ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

いつになったらミニバンを卒業してセダンに乗れるのか?

どうも、ガンダムのオッサンです。

だいぶ前から車をミニバンからセダンに変えたいと思い続けている私、しかし今だにセダンに乗ることが出来ていません。

私の車歴は殆どミニバンになりまして荷物が積めるとかカスタムできるとかの理由ばかりでミニバン選んできました。

www.weblogian.com

しかし中年のオッサンになるにつれてセダンに乗りたくなる、セダンでスマートに車線変更したりコンビニの駐車場からセダンで「ザンっ!」みたいな感じで車から降りてコーヒーとか買いたくなる...オッサンなら分かって頂けると思います。

何が言いたいか?というと最新モデルのクラウンに乗って出来る男を演じながらデートしたい。

「いつかはクラウン」的な顔ではなくなってきたトヨタクラウン

トヨタクラウンの顔に大きな変化が現れたのは2012年デビューのクラウンでしょうか、それまでは大人っぽく落ち着いた顔だったクラウンが一気にヤンチャな雰囲気に、

この頃のクラウンになるとかつてのキャッチコピーであった「いつかはクラウン」的な雰囲気ではなくなってしまうだけでなく純正カラーでピンク色のクラウンなんかでちゃったりして。

それまでトヨタクラウンに抱いていたイメージ変わって『少々DQNっぽいVIPカーなイメージ』になったように感じています。

そんなヤンチャな顔のクラウンも2018年には顔が変わりましてエレガントで艶っぽい顔に

美しく、どこかやらしい顔...素敵です。

でも簡単に買える価格じゃない、中古でもそれなりの価格、新車は一番安いグレードでも諸経費諸々考えると最低でも500万円の予算は必要、

車両価格の面ではいつかはクラウン的な存在をキープしてはいますが500万以上となるとドイツ車との競合になってくる...

悩みますね、私の財力ではどっちにしろ買えないのに悩みます。

スポンサードリンク

 

何にでも使える車を選ぶからミニバンになってしまう

ミニバンを選ぶ理由はやっぱり荷物の積載量や7~8人乗りが可能の部分が大きくて一台でオールマイティーに使える、使ってしまうからこそのミニバンだと思うのです。

対するセダンは荷物は乗らない、人数も多く乗れない、もちろんスノーボードの板も入らないしサーフボードも入りません。

昔、金があった一時期セダンに乗っていた時はスノボーの板を強引に車内に入れたりもしていましたがあれは情けない感じでした。

つまるところ何にでも使えてしまうオールマイティーなミニバンを選んでしまう...

遊び方を変えればセダンに乗れるのだろうか?

現在の私は仕事と遊びの両面から車が必要です。

仕事では荷物を運ぶ時も多いのでミニバンは必須、そして遊びはサーフィン、スキムボード、スノーボード、スケートボードといった横乗り系スポーツがメイン。

ならば会社の車(ミニバン)で横乗り系スポーツに行けばよい、そして個人の車をセダンに変えれば良い、これが答えなのでしょう。

しかし会社の車は私だけが使っている訳じゃないからダメ。

車遊びの感覚を持たないと最新モデルのクラウンには乗れないのではないか?

かつての日本は若者がバイトをしながら5ナンバークーペで遊べた時代だったと先輩から聞かされることがあります。

車遊びにかかる費用はそれなりだけれど若者にとって不可能な金額ではない時代。

それが令和元年では現行モデルの車で遊べる車となれば3ナンバーばかり、価格もバイトじゃ変えない金額で維持費もそれなり。

 

それでも買うとなれば車遊びの感覚がないとやっぱり難しいものがあるのでは?なんて考えておりましてですね、それを自分に当てはめるとクラウンに乗りたい私も車遊びの感覚じゃないと現行の最新モデルクラウンは買えないって事なのでしょう。

 

車の購入目安は年収の半分なんて言葉がありまして現行最新モデルクラウンを乗りたきゃ年収1000万ぐらいないと...ってな事なんでしょうね。

いつになったらミニバンを卒業してセダンに乗れるのか?をしっかり考えると例えばトヨタのマークX新車で300万ぐらい、年収で考えると600万、そうなると年齢も自動的に30代後半からとなり世の中うまくできてるなとシミジミ思うところがあります。

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。