ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

運転資金調達の秋

どうも、ガンダムのオッサンです。

ここ数年の毎年秋~年末にかけて会社の運転資金が苦しくなる私、胃が痛くなるとか眠れないとか明日が来なければいいとかの精神的プレッシャーを何度も味わっていると感覚がマヒしてくる部分がかなりあります。

運転資金や借入金の感覚がマヒしてくると考え方や行動が次のステージへと進む社長さんってけっこういると思っておりまして私の場合は風俗でしょうか。

それでも以前よりは風俗に行く回数が減っているので感覚のマヒは元にもどりつつあると自己分析をしております。

それと同時に毎年恒例となってしまっている秋の運転資金調達を開始する時期も早まっておりまして2019年度は9月上旬にしてほぼ準備完了、たぶん9月中に入金となるでしょう。

さて世の中の社長さん、運転資金調達状況はどうでしょうか?

「秋の〇〇」「〇〇の秋」秋は第2ステージ開始の季節

f:id:gundamoon:20190909180941j:plain

秋と言えば色々ありますよね、

  • 食欲の秋
  • 秋の味覚
  • 転職の秋
  • 秋の行楽
  • 芸術の秋
  • 性欲の秋
  • 秋の大運動会

秋で連想される言葉は人によって様々、所属する組織や立場によって人それぞれの秋の〇〇が存在するはずです。

んで会社の社長さんとなると第2ステージ開始のイメージがけっこうあると思っておりまして扱う品物や内容・サービスが変わるのが秋、小売りなら年末年始商戦を考えたり。

日本は四季があり季節に応じた商売が可能な国、これが良いのか悪いのか不明だけど四季が無いよりはあった方が良いと考えています。

そして秋の始まりは年末年始もあってかマネーが動く可能性に期待する時期と考えている私、でも秋ってばマネーが動くけど金融的出来事が多く発生する時期ってのも私の持論です。

毎年秋になると何かしらの金融危機を妄想してしまうし秋に大きな出来事が発生することも多い...今年は消費増税でしょうか、各業界とも増税の秋に備えて大きく動いでいます。

秋は何だかんだいって第2ステージ開始だと思うのです。

運転資金調達は秋の間に見通しをつけておく

f:id:gundamoon:20190909181038j:plain

現在も経営状態が苦しいに変わりが無い私、何年か前に11月~12月で生きた心地がしない日々が続いていた時がありました。

個人の口座から金をおろして会社の当座にそのままINする行為は未来が暗すぎ&奥歯を噛みしめまくりでメッチャキツイものがあります。

それこそアルマゲドンとかの天変地異的なものが起きて日本リセットしねぇかなぁ...と破局的な思考すら芽生えてしまうほど。

そんな思いはしたくない、とくに年末に「年を越せるか?」なんて考えたくない社長さんは秋の間に運転資金調達の見通しをつけておいたほうが良い...と自分に言い聞かせる意味も含めて偉そうに語っておきます。

実際、年末倒産ってけっこうあるんですよ。

やっぱり社長はある程度の金は持っておかなきゃと思う

毎月のサラリーで生活をしてローンを払って貯金をするサラリーマンからすれば社長ってのは金があって自由もあったりして...と羨む気持ちがあるはずです。

とくに儲かっている会社に勤める人は社長(オーナー)に言いたい事が山ほどありまくりでしょう、社長が毎年高級外車を乗り換えたりしていたらムカつくと思う。

んで私と言えば金はない、とはいっても少しは金はあるけど何かあった時に会社にぶち込む必要があるから私利私欲で手をつけちゃいけない金、つまり金はない。

すると普段の生活は質素なもの、海外旅行に行ってるわけじゃないし高級外車に乗ってるわけでもないのです。

 

それでも思うのはちょっと無理してでもベンツ乗ったほうが良いよなぁ...なんて考える時が結構あります。

何だかんだ言ってもやっぱり見せ金の効果は大きくて新規の取引先や卸先、取引の幅を広げたい時には効果がある。

私の場合は取引の幅を広げたい時に遊びトークを見せ金的に使うことが結構あり、その内容は風俗だったりします。

ただし遊びの現実でホントに良かった!と思えるのは1割未満、こんなもんか...が3割程度、後は後悔するパターンです。

 

運転資金調達の秋、世の社長さんはどう考えているのでしょうか。

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。