ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

「車でお金」マイカーを使ってお金を稼ぐ新たなサイドビジネス

昭和の時代から街中の壁や線路脇に貼り付けられている「車でお金」の看板、あれは自動車を担保にお金を借りるシステムで

  • 車でお金
  • 乗ったまま
  • ローン中OK

と即日融資や保証人不要とすぐにお金が必要な人向けの貸金業広告です。

車を担保に即金で...とお金に困っている人を対象にした看板広告はいかにもアナログで車を担保にしてお金を借りるもの、よほどお金に切迫した状況以外で使う事はおすすめできないものです。

でも自分が所有する自動車とは動産であり売ればお金になるもの、それ以外で車からお金を発生させる方法があったら気になりませんか?

個人所有の車をカーシェアリングしてオーナーがレンタル料を貰える、車を借りたい人は「わナンバー」ではない個人所有の車、それもレンタカーによくある車ではなく外車や乗ってみたい車を選んでレンタル料を払うシステム「Anyca(エニカ)」を使えばマイカーでお金を稼ぐことが可能に!

自分の車(マイカー)を使ってお金を生む新たなサイドビジネス

f:id:gundamoon:20190925205750j:plain

Anyca(エニカ)はDeNASOMPOMobilityの運営する個人間カーシェアサービス、車のオーナーは自分の車を使わない時間にカーシェアすることでレンタル料を貰えるサービスになり車の維持費に充てたりサイドビジネスとしても有効なカーシェアサービスアプリです。

サービス名 Anyca(エニカ)
配信形式 iPhone、Android端末向けアプリ
利用料金 アプリのダウンロード料、会員登録は無料
※アプリ内のサービスの利用には共同使用料や保険料など各種料金がかります。
対応OS iOS8.0以降
Android4.2以降
※一部非対応の端末があります
配信地域 日本
対応言語 日本語
Anyca(エニカ)

借り手のメリットは乗った事が無い車、買いたいけど買えない車、わナンバーではない車を借りられる、レンタカー屋によくある車ではない車が借りられるメリットはとても大きなものがあります。

f:id:gundamoon:20190925205924j:plain

車の維持費はガソリン代をはじめ「車検」「保険」「駐車場」「消耗品」と年間でもけこうな金額がかかるというもの、そのような維持費をAnyca(エニカ)を使って軽減するといった考え方もあり。

それによりオーナーはワンランク上の車の購入を検討するもよし、自分所有のマイカーからお金を発生させる錬金術風に使ってもよし、サイドビジネスとして考えるもよし。

Anyca(エニカ)は借り手のメリットもかなり大きい

Anyca(エニカ)は車のオーナーが得するシステムのように感じるかもしれませんが借り手のメリットがかなり魅力的なカーシェアサービス、とくにドイツの高級外車やマニュアル車を運転してみたい人にとっては魅力的すぎるカーシェア料となっています。

f:id:gundamoon:20190925195511j:plain

やはりデート、それも特別なデートで「わナンバー」の車ではかっこがつかない場合ってあるじゃないですか、それが無いだけでもAnyca(エニカ)のメリットは借り手に大きなものがあります。

またマイカーを所有している人にもAnyca(エニカ)の需要はあり。例えばマニュアル車はそのひとつでしょう。

べつにマニュアル車を買えるお金がないわけじゃないけど実際に購入する車はオートマのミニバン...家族がいれば尚更です。

f:id:gundamoon:20190925205832j:plain

そんなすこぶる気持ちを持つドライバーにとってマニュアル車のカーシェアリングは目から鱗、憧れの旧車やオープンカーなどなどAnyca(エニカ)のサービスは車のオーナー目線でも気になる車があるカーシェアリングサービス、

つまりAnyca(エニカ)とはドライバーが借りたい車のメーカーや車種、色までを自分で徹底的に選んで借りるサービスでありごく一般的なレンタカー屋のように時間と金額とクラスだけで決めるようなものではありません。

ドライバー(借り手)は車検索、オーナー(貸し手)は車登録

スマホを使ったカーシェアリングサービスAnyca(エニカ)はドライバー(借り手)が車検索、オーナー(貸し手)は車登録

スマホで予約リクエスト、承認、アプリ内チャットで受け渡しのやり取りを行う流れ

f:id:gundamoon:20190924170641j:plain

 

f:id:gundamoon:20190924173105j:plain

 

