ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

アドセンス2018年10月分の支払い遅延について

どうも、ガンダムのオッサンです。

アドセンスの2018年10月分の遅延が世界規模で発生しているようでツイッターを眺めていると「通常22日ぐらいに支払われるアドセンスの入金が無い」といったツイートもみかけます。

私も遅延されている側にはなるもののアドセンスの支払日は21日~26日までとなっているので待っている間に27日になってしましました。

企業にとって支払いが遅れるとはそれなりの意味を持つことをグーグルはどれぐらい理解しているのでしょうか?

システムトラブルのようですが、これは信用に関わる問題とも思えます。

アドセンスヘルプフォーラムでアナウンス

アドセンスのヘルプフォーラムで2018年10月分のアドセンス支払い遅延についてのアナウンスがありました。

https://productforums.google.com/forum/?noredirect=true#!topic/adsense-ja/3Yv_Jo3bAPI

担当が原因究明と処理の再開を迅速に対応しているようなので待っていてばそのうち支払いになるのでしょう。

問題はどれぐらいの期間なのか?といった部分、この期間を言えるか言えないかで印象がかなり変わってくるとうもの。

支払いを待ってくれと同じ

零細で全然儲かってない会社を経営している私、それでも絶対に守らなければならないのが支払いです。

仕入れ先への支払い、給与の支払い、家賃の支払い...他にも沢山の支払いがあります。

また支払いとは違いますが借入金の毎月返済額が口座から落ちる日なども重要な日になります。

これらの支払系が遅延する意味とはですね、はっきり言ってしまえば信用を失うことに繋がり会社経営としても大切な部分になります。

それでも遅延する(私の場合は現金がなかったりする)場合はそれなりの理由ってやつが絶対に必要になりましてですね、その理由が言えない時点で一つの仕入れ先や取引先を失いかねない事態になります。

例えばそれまでは買掛で仕入れられていたものがキャッシュオンデリバリーになってしまったり...支払いが遅れるとは企業にとって何一つ良い事がありませんし、相手先にも良いことが一つもありません。

支払いが遅れられる側の気持ち

支払い遅延、そして自分が支払われる側の場合として支払いが遅れるとなった時点で相手先のことを色々と考え始めます。

アドセンスは広告を自分が運営するメディアに貼っているだけになるので商売における仕入れ的なものがなく、収めたモノの入金が無い「納めたものを引き上げないと!」といった感覚とは違うものの

「この会社大丈夫かい?」

といった感覚にはなる。

それは世界的なグローバル企業のグーグルとて同じこと、その不安を取り除く要素のひとつとして期間を聞けるか聞けないか。

この記事を書いている時点でのヘルプフォーラムには期間が書いてありませんでした。

今回のアドセンス支払い遅延は技術的な問題のようでして私のような個人ブログ運営者で数十万の収益があるわけではない状況だと「待ってよう...」で終われます。

まあ、そのうち支払われるでしょ、大丈夫だろ...な気持ち。

 

しかし零細でも経営者目線では遅延と再開までの期間を大ざっぱでも言えないってのはいつ支払いになるのか分からない状況であり、厳しいようですがこれは全くもって信用できない状況になります。

せめて次のアナウンスの発表日時ぐらいあればまだ救われるのですが...

 

個人ブログ運営者としては2018年10月分のアドセンス支払いがなされた時点で遅延のことを忘れちゃうだろう...ってのも私の本音ですけどね。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

追記

2018年11月27日の19:50頃にグーグルアドセンスから送金完了とのメールが届きました。