ブログ作成ボタンを押しちゃった

電子タバコ・ガジェット・びっくりドンキー・ガンプラ

ガンプラと巡る箱根の観光スポット

箱根芦ノ湖にある箱根園水族館を攻略してきました。

箱根園水族館は箱根園内にある施設、その箱根園に車で行く場合は駐車場料金1000円が必要になるので箱根園水族館以外の施設でも遊ぶつもりで訪れたほうが良いです。

f:id:gundamoon:20191213024916j:plain

箱根園の他施設の見どころは遊覧船、ロープウェイ、ふれあい動物ランド等。

最近では新アトラクションの水陸両用バス「NINJABUS WATER SPIDER」が人気、陸上から芦ノ湖にバスで突っ込むシーンは外から見ていてもワクワクするアトラクションでした。

しかし箱根園最大のアトラクションはやはり水族館でしょう、ファミリーやカップルでも楽しめる水族館で所要時間は30分~1時間ぐらい。

バイカルアザラシの何とも言えない優しいショーが一つの見どころです。

公式サイトでインターネット割引クーポンあり

インターネット割引券|箱根園

住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139

バイカルアザラシのショーが楽しめる箱根園の水族館

f:id:gundamoon:20191213024935j:plain

箱根園水族館を訪れるにあたってかなり重要なことなので最初に言っておきます。

箱根園水族館は「海水館」「淡水館」と2つの建物に分かれており、バイカルアザラシ広場は淡水館の先に位置しています。

箱根園水族館の入口は海水館に位置しており、よく分からないまま適当に見ていると海水館のみで出口を出てしまう場合が...って私のこと。

海水館のみを見て「小さい水族館だったなぁ...」と思い、海水館の入口から一旦外に出てしまいました。

その後に何か変だぞ?と考えてもう一度海水館に入って下の階に下ると外に出る場所が、この場所が淡水館及びバイカルアザラシ広場に繋がるスペースになるのだけれど最初はここが出口だと思ってしまいました。

というのも水族館ってルートとか出口とか色々あったりしてよく分からない構造が多いじゃないですか、それは箱根園水族館も同じ。

大切な事は大きな水槽がある海水館のみで終わらずに淡水館へと進む...になります。

でないと入館料が勿体ない!

箱根園水族館「海水館」

メインとなる大きな水槽、底には沈没船のようなオブジェがありそこそこの迫力...!優雅に泳ぐBIGなカメが見どころではないかと思います。

f:id:gundamoon:20191213024958j:plain

f:id:gundamoon:20191213025010j:plain

f:id:gundamoon:20191213025024j:plain

この日は休日だったので箱根園水族館も人が沢山...

隙を見計らってガンプラを出したけど見られた感があり。

大体が水族館にガンプラを持ち込むといった行為がヤバい、それは重々分かってはいるもののやめられない・やめる気がないオッサンが私という人間です。

水族館でのガンプラ冒険難易度はMAXになるで初心者向けではありません。

海水館の生物たち

箱根園水族館海水館の見どころは大きな水槽を泳ぐカメと下から見上げることが出来る水槽のサメ、なかなかのインパクトがあるので大人も楽しめます。

f:id:gundamoon:20191213025040j:plain

f:id:gundamoon:20191213025056j:plain

他にも小さな子供が「ニモ!」と叫んでいる魚がいたり美味しそうなカニもいたり...

箱根園水族館の入口はチープな雰囲気が漂ってはいるものの中に入るとファミリーからカップルまで楽しめるよな感じ。

f:id:gundamoon:20191213025113j:plain

f:id:gundamoon:20191213025128j:plain

海水館ではVRゴーグルを付けて楽しむ的なコーナーがあります。

VRの内容としては海水館のメイン水槽の中に自分がいるような感じのVR、残念ながら凄くつまらない映像でした

箱根園水族館「淡水館」

海水館を一通り見終ったら次は淡水館、くれぐれも海水館の入口の横にある出口から外に出ないように注意して下さい。

f:id:gundamoon:20191213025147j:plain

淡水館はあまり人気が無いのでしょうか、人があまりいない...

