ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

ブログを剝く、ブロガーとして剥ける

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

ここのところアフィアフィしい記事ばかり書きまくった私、少々疲れました。

それもこれもブロガーとして一皮剥ける、ブログも大きくなり剥けさせてみたいといった激しい欲望が私の中で沸き起こったからに他なりません。

それで自分が納得出来るような何かが得られたらガンダムーンver3.0に変更してやる!みたいなイメージだったけど感覚的にはver2.3ぐらいです。

 

アフィリエイターの方は毎日のように金金しい記事を量産していると考えると毎日が真剣勝負なのだろうな....なんて思ったり。

必死になって得たモノ

一皮剥けるために必死になってアフィアフィしい記事を書きまくって...とはいっても一週間ぐらいしかやってないけど一応形として見えたものがあります。

見えたものは数字が増えた...ってな部分、

必死になって私が得たものはちょっと増えた数字、でも何と言いましょうか... 求めているモノはこんな感じでもない...

プロブロガーとかにギャフンと言わせてみたい感があった

ツイッターでプロブロガーを名のるブロガーさんいるじゃないですか、有名な人だとイケハヤさんとか。

でもイケハヤさんのような人には相手にされないだろうから格下というか子分みたいな感じのプロブロガーさんならギャフンと言わせられるかも?

その為にもアフィ記事、しかも説得力のあるアフィ記事で圧倒...なんて考えていました。

 

というのもプロブロガーのサロンとかで得たお金をブロガーの収益として考えたり月商とか言っちゃってツイートする姿勢がかなりムカついていた...ってのが大きいです。

 

彼ら界隈と呼ばれる人々のやり方は新しいやり方でもしかすると今の時代に合っているのかも知れません。でも私としてはそんなやり方がどうにもムカついてしまい、でも自分のブログ、ブロガー感は彼ら界隈のように剥けてる感じがしない、ならば強引に剥いてやって「どーだコノヤロー!」とギャフンさせたいのです。

しかし結果として私のブログは剥けてる感じがしませんしブロガーとしても剥けてる感じがしません。

 

私のような中年のオッサンはブロガーとして剥けるには正攻法では難しい世の中なのかも知れません。

界隈の物の考え方がムカつくしセルフブランディングの手法もムカつくけど「実力が無いモノが成り上がるためにすべき事」ってな姿勢は評価しても良いと思っています。

方法が相当ムカつくけど。

アフィリエイトに対する姿勢

最近、ツイッターで急に話題になり急に消えた転職系のブログがあります。

そのブログははてなブログではてなのサブドメインで運用されていたもの、ツイッターでは月に8桁のアフィリエイト収益(発生ベースではない)と話題になっていたブログです。 

 

それだけの収益があれば私の借金もすぐに返せる...私ももう一度アフィリエイトにがっつりのめりこんでみようかな...なんて思ったりもしました。

「もう一度...」

というのはですね、当ブログでは始めて語る内容でこれはオフでは話た事があるけど結構昔はネットでそれなりにウハウハマネーしていた時期があるのです。

まあ昔は今のように検索エンジンがグーグル一強ではなく検索エンジン経由で読まれるための記事といった概念もありませんでした。

 

ただ単に自分の知っていること、自分の好きな事や趣味をキーボードに情熱をこめて打ち込むだけ、見出しや文字数なんか関係なし!

そこに広告をペロっと適当に貼り付けるとあら不思議...ってな世界でした。

 

しかし2018年の今はかつてのようなやり方でウハウハマネーできるわけがありません。

誰がその情報を欲しているのか、情報を欲している人のパイはどれくらいか、情報を欲している人が見つけやすいような検索キーワードは何か...といった部分から入る必要があるので記事を書く前に考えなければウハウハマネーなど不可能な世界なのだと思います。

 

ここ最近私が書きまくってきた加熱式電子タバコ関連の記事は今の私に出来る精一杯のアフィ、ジャンルを色々と選んでこれをひたすら続ければブログが剥けるような気もするけどやりすぎたりするのも怒られてしまうように思えます。

広告ポリシー
商用サイトへの誘導や収益を得ることを主目的とした、はてなブログの利用を認めません。

ただし、お勧めしたい商品(またはそのリンク)を自身の言葉でレビューし、読者に勧める目的で掲載される広告についてはその限りではありません。

広告の掲載方法や内容に関しては、別途定める「広告における禁止事項」で制限されます。禁止事項に反さない限り、アフィリエイトプログラムの制限はありません。すべてのアフィリエイトを利用できます。

はてなブログのガイドライン - はてなブログ ヘルプより引用

私の場合はお勧めしたい商品を自分の言葉でレビューしているのではてなブログの規約的に問題は無いとは思うけどガチのリアルでアフィリエイトを考えるならばはてなブログの場ではないでしょう。

 

そう考えるとムカつく界隈の自称プロブロガーのような剥けまくったセルフブランディングを行いながらワードプレスで説得力のある記事を書きまくって...が良いと思えます。

でも一からそこまでの気力を持って作り上げるのはちょっとキツイなぁ...ってのが本音。

 

ブログ記事風に感情を込めて軽い感じでたまに少々アフィるぐらいが今の生活ペースからしても丁度良いように感じますし、グーグルのコアアップデートが起きても検索順位にはさほど影響がないやり方だと思う、

でもそれじゃあブログは剥けないんだよなぁ...

もうちょっと頑張ってみます。

 

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。