ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

ブログから始まる友情

どうも、ガンダムのオッサンです。

昨晩はてなブロガーのハマダさんの送別会を行いました。

参加したブロガーは私を含めて4人、年齢や世代は異なるけどブログから始まった友情は人生における財産であると私は考えています。

monoplus.info

www.droneskyfish.com

www.hamaren.com

いつものメンバー

そしてコノいつものメンバーはハマダさんに会いたいから集まるメンバー

この集まりに何かを利用して....のような気持ちは存在しない。

このメンバーに存在するのは「友情」のみである。

ハマダという男

f:id:gundamoon:20190119000728j:plain

ハマダというブロガーはここはてなブログにおいて有名な存在ではないだろう。

記事数は1000を超えており3年も継続しているブロガーだというのに有名ではない理由はヤバい内容と主張の記事が多いから。

とくに女性にはドン引きされるような内容が多く、その点は私と似ている部分も多く共感するものの「記事のヤバさ」で言えばハマダさんのほうが上だと思う。

しかしハマダさんのヤバい内容と主張には異常な魅力が存在するのも確かな話、彼は有名ブロガーではないものの実際は多くのファンが存在しているはずだ。

しかしブログでPV数で収益を...と考えるならばファンではなくグーグル検索流入を向いた記事を書かなければならないのもまた事実、このバランスは雑記ブロガーにとって非常に難しものでありハマダさんはブログ記事をファン向けに全振りしている。

実際に会うハマダという男

ハマダさんの記事から滲み出る彼のイメージは「ヤバい人」、これに異を唱える人は少ないはずだ。ではそんなヤバい人になぜ直接合うのか?会って酒を飲み、心霊スポットに行ったりするのか?

常識的に考えてもブログから見えるハマダさんに会うといった行為は危険性があると判断するのが妥当かもしれない。

それでもハマダさんに会うのは彼の人柄の良さを知っているからでありブログ記事から感じられるハマダさんと実際に会うハマダさんかなりイメージが違う、とにかく人間的な魅力があり相当にトークが上手く面白い男...それがハマダという男だ。

そう考えるとハマダさんはブロガーよりはyoutuberのほうが向いているのかも知れないものの一度ハマダ宅でツイキャスを行った時、ハマダさんはメチャメチャな主張を大声で猛々しく叫んでいた。

思うにハマダさんは「発表の場」といった状況になると別人格のハマダが出て来てしまうのではないだろうか。

一生懸命に男と人生を貫くハマダ

f:id:gundamoon:20190119000756j:plain

ハマダさんは昨年末に賃貸で借りている部屋の更新料を払えずに不動産屋と揉め、結果的に部屋から出て行かなければならない状況になった。

www.hamaren.com

一般的にブロガーであればコンテンツとして、ネタとして...と見るのが普通だろう、しかしハマダさんの場合はガチである。

ガチなのだがハマダさんの記事からは悲痛な叫びはあまり感じられない。

それはハマダさんの記事から滲み出るものが男として最大限にカッコつけて生きていたいから...だと私は思う。

私も男としてカッコつけた生き方をしたいもの、学や金はなくともオレのほうがカッコイイ生き方しているから!の気持ちを持ち世間に負けないよう生きているつもりだ、ただし実際は仕事で頭を下げたり媚びへつらいと難しいところがあるのは認める。

きっとハマダさんのことが嫌いな人もいるだろう、それは過激な主張をするブロガーなのだから仕方のない事だと思う。

それでも私はハマダさんを友と呼ぶ。

沖縄に行くハマダ

今になって思えば私はもっと早い段階でハマダさんにブログで稼ぐ方法を自分の分かる範囲で超具体的に説明するべきだったのだと思う。

そうすればアルバイトを少々しながらブログ収益も合わせて何とか食っていける状態になっていたのかもしれない...が、これはたらればだ。

結果的にハマダさんは人生のピンチに局面し、ちょっとヤバい状況になってしまった。

しかし世の中には見ている人は見ているというもの、沖縄ブロガーのアイコさんがハマダさんを拾ってくれるとの記事を目にした。

www.mangaenikki.com

私はアイコさんに会ったことはない。

それでも彼女の慈悲深さは十分に感じられるし私には出来ないことをアイコさんは実際に行動として示した。

しかもハマダさんにとっては「気持ちがイイことも可」といったスペシャルな特典までセットとなっている。

ブログから始まる友情

f:id:gundamoon:20190119000830j:plain

ブログ、それも雑記・日記ブログとはネット上における個人の仮想的な空間と発表の場、そこからリアルの付き合いに発展することの意味とは恋愛だったり友情だったりすると近年の私は考えを改めている。

ブログをやっていなければ知りあう事のなかったハマダさん、ブログをやっていなければセイコウもなかったであろうハマダさんとアイコさん、

そしてブログをやっていなければ人生が詰んでいたかもしれないハマダさん...

このようなきっかけや始まりを考えるとある一人の男の顔が頭をよぎる...そう、いっしーだ。

www.issizzz.com

究極的に考えればいっしーがはてなブログをやっていなければ私はハマダさんと出会う事はなかったかも知れないし、ハマダさんとアイコさんが気持ちのイイ関係にはならなかったかもしれない。

www.weblogian.com

いっしーもヤバいブロガー枠に入っているブロガーだろう、詳しい説明はしないがいっしーもまたはてなでやらかした経験がある。

私ははてなブログを始めてからブロガーオフ会で色々なブロガーに出会ってきた。

中には月間100万PVを持つブロガーもいればブログを始めたばかりの人もいる。

ブログを通じてそんなブロガーと直接会う、住んでいる距離の問題で会えないものの心が通じていると信じているブロガーたち...

そんな繋がりのあるブロガーは思うに前世で何らかの縁があったと私は勝手に思ってる。

親子かもしれないし伴侶かもしれない、戦場における味方かもしれないし上官かもしれない、クラスメートかもしれないし違う学校の好きな子かもしれない...

この考え方はかなりオカルチックな話になり、年月の流れ的にもおかしな話。パラレルワールドが存在するような考え方になるので詳しい説明は省く。

前世というよりは魂レベルでの何らかの繋がりがあった人とブログを通じて再び繋がりが出来る、やはり人が人に惹かれるとは言葉で説明できない何かもあるはずだ。

www.youtube.com

ハマダさん、沖縄に行っても俺たちは繋がっている。

いつものようにドローンさんや愛内君と安い居酒屋でベロベロになりながら飲みたいところだけれどそれは暫く我慢しよう。

焦らなくても俺たちはきっとどこかで会うハメになる。それが何時かは分からないが友情が必ず引き合わせるはずだ。

最後にハマダさんへ重要なメッセージを再びしつこく伝える。

  • カレーは食い続けろ、そしてパイオニアになろう
  • はてなブログはピニオン4、金1ぐらいの割合ぐらいから始めてみよう
  • 沖縄専門ドメイン取って何かやってみよう

そんな風に、僕は思う。