という事はチャンスですね、ササっとガンプラを出して撮影作戦、背景にはマナズみたいな魚が写ってはいるけど私にとってはガンプラが美しく見える写真のほうが重要だったり... ってこの状態も見られた。

これで水族館でガンプラ出してるオッサンとして見られるのが2回目、もう後がありません。

それでも懲りない私は淡水館でもガンプラを出し続ける...

f:id:gundamoon:20191213025202j:plain

f:id:gundamoon:20191213025215j:plain

淡水館の地下のワニガメコーナー付近がガンプラを置いて撮影しろと言わんばかりのロケーションだったんです。

私はそれまでBAGにガンプラを隠し、さっと出して素早く撮影後にBAGに隠すを繰り返してしたのですがさすがに我慢の限界でした。

完全に見られている状態だったけどワニガメとガンプラの写真がどうしても撮りたかった...

これで3度の見られ、完全に変質者扱いです。

淡水館の生物たち

海水館に比べると淡水館の生物たちは迫力が少ないです。

その中でもいくつか気になった生物がこちら...!

f:id:gundamoon:20191213025234j:plain

f:id:gundamoon:20191213025248j:plain

ピラニアの表面って金属みたな煌めきだったのですねぇ...

生物だけど機械のような雰囲気が敵キャラみたいな感じでカッコイイかも!

そんな凶暴とされるピラニアも水槽の中では何も出来ないで泳いでいるだけ、人間様を舐めるんじゃねぇ~!って感じで優越感がありますな。

f:id:gundamoon:20191213025305j:plain

f:id:gundamoon:20191213025322j:plain

ボスキャラのような亀と箱根園水族館の見どころ「バイカルアザラシ」です。

このバイカルアザラシが箱根園水族館のマスコットキャラ、頭に手ぬぐいを乗っけて桶に酒を乗っけているスタイルが決めのポーズになるのです。

バイカルアザラシショー

バイカルアザラシ広場で行われるショー、飼育員さんの説明によるとバイカルアザラシは淡水にすむ珍しいアザラシ、しかもロシアなんですって。

基本的に動きは鈍く、かなり警戒心が強く人見知りなのでアザラシのショーには向かないアザラシ...ってな面倒なアザラシ。

だからバイカルアザラシは色々な芸が出来るってわけではないし派手な芸が出来るわかではない、温かい目で見て下さい的なゆるりとした時間が流れるショーになります。

f:id:gundamoon:20191213025407j:plain

こちらがバイカルアザラシのショー風景、

置いてあるショーで使う道具がチープな感じ... とても優しい時間が流れるショーになります。

f:id:gundamoon:20191213025419j:plain

確かバイカルアザラシのサーフィンみたいな事を言っておりましたがビート版的な物をもって泳ぐだけという... だがそれがいい、派手なことは出来ないけどショーを見るお客を優しく包み込むその空気がよい。

ショーのお兄さんもメチャメチャ良い人っぽい雰囲気の方、ヤンキーのような客がいないってのもファミリーにお勧めできるポイントです。

バイカルアザラシの決めポーズ!

そんな大したことは出来ないけど一生懸命にショーをやるバイカルアザラシ、最後の必殺技である決めポーズがシャッターチャンスになります。

f:id:gundamoon:20191213025436j:plain

コチラですね、箱根園水族館のマスコットキャラの一番の「見せ場」ってやつ、バシバシと写真を撮りまくりましょう!

私としてもここでガンプラを出すべきか迷ったのだけれどガンプラを出しているオッサンの写真のほうが目立ちそうだったので断念...

水族館でガンプラ撮影すること自体が狂っていると言われても仕方がありません。

 

箱根園水族館はバイカルアザラシのショーを見ないでザーっと回れば30分ぐらい、ショーも含めて見ると一時間ぐらいでしょう。

箱根への旅行で「今日どうすっかな?」なんて迷っている時、少し優しい気持ちになりたい時なんかは箱根園水族館に訪れてみるのもいいもんですぜ!

