ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

小田急箱根ホールディングスの箱根地域100億円投資で箱根はどうなるのか?ブロガーとしては?

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

最近旅行で遊びまくって記事を書きまくっている私ですが、ちょい前に訪れた箱根や熱海について色々と検索していたところ小田急ホールディングが箱根地域に100億円の投資...ってな記事を読みました。

www.itmedia.co.jp

小田急箱根ホールディングス(HD)は8月1日、神奈川県の観光地、箱根エリアに総額100億円を超える大型投資を行うと発表した。レジャー志向の多様化、観光地間競争の激化、東京オリンピック後の景気動向を踏まえて、2020年に向けて「世界の箱根」を醸成する方針だ。

 芦ノ湖の観光船は新船を建造、ロープウェイの新型ゴンドラ導入、駅舎の改築などを行い、箱根全体をリニューアルする。キーワードは「首都圏からの観光地競争」、世界遺産の富士山を拝む「国際観光地競争」だ。

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1808/03/news041.htmlより引用

確かに箱根は外国人観光客をよく見かけました。

それもファミリーで日本に訪れての箱根観光客が多かったってことはそれなりのお金持ち外国人観光客という事になる。

そして箱根からそれほど遠くない観光地熱海ではファミリーの外国人観光客はあまり見かけませんでした、というより一発で外国人観光客とわかる存在は殆どいなかったのです。

 

色々と考えてみると今後の箱根は熱いスポットになるような気がしてくる、それはブログ的にも...

箱根湯本駅前の渋滞

旅行は基本的に車移動の私にとって一番イヤなのが渋滞、そして箱根は箱根湯本駅前が渋滞するポイントになります。

大型連休などは小田原厚木道路、西湘バイパスの出口である「箱根口」から箱根湯本駅まで大渋滞になることもしばしば。

その渋滞の原因は色々あるにせよ、箱根湯本駅のバス乗り場が一つのポイント。

f:id:gundamoon:20180808233448j:plain

もう一つの渋滞せざる負えないポイントが「御菓子司 ちもと」らへんにある横断歩道、ここを人がけっこうな頻度で通過、脇道から出てくる車、国道1号に入って来る車があってかどうしようも無い場所のように思えます。

具体的な住所だと神奈川県足柄下郡箱根町湯本690の前という事になります。

 

ここさえ通過出来ればあとは渋滞はそれほど感じられないようになっているのも箱根だと思う。

ただ小田急ホールディングスが箱根地域100億円投資したからといって箱根湯本駅前の渋滞が解消されるような事はないでしょう、ちもとの前に信号機を設置すれば多少渋滞が緩和されるように思うのだけれど..

日光に対抗する観光地としての箱根

f:id:gundamoon:20180808234048j:plain

東洋経済オンライの記事に箱根のライバル観光地として名前が挙がるのが関東からの観光地として、伊豆、日光、箱根、秩父、三浦、房総、富士五湖...その中でも日光と箱根がとくにライバルということになっている。

そして悲しいかな、ここに熱海の名は上がっていない。

 

観光的な意味でいえば確かに日光は強いライバル、でも海や山といったレジャーの要素を加えるなら伊豆や房総だってある。

 

箱根は自然のレジャーよりも温泉、景色、観光、といった要素で勝負したほうが良さそうに思う私としては小田急箱根ホールディングスの登山鉄道やロープウェイへの投資は良い感じ。

これは自家用車で箱根を訪れる観光客よりも交通手段に旅行の楽しみを加えて訪れる観光客のほうが単価が高い、移動手段でお金を落として貰う戦略は王道で間違っていないと思う。

f:id:gundamoon:20180808205204j:plain

そう考えると箱根の道路は渋滞していた方が良い...なんて考える小田急ホールディングスの人がいちゃったりして...

まあ数字が読めるという点でも車より電車の観光客のほうが良さそうだし外国人観光客にとっても電車のほうが間違いないはず。

それはかなり昔にスイス旅行に行った外国人観光客の立場としても感じた事です。

箱根地域に100億円の投資が始まるという事は旅ブログで考えても面白い

新しい観光スポットが出来る、新しい遊び場が出来る...となれば飛びつくのが大メディア、そしてブロガーも当然飛びつきます。

とくに新型車両は旅行系ブログ以外にも鉄道系ブログのネタにもなるし、新型海賊船や新型ゴンドラの紹介記事ってのは「新しい箱根」としての情報価値と需要があるはずです。

それは箱根に旅行に行きたいなぁ~、いこうかな~、何があるのかな~って人がネット検索するから。

 

そのような記事は箱根が新しくなった!と話題になる前に記事にしたもん勝ち、

また小田急ホールディングスの箱根地域100億円投資の波及効果から新しく出来るかもしれないホテルや旅館や施設や店舗、リニューアル情報、

外国人観光客の様子や対応する箱根の仕事情報などなどブロガー目線で考えても面白いものがあります。

 

このような未来...とはいっても直近では2018年12月に箱根ロープウェイの大涌谷駅待合室の新設が完成予定となっており、2019年4月には新型海賊船ともなっているので動いている人はもう動いているのだと思います。

外国人観光客向けに既に英語記事なんかも用意しちゃたりして...

 

という事はブロガーらしく箱根のディープスポット情報なんかにも価値が出て来ちゃったりして....自分で宣伝するのもなんだけど例えばこんな記事とか。

www.weblogian.com

箱根にはこのようなネット情報のないスポットがけっこう存在するのですよね、それはやっぱり皆さんメジャーなスポットに焦点をあてるから仕方が無いことだと思うし現地の人に聞いてみないと分からない情報ってやつが箱根には案外ゴロゴロしているように思うのです。

例えばこのような景色の情報だったり...

f:id:gundamoon:20180809003720j:plain

中にはマニアックな趣味の写真を撮るのに良いスポットは?

なんて調べる人がいたり...

って私の事ですけど。

f:id:gundamoon:20180809004018j:plain

まあ私の趣味は置いといて、新しい価値観をブログで表現する、それも100億円規模の投資が始まる箱根地域においてやるってのは一つの方向性としてアリだろうと考えています。

例えば...

「新しくなった箱根で外国人観光客にインタビューしまくってみた件」

「箱根の外国人観光客に箱根と日光でどれぐらい迷ったか質問してみた!」

「外国人観光客に聞いてみた、ぶっちゃけ箱根ってどう?」

みたいなタイトルの記事とかねw

 

最後まで読んで頂き、本当いありがとうございました!