ミルフモ

ヴェポライザー、VAPE、アイコス、グロー、プルームを中心とする電子タバコ専門サイト(旧名:ブログ作成ボタンを押しちゃった)

新世代のgloデバイス「glo hyper X2(グロー・ハイパー・エックス・ツー)」が新登場!

新着注目記事

「glo hyper X2」は買いの加熱式電子たばこ?

koi-koi2022年夏の新作リキッド「赤短・乳酸菌ドリンク」「 青短・乳酸菌ソーダ」が美味い!

スケルトンボディのPOD型VAPE「VAPORESSO X MINI」実機レビュー

IZANAMI 4周年記念VAPEリキッド「ライチティー」絶妙な甘さに上品な紅茶、DL派にオススメのリキッド!

ヤバい濃さと美味さの使い切りVAPE「ベプログ ベイプエンジン」

優秀すぎるPOD型VAPE「DRAG Q」クリアロマイザー×MODのように使える本格派!

meteor vapor VAPEリキッド「青空」のレビュー、夏を感じるアダルトなカクテル味!

ヴェポライザー「C-VAPOR LOOP」物価高に苦しむ喫煙者の救世主が登場!実機レビュー

「りきっどや使い切りVAPE」3種類吸い比べレビュー

オートパフのPOD型VAPE「Aspire Favostix mini」の実機レビュー

超濃厚味のコイル交換式POD型VAPE「nevoks FEELIN X」

glo hyper X2,グロー・ハイパー・エックス・ツー

発売日変更のお知らせ

8月15日(月)から予定しておりました、「glo(TM) hyper X2(グロー・ハイパー・エックス・ツー)」のコンビニ、一般たばこ販売店を通じた全国発売を10月上旬に変更とさせていただきます旨ここにお知らせいたします。

同時に、全国のglo(TM)ストア、glo & VELOオフィシャルオンラインショップで7月末より順次開始していた製品販売に関しても一時停止し、10月上旬に販売を再開いたします。 

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(本社:東京都港区赤坂、社長:ジェームズ 山中、以下 BATジャパン)は加熱式たばこ専用デバイス「glo™(グロー)」より、

従来品※2 の満足感はそのままに、洗練されたスタイリッシュなデザインと本体の軽量化を実現し、新たにブーストボタンや「新シャッタードア」、「新 LEDインジケーター」も搭載された「glo™ hyper X2(グロー・ハイパー・エックス・ツー)」を、多彩なカラーラインナップで全国の glo™ストア、glo & VELO オフィシャルオンラインショップでは 2022 年 7 月 25 日(月)より順次発売、

全国のコンビニエンスストア※3、一般たばこ販売店※3 では 2022 年 8 月 15 日(月)より順次発売いたします。

また、2022 年 7 月 21 日(木)15:00 から 7 月 24 日(日)23:59 まで、正式発売開始に先駆け、glo™公式サイト B ラウンジ※4 のシルバー・ゴールドステイタスのお客様限定で先行発売いたします。

※1 全国のコンビニエンスストアでは 2022 年 8 月 15 日(月)より順次発売開始

※2 販売中の「glo™ hyper+」との比較

※3 一部店舗では取り扱いの無い場合がございます。

※4 glo™のポイントプログラム

www.weblogian.com

「glo hyper X2」より小さくスタイリッシュなデザイン、新搭載のブーストボタン、多彩なカラー展開で 2022年7月25日より順次発売開始

BAT グループは「A Better Tomorrow™(より良い明日)」を築くことをパーパスに掲げており、20 歳以上のたばこユーザーのお客様に向けて、加熱式たばこ「glo™(グロー)」等、非燃焼式かつリスク低減の可能性を秘めた製品のラインナップを拡充することで、事業が健康や環境に与える影響を低減することを目指しています。

グループ全体では既に 1,940 万人※6 の方に非燃焼式製品を愛用いただいており、今回の「glo™ hyper X2」を通して非燃焼式製品への移行をさらに加速させてまいります。

glo hyper X2,グロー・ハイパー・エックス・ツー

今回、「glo™ hyper X2」を世界に先駆けて日本で発売することについて、BAT の最高マーケティング責任者(CMO)であるキングズリー・ウィートンは次のように述べています。

「今回、BAT にとって最新の加熱式たばこデバイスである「glo™ hyper X2」を発売することは、BAT グループが推進している、未来のブランドを創出する、という変革において大きな節目となります。2016 年に最初のglo™を日本で発売して以来、glo™は研究開発やイノベーション、そして消費者インサイトの深堀りを通して、数十億ドル規模※6 のグローバルブランドへと成長しました。」