 

箱根園の水陸両用バス【ニンジャバス】の着水シーン迫力が凄い

芦ノ湖にある箱根園を攻略してきました。

箱根園には新アトラクション水陸両用 NINJA BUS(ニンジャバス)が最近出現、その最大の見どころは道路から直接芦ノ湖へ突っ込む瞬間で間違いありません。

その瞬間は外から見ても迫力が凄いので芦ノ湖の箱根園に訪れた際には突っ込むシーンは絶対に見た方がよいお勧めの観光シーンになります。

NINJA BUS / WATER SPIDER 箱根・芦ノ湖エリアに待望の新アトラクション誕生!│伊豆箱根鉄道伊豆箱根バス

値段はちょっと高め、

私は以前に河口湖で同じやり口の水陸両用バスに乗った経験があるので今回は外から着水シーンを楽しみました。

箱根園から見る芦ノ湖の風景

忍者バスの出発まで少々時間が...という事で箱根園をウロウロしながら芦ノ湖の写真でも撮って時間を潰すことに、ただしガンプラで遊びながら...

f:id:gundamoon:20191213025458j:plain

f:id:gundamoon:20191213025516j:plain

f:id:gundamoon:20191213025530j:plain

箱根園から見る芦ノ湖は障害物が殆ど無いので思い出の写真撮影にはとても良い場所、どうですか、この自然と調和した美しいガンプラの写真...!

箱根園で空き時間がある時は芦ノ湖の風景写真を撮る、これがお勧めですよ~!

映っているガンプラはHGプロトタイプドム(試作実験機)

www.weblogian.com

水陸両用 NINJA BUS(ニンジャバス)

さて忍者バスの出発時間...

その着水シーンを見ようと観光客がワラワラと集まってくる、当然ながら私も着水シーンを激写すべく一眼レフを構えまくるのであります。

f:id:gundamoon:20191213025547j:plain

こちらが箱根園の新アトラクション水陸両用 NINJA BUS(ニンジャバス)

黒いボディにNINJAのロゴがなかなかのカッコよさ!

これが外国人観光客とか見たら喜びまくるだろうなと思えるデザインですね、でも着水シーンを見たらもっと「ワォっ!ジャパニーズNINJAバス!」となるように思う。

NINJA BUS(ニンジャバス)が芦ノ湖に突っ込むシーン

水陸両用 NINJA BUS(ニンジャバス)はわりとスピードを出した状態で芦ノ湖に突っ込んでゆきます。

そのシーンがコチラ...!

f:id:gundamoon:20191213025604j:plain

f:id:gundamoon:20191213025618j:plain

こんな感じで芦ノ湖に向かってゆき...

f:id:gundamoon:20191213025635j:plain

f:id:gundamoon:20191213025704j:plain

バシャン!と水しぶきをあげながらバスが湖に突っ込むシーンはかなりの迫力があります。

箱根園に訪れたら絶対に見ておきたいアトラクションですね、

その後、芦ノ湖につっこんだニンジャバスは「す~っ」っとゆっくり進む...

f:id:gundamoon:20191213025721j:plain

f:id:gundamoon:20191213025738j:plain

水陸両用 NINJA BUS(ニンジャバス)が船モードになるともう見どころはありません。

水陸両用 NINJA BUS(ニンジャバス)の登場で面白さが増す箱根園

芦ノ湖に突っ込む前のニンジャバスを撮影したい方、箱根園の入口付近にNINJA BUSがとまっていたりします。

f:id:gundamoon:20191213025758j:plain

さあ、箱根を訪れたら箱根園で思いっきり遊ぼう!

ついでにガンプラも持って行って...!

f:id:gundamoon:20191213025814j:plain

 

箱根は都内からも近く、温泉も豊富にあるお勧めの遊び場、カップルでもファミリーでも楽しめるので夏休みにどうぞ~!