万が一の事故に備えて損保ジャパン日本興亜、東京海上日動と連携した保険補償システム

カーシェア予約と連動して、損保ジャパン日本興亜、または東京海上日動が提供している1日自動車保険にドライバーが加入するシステムとなっていますので、保険の加入漏れを心配する必要は無し、

株式会社DeNA SOMPO Mobilityは3社の損害保険会社(損害保険ジャパン日本興亜㈱、東京海上日動火災保険㈱、三井住友海上火災保険㈱)と代理店委託契約を締結しています。
お客様対応において当社と迅速に連携できる体制が構築されている損害保険ジャパン日本興亜㈱、または東京海上日動火災保険㈱の1日自動車保険に加入いただいており、当社と資本関係にある損害保険ジャパン日本興亜㈱を推奨しております。
事故・故障に備え、損保ジャパン日本興亜、または東京海上日動が24時間・365日体制で電話対応いたしますので安心です。保険会社が提供するロードサービスも付いておりますので、万が一走行不能になった場合も保険でのレッカー搬送が可能です
1回の保険会社が提供するロードサービスに付き、15万円を限度に補償されます
車両補償も付いておりますが、補償金額に限度がありまた補償されないケースもございます。保険補償内容・条件を十分ご確認の上でのサービス利用をお願い致します
補償内容(損保ジャパン日本興亜) 補償内容(東京海上日動)

https://anyca.net/safety/より引用

個人所有の自動車をカーシェアするのだから保険関係はしっかりしておきたいところ、オーナーもドライバーもここは一番気になるところでしょう。

ただし保険加入が不可なメーカーと車種があり。

ホンダNSX・アストンマーチン・トヨタセンチュリー・ダイムラー・フェラーリ・ベントレー・マイバッハ・マセラッティ・ランボルギーニ・ロールスロイス

まあそうだよね...と納得の保険加入不可なメーカーと車種、逆を言えばこれ以下の車でAnyca(エニカ)を上手に使おうね!という事です。

それでもAnyca(エニカ)を見るとポルシェは結構な数が登録されているのも魅力、人気はやはりBMWです。

 

Anyca(エニカ)の手数料について

Anyca(エニカ)に登録して実際にカーシェアを行い、オーナーがお金を手にするのですがプラットフォーム手数料が10%かかります。

10%が高いか安いか?について私は妥当な金額かな...といったところ、車を貸したい個人と借りたい個人をwin-winな関係でマッチングさせるアプリとしてはこれぐらいだと思います。

自分の車をカーシェアさせる個人としてもサービス運営の手数料が安すぎるのは不安でしょう。

副業やお小遣い稼ぎとしての Anyca(エニカ)

f:id:gundamoon:20190925195725j:plain

Anyca(エニカ)はマイカーを使っていない時にオーナーがシェア料金をもらうサービスなので主婦のお小遣い稼ぎや副業としても十分に検討できる要素がります。
最も登録台数が多いのは東京都、夫が仕事中に妻がAnyca(エニカ)を使って労働をせずにお小遣い稼ぎなんてことも。

借りたくなるのはキレイな車、カッコイイ車

f:id:gundamoon:20190925195459j:plain

Anyca(エニカ)でリストを眺めていると借りたくなる車はやっぱりキレイな車やカッコイイ車です。

また国産なら現行モデルが気になるところ、それ以外は外車だったり旧車やマニュアル車とはいってもやはりマイカーの写真映りはかなり重要です。

じゃあ普通のミニバンは需要がないのか?となるとそんな感じじゃないのもAnyca(エニカ)のポイント、

「あ、この価格なら一日借りてもいいかも...!」

と、一般的なレンタカーの価格と比べても頷く価格になっております。

f:id:gundamoon:20190925195115p:plain

実用的な車には実用的なシェア価格が設定、心ときめく車にはそれなりのシェア価格が設定されている...

ディーラーに置いてある新品の車ではなく実際に個人が乗っている車をAnyca(エニカ)で見るのはほんと楽しいものがあり「あ、この人はこんなインテリアにしているんだ」のように自分の車と比較する楽しみ方も出来るのもAnyca(エニカ)の特徴でしょう。

サービス名 Anyca(エニカ)
配信形式 iPhone、Android端末向けアプリ
利用料金 アプリのダウンロード料、会員登録は無料
※アプリ内のサービスの利用には共同使用料や保険料など各種料金がかります。
対応OS iOS8.0以降
Android4.2以降
※一部非対応の端末があります
配信地域 日本
対応言語 日本語
Anyca(エニカ)