「glo™ラインナップに最新のイノベーションをもたらした glo™ hyper X2 を世界に先駆けて日本で披露できることを大変嬉しく思います。

また今後数か月の間に日本に追随してグローバル市場でも glo™ hyper X2 の展開を予定しています。

日本は加熱式たばこ最大の市場であり、BAT グループにとって常に最も重要なマーケットの一つです。

日本における glo™のユーザー数は約 320 万人※5 となり、BAT ジャパンの製品売上のほぼ半分を加熱式たばこが占めており※6、当社のリスク低減の可能性を秘めた非燃焼式製品の成長が加速していることを目の当たりにしています。

これは、私たちが掲げている「A Better Tomorrow™ (より良い明日)」を築くというコ
ミットメントをいかに実現しているかを示しています。

新デバイスの日本からの発売を皮切りに、私たちはこの変革をさらに加速してまいります。」 

洗練されたスタイリッシュなデザインと新たな機能性を実現した「glo™ hyper X2」

glo hyper X2,グロー・ハイパー・エックス・ツー

【加熱速度や加熱技術の性能はそのままに、本体の小型化・軽量化を実現】

「glo™ hyper X2」は、従来の「glo™ hyper+」と同様の誘導加熱技術(IH)を採用しながら、「glo™ hyper+」と比較して 13%の本体サイズ削減と 7%の重量軽減を実現
し、持ち運びやすさの向上を目指しました。

これにより、加熱温度や速度などの性能は維持しつつ、より洗練されたスタイリッシュなデバイスのデザインを実現しています。

新搭載「ブーストボタン」で、選べる加熱モードをより使いやすく

glo hyper X2,グロー・ハイパー・エックス・ツー

「ブーストモード」とは、通常モードと比べて、より高い温度でより素早く加熱することを可能にした加熱モードです。

「glo™ hyper X2」は従来の glo™と同様に、約 20 秒で加熱が完了しバランスの良い吸いごたえを約 4 分間お楽しみいただける「通常モード」と、約 15 秒間で加熱が完了し約 3 分間お楽しみいただける「ブーストモード」の 2 つの加熱モードをお選びいただけます。

さらに、glo™史上初めてそれぞれの専用ボタンを独立させたことで、どちらかのボタンを押すだけで自分に合ったお好みの加熱モードを簡単に選べるようになりました。

マットとメタリックの素材を融合させた、スタイリッシュなバイカラーのデザイン

glo hyper X2,グロー・ハイパー・エックス・ツー

「glo™ hyper X2」は、マットとメタリックの 2 つの異なる素材を組み合わせた高級感のあるスタイリッシュなバイカラーのデザインです。

高級感のある現代的なデザインに大きく影響されて成人喫煙者は紙巻たばこから加熱式たばこ製品への切り替えを検討するというグローバル消費者インサイト※7 に基づき、全体設計をスタイリッシュに一新しました。 

ユーザビリティの向上を徹底的に追求した 2 つの新機能

glo hyper X2,グロー・ハイパー・エックス・ツー

「glo™ hyper X2」は、使用中の加熱モード・起動時間・充電状態が一目で分かるように改良した「新 LEDインジケーター」、上部のカラーを回すことでシャッタードアの開け閉めをする「新シャッタードア」の 2 つの新機能を採用し、ユーザビリティを向上しています。

※5 弊社調べ(2022 年 4 月末時点)

※6 https://www.bat.com/group/sites/UK__9D9KCY.nsf/vwPagesWebLive/DOCBHNFN/$file/FY_2021_Announcement.pdf

※7 BAT グローバル調べ

5 種類の多彩なカラーバリエーションで、より自分らしいデバイスを選べる

glo hyper X2,グロー・ハイパー・エックス・ツー

「glo™ hyper X2」は、ミントブルー、メタルブラック、メタルオレンジ、ホワイトゴールド、ブラックレッドの 5 種類のスタイリッシュなデバイスカラーを展開いたします。

豊富なカラーバリエーションの中から、個性や好みに合わせたデバイスをお楽しみいただけます。 

スティックは glo™ hyper 用たばこスティックに対応

「glo™ hyper X2」では、すでに販売されている glo™ hyper 用たばこスティックを引き続きご使用いただけます。

glo™ hyper 用たばこスティックは、より満足感の高い吸いごたえと濃厚な味わいをお楽しみいただくため、従来のスリムスティックより太く、よりたばこ葉を増量したラインナップです。

