ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)でマルボロを吸う、シャグを吸う、使用方法など

どうも、ガンダムのオッサンです。

お洒落で高級感のあるヴェポライザー「FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)」は大きさや外観のインパクトが目立つ加熱式電子タバコ、持っているだけで「それ何?」と聞かれるような妖艶でアダルティな雰囲気のする喫煙具です。

www.weblogian.com

ではFLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)で喫煙したタバコの味はどうなのか?キック感は?紙巻タバコカットとシャグの違いは?使用感は?等について知りたい人も多いでしょう。

ということで実際にFLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)による喫煙のレビューを詳しく紹介します。

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)の使い方

使い方が非常にシンプルなFLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)ですが最初の一回目は使い方が分かりませんでした。

というのも私が使っているヴェポライザーはどれも性能が良く持ち運びに便利、そして何よりタバコ葉を美味しく喫煙する機能や性能が全面に出ている道具感が強いヴェポライザーなのでパッと見で使い方が分かるようなヴェポライザーなのです。

ヴェポライザー「WEECKE C-VAPOR3.0」は機器としての完成度が高い

ヴェポライザー WEECKE Fenix (ウィーキー フェニックス) のキット内容と詳細

WEECKE Fenix MINI (ウィーキー フェニックス ミニ)のキット内容と詳細

しかしFLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)は剥きだしの道具感ではなくデザイン性が強いヴェポライザー、始めはどこにタバコ葉を入れればよいのか分からずにガラスマウスピースを引っこ抜いたりと使用方法が不明でした。

という事でFLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)の簡単な使用方法がこちら

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)の使用方法画像はヴェポナビより転載

私がお世話になっているヴェポライザー専門ショッピングサイト【VAPONAVI】さんに詳しい使用方法が掲載されています。 

ポイントはマウスピースの外し方。

画像解説では吸い口であるガラスマウスピースと黒いパーツ(ここにタバコ葉を吸いこまないようにフィルターが入っている)が一体となっていますが、ガラスマウスピースと黒いフィルターパーツは分離出来る構造になっています。

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)マウスピース

黒いフィルターパーツ からガラスマウスピースを外す方法は引っこ抜くだけ、そして分からなかったのが黒いフィルターパーツを本体から外す方法でした。

その答えはネジ式なのでクルクルと回すだけ。

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)マウスピース

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)のこの構造が分からずに初回苦戦、一回やれば誰でも出来る簡単すぎる作業です。

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)マグネット式キャップの使い方

お洒落なヴェポライザーであるFLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)にはマグネット式のキャップが付いています。

このマグネットキャップがあることにより単なる喫煙具といった道具感からお洒落な喫煙具としての外観になると考えていますが、最初はマグネット式キャップの意味がイマイチよく分かりませんでした。

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)
FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)

マグネット式のキャップはガラスマウスピースの保護や衛生面を考えれば合った方が良いです。

しかしヴェポライザーとはタバコを口に加えてライターで火をつけて....と全てを片手で出来る作業ではありません。どうしてもタバコ葉の詰め作業が必要になるので両手を使っての作業は必須、そうなると喫煙前作業にヴェポライザー本体から外すパーツは少ない方が扱いやすいのです。

このようなヴェポライザーを使用する前の作業、室内で物を置く場所があれば何ら問題が無いけどそうでない場合...外だったり喫煙所だったりすると手が足りないのです。

だからマグネット式のキャップは邪魔な存在かと思いきやそうではない、ちゃんとFLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)を使う人の事を考えています。

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)のマグネット式キャップは本体底にも磁石でくっつくようになっています。もちろんジャストサイズで。

これによりキャップを手に持っての作業が無くなくなる...ヴェポライザーにとってこのような細かい設計はとても大切な事。フラワーメイトスリックは単にお洒落を追及しただけの形ではないことが分かります。

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)でマルボロを吸う

f:id:gundamoon:20181204145210j:plain

ヴェポライザーの魅力は雑味のないタバコ味とすきとおるようなキック感、しかし最大の魅力はやはりタバコ代が1/4~1/5になるといった強烈なコストパフォーマンス力です。

www.weblogian.com

このようなタバコ代節約術、FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)でも勿論可能。

ということで先ずはコンビニで普通に販売している紙巻タバコのマルボロ赤をカットして喫煙してみましょう。

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)マルボロカット

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)マルボロ

設定温度はMAXの225℃、私はヴェポライザーによる喫煙はほとんど設定温度最大でしております。

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)でマルボロをカットしての喫煙感はタバコの味は薄め、キック感はそこそこあるもののヤニをかなり感じるキック感になるのでフィルターを通して吸いたくなるような味でした。

