読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ作成ボタンを押しちゃった

マニアックなオッサンのブログ

ゾンビネタにチャレンジ

どうもガンダムのオッサンです。

 

ネットの世界で散々語られてきたゾンビ対策、答えはホームセンターとすでに固まっていますし、それで間違いないと思います。

しかし絶対に外せない要素がある...

どうやってホームセンターまでたどり着くか?

たどり着いたホームセンターに先客がいた場合はどのようにして入れてもらうか?

 

この二つは絶対に考えておかなければなりません。

加えてホームセンターはゾンビ対策としてネット情報で広まりすぎている事もあり、プランBを考えておかなければ到底生き延びる事はできません。

 

オッサンなりに色々と考えてみましたので聞いてやって下さい。

情報入手

ゾンビの発生を自分の目で確認できるような状況は危機的すぎます。

仕事中にゾンビが会社に侵入してきたらもう破滅的、外はゾンビで溢れている可能性が高いので会社に篭城しかありません。

体力や食料を考慮し、最終的に外のゾンビを突破する必要がある事を考えるとネットが繋がっている間に様々な情報をダウンロード、出来れば印刷。

 

しかしこのような状況で助かる可能性はとても低いです。

そうなる前にゾンビ発生の第一報を入手できるツイッター等の環境を整えておくべきです。

 

ゾンビの発生場所から離れているほど生存確率が高くなるのは言うまでもありませんね。情報通とお友達になっておくのも良いかもしれません。

 

さて、本題にはいります...

 

プランA ホームセンター

ホームセンターはどうしても最初の目標にするしかありません。

ただ行けるかどうか?

ですよね、やっぱり。

道路は渋滞or放置車両でしょうから車は無理、治安が守られている可能性も低い... と考えればバイクか自転車でしょう。

しかし自転車はゾンビでない人間に奪われる可能性がとても高い...

やはりバイクが一番たどり着ける可能性が高いと思っています。

でも普通のバイクやスクーターでは道に散乱した物体等を乗り越えられない可能性が高いので車高の高いオフロードタイプのバイクが理想的です。

治安が不安定なのは確実なので、ステーキナイフやフォークといった物をバイクに貼りつけまくってマッドマックス感を出すべきです。

 

またバイクにのる自分を大きく見せる為にも厚手の服に鎖などでデコレーションすべきです。

顔は黒マジックなどで塗りたくり、いかにもやばそうな雰囲気を出してオフロードバイクにまたがればホームセンターまでたどり着ける可能性が高くなるはずです。

 

ホームセンターにバリケードが築かれる前に到着すれば初期メンバーとして優位に立てますね。

 

ホームセンターに先客がいた場合

準備や移動に遅れてホームセンターがすでにバリケード状態の場合、よほどの事情がなければ入れるとは思えませんし、あなた一人の為にバリケードをどけてくれるとも思えません。

このような状態ではホームセンターに近づくことが危険です。

交渉を行なう事はやめてプランBに移行しましょう。

 

ただし、小さな子供を連れている場合に限っては中に入れてもらえるかもしれませんが、入れてもらったところでゾンビに囲まれているホームセンターが落城するのは目に見えています。

自衛隊が機能している雰囲気であればなんとしてでも中に入れてもらう、そうではないのであればプランBしかありません。

自衛隊が機能しているかどうかは上空ヘリ動きや方向を注意深くみるしかない。ヘリが飛んでいないともなれば最悪。

 

プランB ドン・キホーテ

私は始めからプランBを選ぶほうが正解のように思います。

ホームセンターほど物量や種類はありませんが大抵のモノは揃っています。

「ドン・キホーテもホームセンターじゃねえか!」

ってな突っ込みがあるのは分かっています。

しかしですね、東日本大震災の時... 当日の最後に人が物を買い求めにいった場所がドン・キホーテだったのではないか?と考えており、実際に私もドン・キホーテは最後でした。

そんなドンキは東日本大震災発生当日の深夜、まだ物が買える物量であり、店内は人でごったがえしてレジが行列といった雰囲気でした。

これは私の想像ですが、「どこへいっても物が売っていない」を経験した人で「そうだ!ドンキ!」と頭に出てきた人が集まったのだと考えています。

 

このような理由により、周囲のゾンビ状況を確認しつつドンキで篭城のほうが生存確率が高いと考えます。

 

ゾンビ話は設定が重要

ゾンビネタ設定により生きのびる方法が変わってきます。

例えば映画バイオハザードなら普通の人が生き延びられる可能性はとても少なく、主人公アリスに好かれる子供ぐらいのポジションが必要です。

 

んで私が考える普通の人が生き延びられそうな設定のゾンビ映画は

「ショーン・オブ・ザ・デッド」

>ショーン・オブ・ザ・デッド【Blu-ray】 [ ケイト・アシュフィールド ]

 

ゾンビ映画にコメディ要素を取り入れまくった映画でして普通の人が普通に生きのびる様が描かれております。

特殊能力や激しいアクションが無くても生き延びられるってのは普通の人...とくに私のような普通のオッサンにもゾンビに襲われた場合でも何とかなるんじゃね?といった希望を与えてくれます。

 

最後に...

ゾンビ対策マニュアルを作るつもりでしたが、これはかなり難しいテーマだと実感させられました。

私にはハードルが高すぎたようです...

 

なにか消化不良というか悔しい感じがするので、今度は初心者向けのワードプレススタートガイドでも作ってみようと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。