日本市場でのたばこハームリダクションを促進する「glo™ hyper X2」

BAT ジャパンは、加熱式たばこ「glo™(グロー)」の 2016 年の初期モデルの発売以来、加熱時間の短縮や最高加熱温度の向上、

さらにはブーストモードの搭載など、たばこの満足感やユーザビリティの向上を目的とした製品のアップグレードを継続して実施し、時代と共に変化するユーザーのニーズをとらえたデバイス開発に注力してまいりました。

BAT グループにおいても、たばこユーザーの気分や好みなどのニーズに沿った、リスク低減の可能性を秘めた製品の選択肢をより多く提供することを目指し、研究開発に投資しています。

当社は、消費者インサイトとイノベーションを通して、変化し続ける多様なお客様のニーズに迅速に応えてまいります。

今回の「glo™ hyper X2」の発売は、「事業が健康に及ぼす影響を低減することで、A Better Tomorrow™(より良い明日)」を築く」、という BAT グループのパーパスの実現のため、加熱式たばこ glo™を含めた健康リスク低減の可能性を秘めた製品への移行をさらに促す取り組みの一つです。

製品概要 glo hyper X2(たばこ用加熱電気機器)

glo hyper X2,グロー・ハイパー・エックス・ツー,製品概要

*画像はイメージです。

*「glo™ hyper X2」特設 WEB サイトは以下をご覧ください。

-先行販売時(7/21(木)15:00 公開予定):https://www.discoverglo.jp/device/glo-hyper-x2

-通常販売時(7/25(月)14:00 公開予定)https://www.discoverglo.jp/campaign/hyper-x2-launch

※1 フル充電した場合の使用回数。使用状況により回数が変動する場合があります。

※2 店舗検索はこちらから:https://www.discoverglo.jp/location/glo-store

※3 glo & VELO オフィシャルオンラインショップ:https://www.shopglovelo.jp/

※4 一部店舗では取り扱いがない場合がございます。

BAT グループについて

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・グループ(BAT グループ)は、1902 年に設立された、消費者向けマルチカテゴリー製品のリーディングカンパニーです。

消費者の皆様にお楽しみいただける、そしてリスクが低減された製品の選択肢を増やし、「A Better Tomorrow™(より良い明日)」を実現することを目指しています。

加熱式たばこの製品開発・市場展開を強化当社は 2021 年 4 月より新組織「加熱式たばこ促進部門」を発足し、加熱式たばこ glo™を含めた健康リスク低減の可能性を秘めた製品への切り替え促進や、加熱式たばこを検討している消費者および既存の glo™ユーザーの様々なニーズに迅速にこたえていくことを目的として、製品の開発およびコミュニケーションの強化と、多様なデザインのデバイスや幅広いフレーバー製品の開発・市場展開を行っています。

加熱式たばこ glo™の最新情報について

製品やキャンペーンの最新情報は、公式 WEB サイトや公式 Instagram アカウントからもご覧いただけます。

・glo™公式 WEB サイト:https://www.discoverglo.jp/

・glo™公式 Instagram アカウント(@glo_japan)https://www.instagram.com/glo.japan/

BAT ジャパン 会社概要

社 名 : ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン合同会社

所在地 : 〒107-6220 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウンタワー19F(受付)

代表者 : 社長 ジェームズ 山中(James Yamanaka)

概 要 : BAT ジャパンは、上場たばこ企業の中で、売上金額並びに営業利益において第1位のたばこグループである、国際的な BAT グループ(本社ロンドン)の一員です。

日本では 1984 年にたばこ販売事業を開始。

2001 年にブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンと社名変更し、100 銘柄以上の紙巻たばこや加熱式たばこ、オーラルたばこ等を海外の拠点から輸入しています。

日本での主力ブランドには、ケント、クール、ラッキー・ストライク、ネオ、ベロなどがあります。

U R L : https://www.batj.com/

  • 20 歳未満の者の喫煙は、法律で禁じられています。
  • 加熱式たばこの煙(蒸気)は、周りの人の健康へ悪影響が否定できません。健康増進法で禁じられている場所では喫煙できません。
  • 加熱式たばこの煙(蒸気)は、発がん性物質や、依存性のあるニコチンが含まれるなど、あなたの健康への悪影響が否定できません。