体お年寄り...というかお年寄りのみ。

私が通行人のためを考えて作ったルートを通っていくお年寄り以外の人は今目の前で雪かきをしている私に目もあわせようとしません。

それは私がキモイオッサンだからでしょうかね、まあそれも間違ってはいないとは思うけど軽く会釈ぐらいしてくれたっていいと思う。

 

好みの熟女がガン無視

一円にもならない雪かきをやっているんだから少しばかしの下心ぐらい持っていたってバチは当たらないはず、私はせっせと雪かきをしながら熟女の接近を感じる度に

「出来る俺」

な雰囲気で雪かきをアピールしました。

それで熟女は私が雪かきをしたルートを歩きつつも滑ってしまう、そこでパワフルに雪かきを行う頼もしく、そしてたくましい私にしがみついてしまう。

私の顔はキモイものの雪かきで汗ばんだ体から男らしい湯気が立ち込める私に熟女は一発で心を奪われる...

なんてことかあるはずもなく現実はガン無視で私の前を通りすぎてゆく熟女、もちろん私の目の前で雪で滑って転ぶことはない、なぜなら私が雪かきをしたから。

 

「ありがとう」の言葉をお年寄りから5回は頂いているので100ポイントは徳が溜まっているのに...まだまだポイントが足りないようです。

 

「ありがとう」と言えるお年頃はいつなのか?

ありがとうを言えない人を批判しているわけではありません。

というのも私自信も雪道を歩いていて雪かきをする人に「ありがとう」を言いません。

心の中では「ご苦労様、俺もさっきやったぜ....!」ぐらいの気持ちがあるものの声に出しての「ありがとう」は言わない、言えない...といった感じです。

 

でもお爺ちゃんお婆ちゃんは見ず知らずの雪かきオッサンに対して「ありがとう」を言う、しかも結構気持ちがこもっている「ありがとう」でした。

 

これってのはやっぱり年齢のなせるわざのように思えます。

自分の気持ちを素直に伝えられる、それも見ず知らずのオッサンに伝えられるの簡単に出来ることじゃぁありません、それが自然と出来るような年齢に私もなれるといいな...なんて思う。

私の限界寿命は持病とかあるので60前後、70は医療技術が激しく向上しないと無理なので55ぐらいになったら「ありがとう」と言えるようになりたいです。

 

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました!