ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

有効期限切れのクレジットカードを「煮る・焼く・燃やす」等で完全に破壊して破棄

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

突然ですがクレジットカードを解約したり有効期限が切れた場合ってカードを破棄するのが普通ですよね、一般的な方法はハサミで切って細かく刻んだり。

また最近ではICチップなんかもついていたりするのでICチップ部分に穴を開けたり切ったりなんて作業も必要だったりします。

 

クレジットカードの破棄方法はこれで良いのですが、深夜だからでしょうか....突然クレジットカードを完全に破壊・破棄してみたくなりました。

 

というのもMUGFのVISAクレジットカード付きICキャッシュカードの新しいものが送られて来ましてですね、それまで使っていたやつ...いやその前に使用していたカードまで出てきたのです。

f:id:gundamoon:20180916015109j:plain

一番左が送られてきた最新の三菱UFJ-VISAのカード、残り二つは破棄しなければならないカードになります。

せっかくの機会なのでハサミで切るような古典的なクレジットカードの破棄方法ではなく、普段はやらないような事をやって完全に破壊・破棄してみました。

※深夜の突然のテンションで行った行為なので少々クレイジーな内容となっております。

カードのICチップ取り外しと破壊

では最初にカードのICチップを取り外して分解してみます。

通常ICチップ付きのクレジットカードを破棄する場合はICチップ部もハサミで細かく切ったり穴を開けたりで使えなくしてからの破棄、今回は完全に破壊・破棄なのでマイナスドライバーでICチップをほじりながら取り外します。

f:id:gundamoon:20180916094551j:plain

f:id:gundamoon:20180916094736j:plain

溝からマイナスドライバーでこりこりとほじくると金色の金属がぺらっと剥がれました。

これは工具使用なので爪ではこんな簡単に剥がれないとは思いますがカードとICチップ部の溝等の構造を考えるとカードのICチップに爪を立てるような行為はしないほうが良いでしょう。

では思い切ってカードからICチップを剥がしてみるとこんな感じ...

f:id:gundamoon:20180916095512j:plain

実際にICチップを剥がしてみて分かった事、それはICチップが剥がれ始めた後はユニットごと簡単に剥がれるということ。

ICチップを完全にもぎとってみるとカード端末と接触する金属部はペラペラの金属ということがわかります。

f:id:gundamoon:20180916100005j:plain

ペラい金属の下がICチップの記憶部。

ここまでやる人はほとんどいないでしょうね、これでカードのICチップは完全に破壊されました。

ではICチップを取り外したカード本体はというと結構ペラペラで底は薄いです。

f:id:gundamoon:20180916100508j:plain

f:id:gundamoon:20180916100707j:plain

マイナスドライバーでとくに力を加えなくとも 簡単に穴が開くほど薄いです。

ICチップ付きのカードを実際に分解してみると雑に扱ってはいけないことがよく分かりますね、財布にカードを重ねて入れるのではなく一枚一枚きちんと入れた良い。

クレジットカードを煮る

最近では金属製の素材を使ったクレジットカードなんてものもありますが一般的なカードとはプラスチック素材のものが殆どでしょう。

ではプラスチックのカードの耐久力とはどれぐらいなのだろうか?

状況的に考えにくいけど

例えばクレジットカードを熱湯に落としてしまった場合にどのような変化が起きるのか?

これに対する答えはカードを実際に煮るしかありません。

 

先ほどICチップを取り外したカードの穴に紐を通して沸騰した鍋に突っ込んでみました。

f:id:gundamoon:20180916102006j:plain

 

 

f:id:gundamoon:20180916102232j:plain

f:id:gundamoon:20180916102606j:plain

このような状態で10分ほどじっくりとカードを煮ます。

その結果がこちら...

f:id:gundamoon:20180916103222j:plain

カードが少し曲がった程度です。

沸騰したお湯にクレジットカードを落としてしまうシーンが想像できませんが落としたとしてもぐにゃぐにゃに曲がるような事はないでしょう。

gif動画がコチラ

f:id:gundamoon:20180916121927g:plain

クレジットカードを焼く・燃やす

カードの煮込みは意外に地味であまり面白くない結果、ならば今度は焼いてみます。

もう一枚の破棄しなければならないカードをICチップ付きのまま直火で焼く、燃やすという事でカードに持ち手をつけます。

f:id:gundamoon:20180916104058j:plain

これで準備完了、

後はカセットコンロを出して着火

※カードですが基本的にプラスチックを焼く行為と変わりがありません

f:id:gundamoon:20180916104421j:plain

f:id:gundamoon:20180916104727j:plain

f:id:gundamoon:20180916104959j:plain

f:id:gundamoon:20180916105218j:plain

f:id:gundamoon:20180916114210j:plain

気になるのはICチップが直火焼きに対しどれぐらい耐えられるのか?といったところですよね、という事でICチップ部を入念に焼いた結果がこちら。

f:id:gundamoon:20180916114704j:plain

f:id:gundamoon:20180916114839j:plain

カードはぐにゃぐにゃに溶けて曲がりましたがICチップ部は直火にも耐えました。

中のデータ的なものはダメになっているかどか不明..まあ常識的に考えてダメだと思います。

有効期限切れのクレジットカードを煮る・焼く・燃やすを行った結果

実際にカードを煮る、焼く、燃やす...ICチップの破壊は下準備もあるのでけっこう手間暇がかかるのでおすすめできる方法では全くありません。

それでもやってみて分かった事が色々ありましたので詳しく記事にしました。

 

有効期限切れクレジットカードの破棄で一番楽な方法はシュレッダーでしょう、でもシュレッダーがある家庭も少ない...やはり磁気部分を復元出来ないようにハサミで切る、ICチップ部も同じように切るのが楽。

 

それでも気になる人は切り刻んだクレジットカードを分けて別のゴミ袋に出す...でしょう。

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。