甘いモノ好きに喜ばれる箱根のお土産「箱根・森のバウム」

箱根ルッカの森で甘いもの好きに喜ばれる箱根のお土産「森のバウム」を攻略してきました。

箱根のお土産と言えば... って沢山ありすぎてどれが一番良いか困ってしまうぐらい多いのが箱根のお土産、

人気ランキングでは「湯もち」「箱根ラスク」「メープルケーキ」「ひょうたん最中」あとは饅頭系が人気とはなっているかと思います。

その中でもコレは美味い、本当に喜ばれるお土産って何?と聞かれてお土産を渡す対象者が甘いもの好きならば、箱根ルッカの森、箱根・森のバウムで販売している湘南ゴールドソフトバウムになります。

バウムクーヘンってだけでも嬉しいお土産、お土産対象者が甘いモノ好きなら間違いない、そしてルッカの森で販売さているのは甘いお菓子ばかり、しかも箱根のお土産ですからね、

「迷っているならつべこべ言わずに森のバウムに直行」が私の意見。

ルッカの森 – 和菓子菜の花

場所は箱根湯本駅から歩いて10分ぐらいの「ルッカの森」という場所というか店舗、店舗名が「箱根森のバウム」といった少々ややこしい名前。

駐車場も完備されているので車でも安心の店舗になります。

住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本307

箱根ルッカの森、森のバウム

f:id:gundamoon:20191213025835j:plain

こちらが箱根ルッカの森、箱根・森のバウムの店構え。

一見すると飲食店のような雰囲気のするお土産屋さんですね。

駅から歩いて10分といった距離がネックなのでしょうか、車での来店客が多いように感じます。

そしてすかさずガンプラを出す私...

f:id:gundamoon:20191213025850j:plain

箱根・森のバウムの外観写真んを撮るなら向かいのコンビニからカメラを構えると良い感じの撮影が可能、勿論こんな場所でガンプラを出す行為は人に見られるのは当然としてかなりの不審者扱いも免れません。

こちらのガンプラは1/144ユニコーンガンダムデストロイモード

www.weblogian.com

裏側の駐車場側からみた箱根・森のバウムはこんな感じ...

f:id:gundamoon:20191213025907j:plain

とてもお洒落な雰囲気ですねぇ...

それでは店内を覗いてみましょう!

人気NO1がソフトタイプのバウムクーヘン「湘南ゴールド」

f:id:gundamoon:20191213025921j:plain

店内にデカデカとディスプレイしてある湘南ゴールドソフトバウム、もう一つが沖縄黒糖ハードバウム。

どちらも甘いバウムクーヘンで甘いモノ好きに箱根のお土産としてあげるならお勧めの一品です。

店内ではその場で食べられるスペースもあり。

ほかに無料で飲めるお茶も設置されています、しかも茶釜で...!

f:id:gundamoon:20191213025935j:plain

桶ですくって紙コップで飲むというスタイル。

このような心使いが嬉しいですね!

箱根ルッカの森「チーズスフレ」をその場で食う

お土産を買いに箱根ルッカの森・箱根森のバウムを訪れた私ですが、その場で食べている人が結構いるのです。

この時に他のお客さんが食べていてとても美味そうに見えたのがチーズスフレ

こちらがその画像...

f:id:gundamoon:20191213025956j:plain

かわいらしい黄色の箱にお洒落なシール、これもお土産的なアイテムなのは分かっていつつもその場で食べてしまう私をお許しくださいませ...

中身はこんな感じ

f:id:gundamoon:20191213030013j:plain

メチャメチャやわらかくてチーズが濃厚にジューシーな味わい、かなり甘い味のしっとりタイプチーズケーキといった感じのお菓子でした。

味が濃いのでひとつ食べれば結構満足するお菓子... とか言いながら車の中で食いまくっちゃった!だって腹減ってのです。

という事で箱根のお土産、それもお土産をあげる方が甘いモノ好きならば箱根ルッカの森、箱根・森のバウムを訪れてみてはどうでしょうか、勿論自分が甘いもの好きなら私のようにその場で食べちゃうのもアリですよ~!