キック感を感じられる回数は10回程度で手持ちの他ヴェポライザーと比べると「こんなもんかな」といったところ。FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)が特段に優れているとは思えません。

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)のマルボロ吸殻がこちら。

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)マルボロ吸い殻
FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)マルボロ吸い殻

焦げている部分とそうでない部分がありました。

2セット目もいけそうな感じがします。

マルボロカットで美味く吸えるヴェポライザーとしてはシーベイパー3.0の方が良いと思います。

www.weblogian.com

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)には付属品としてステンレスポッドが付属しており、ポッドにタバコ葉を詰めて使用すれば加熱チャンバー室が汚れにくくなります。

しかしステンレスポッドにマルボロの外形が合いません。

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)ステンレスポッド

タバコ葉をばらして入れれば入ります。

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)はシャグ喫煙が断然うまい!

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)シャグ

次はFLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)にシャグを入れて喫煙します。

www.weblogian.com

先に結論を言うとシャグのほうがマルボロカットよりも断然うまい、それは味やキック感、キック感の回数など全ての面においてシャグのほうが優れています。

先ずは付属のステンレスポッドにシャグを詰めて喫煙

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)ステンレスポッド

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)ステンレスポッドにシャグ

ステンレスポッドを使用する利点は加熱チャンバー室を汚れにくくするため。

ただ私にような老眼のオッサンには小さなステンレスポッドにシャグを詰め込む作業が少々厳しいものがありました。

ステンレスポッドを使ってのFLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)シャグ喫煙はマルボロカットよりも全然うまい。

タバコの雑味は無し、キック感はマイルド、キック感を得られる吸い回数も10回以上は確定しています。

今回FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)ステンレスポッドで使用したシャグはアンバーリーフの黄色、キック感が強めのシャグですがマイルドなキック感でした。

使用済のステンレスポッドとシャグ吸い殻がコチラ

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)ステンレスポッドシャグ吸い殻

カラカラに乾いています。

スリック本体の加熱チャンバー室に直接シャグを入れて喫煙

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)でシャグ喫煙によるお勧めの方法が本体の加熱チャンバー室に直接シャグを詰めての喫煙です。

すきとおるような鋭いキック感、アンバーリーフの黄色で設定温度Max225℃はかなりガツンと喉へ刺激(ニコキック)があるほど。

最高!としかいいようがありません。

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)シャグ
FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)シャグ

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)の加熱チャンバー室に直接シャグを詰める作業はとても簡単、指でグイグイと押し込んでも良いのですが奥の方までしっかりとシャグを入れるにはパッキングツールで軽く押し込んだほうが楽。

指のみでシャグを簡単に詰められるヴェポライザーはフェニックス。

www.weblogian.com

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)の加熱チャンバー室へ直接シャグを入れの喫煙は本当にうまい、それはハイブリッド方式だからでしょうか、とにかくキック感が強いのです。

またキック感を感じられる回数も10回以上は確定、平均して15回前後。

一度使用したシャグを捨てずにそのまま再びボタンを5回押して2セット目も味わったところ、キック感とキック回数は減るものの十分にタバコとして吸える味でした。

使用済みのシャグ吸殻がこちら

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)シャグ吸い殻

シャグポン(本体をポンポンと軽く叩くと使用済みのシャグが塊となってポンと落ちて来る)については成功する場合としない場合があります。

乾いたタイプのシャグではシャグポン可能、少し湿ったタイプのシャグだと成功率は低めといったところ。

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)まとめ

FLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)の使用感について詳しく解説しました。

まとめるとFLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)は加熱チャンバー室にシャグを直接いれて吸うのが一番うまい...といった他ヴェポライザーと同じ結論になります。

ヴェポライザーとしての性能は申し分がなく、喫味もうまい、キック感も問題なし...ということで満足度もある。では他のヴェポライザーと何が違うのか?となるとやはりお洒落感や本体を握った時の触り心地。

また「それ何?」と注目を浴びる要素がかなり強いヴェポライザーです。

これは少々ヤンチャな雰囲気の人...例えばマイルドヤンキー的な方が持つには相性がとても良いデザイン。1台目というよりは外で魅せるように使う2台目のヴェポライザーとして良いと思います。

日本語マニュアルが付いたFLOWERMATE SLICK(フラワーメイト スリック)の購入は正規取扱店のVAPO NAVIさんから

ヴェポライザー専門ショッピングサイト【VAPONAVI】