ブログ作成ボタンを押しちゃった

電子タバコ・ガジェット・びっくりドンキー・ガンプラなどをマニアックに追及するブログ

ヴェポライザーで「ブラックスパイダー・シャグ・アフタヌーンティー」を吸った感じとは?キック感や喫味について解説

ブラックスパイダー・シャグ・アフタヌーンティー,BLACK CPIDER AFTERNOON TEA

手巻き専用のシャグ、ブラックスパイダー・シャグ・アフタヌーンティー(BLACK SPIDER AFTERNOON TEA)をヴェポライザーで吸ってみました。

ブラックスパイダーは強いキック感に濃い喫味、それでいて癖だ少々強いシャグなのでアフタヌーンティー味といっても油断はできないもの。

しかし実際に吸ってみるとブラックスパイダーにしては珍しくマイルドで大人しい喫味とキック感でした。

※未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます。周りの人から勧められても決して吸ってはいけません。

ブラックスパイダー・シャグ・アフタヌーンティー(BLACK SPIDER AFTERNOON TEA)

ブラックスパイダー・シャグ・アフタヌーンティー,BLACK CPIDER AFTERNOON TEA

ブラックスパイダー・シャグ・アフタヌーンティーはラオス産の手巻き専用のたばこ葉「シャグ」、一袋に30gのたばこ葉が入っています。

以前のブラックスパイダーはタンザニア産でしたがラオスに変更、手巻き用ペーパーの付属もなくなりました。

ブラックスパイダー・シャグ・アフタヌーンティー,BLACK CPIDER AFTERNOON TEA

少し疑問に思うのが何故アフタヌーンティー(午後の紅茶)としたのか?

普通の紅茶味とは違う、午後に相応しい紅茶味ということなのか、それとも日本の飲料メーカーのキリンが発売する午後の紅茶に影響を受けたネーミングなのか...

弱~中のマイルドなキック感に「午後の紅茶」の喫味

かっこいいパッケージデザインが特徴のブラックスパイダー、ちょっと悪そうな・ヤンチャな感じのパウチを開くと少し鼻にツ~んとくる紅茶の香りがします。

これは無糖タイプの紅茶ではなく有糖タイプの甘い紅茶の香り。

ブラックスパイダー・シャグ・アフタヌーンティー

以前のブラックスパーダ―は袋の密封シーラー処理が適当すぎてハサミで切らないと厳しい状態でした。

それがラオス産に変わったことなのか、開封は一般的なシャグ袋のようにスムーズに。

たばこ葉はほんのり加湿、刻みの細かさは小~中程度なのでヴェポライザーのチャンバーに詰めやすいです。

シャグ,ブラックスパイダー・シャグ・アフタヌーンティー,たばこ葉

実際に吸ってみるとほんのり甘い紅茶の喫味、これは確かにキリンが発売するペットボトル飲料「午後の紅茶」の味に近い喫味です。

キック感はマイルドで、ブラックスパイダーのシャグにしては珍しく弱~中のキック感。

インパクトが強くむせ返るようなブラックスパイダーシャグらしくない吸いごたえで、やんちゃな感じは全然しません。

コンダクション(直接加熱)ヴェポライザーで吸うと少しクセがある

ブラックスパイダー・シャグ・アフタヌーンティー

コンダクション式(直接加熱)とコンベクション式(熱対流)のヴェポライザーでブラックスパイダー・シャグ・アフタヌーンティーを吸い比べてみると、

加熱温度の違いはあまり関係なしにコンダクション式のほうがクセが強い、ブラックスパイダーらしい喫味でした。

ただコンベクション・コンダクションのどちらでもキック感はあまり変わらず弱~中、お手持ちのヴェポライザーで加湿やブレンドせずに好きなように吸えばよいかと...

そんな風に思います。

関連記事

www.weblogian.com