ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

読み手の心に文字だけで何かを残すブロガーの凄さ

どうも、ガンダムのオッサンです。

最近はてなブログ論を全然記事にしていない私、それでも読者登録させて頂いているブログは読んでおりましてはてなブログを3年やってると自分の中にあるブログ論もいよいよ完成系に近づいてきたと実感しております。

ブログ論を究極的に言ってしまうとブログ論とはブロガー向けの内容であるべきであり、そこからブログ仲間・承認欲求・PV数・金といった内容に分岐してくるもの。

そしてブログ論とはブログの記事ネタが思い浮かばない時に何のプロットもなくキーボードを叩き始めて最後まで書けてしまうような性質があるとも考えています。

そんな私がブログ論を今書きたくなる...ってのはネタが無いからではなく、ブログ論を書きたくなるようなブロガーの記事を読み漁って心を動かされてしまったから。

読み手の心に文字だけで何かを残すブロガーとは凄い能力、それを金に変える具体的な方法があればはてなブログも再び活気を取り戻すのではないか?と妄想するオッサンの午後...

ライター名「はしごたん」ブログ名「heartbreaking.」

はてなブログでは有名な存在であるはしごたん...とはいっても古参のはてなブロガーになるので知らない人も多いでしょう。

はしごたんのブログは基本的にテキストベースで目立つようなアイキャッチ画像は無し、文字だけで勝負するブロガーだと思っています。

blog.kuroihikari.net

はしごたんのブログに言及するとなると「怖い」「怒られそう」との気持ちがある人はかなり多いかと思われます。

それは私も同じでヴェポライザー関連ではしごたんに言及した記事を書こうか...と何度か考えたことがありましたが自分の中で”触れてはいけない物”として勝手に壁を作りながら一人ジタバタしていたように思うところがあります。

それでも今こうして言及するのははしごたんの記事、というよりはしごたんの文学的な才能に惹かれてしまったからでしょう。

過去記事全ては読めていませんが気になるタイトルの記事を読み漁ってしまった結果、読み手である私の心に”ブロガーはしごたん”と強くインプットされてしまいまして

「本来ブログってこうだよな...」

と思い知らされた部分があります。

読み手の心を揺さぶる表現力

はしごたんの記事を読んでいると共感できる部分と共感出来ない部分がハッキリと別れることが多々あります。

そして共感できる部分も出来ない部分も表現がかなりエグかったりする...

エグいからこそコメントやブクマが出来ないジレンマがあり人間が持つ心の奥底を揺さぶる表現力は強烈であり読み手としても心を揺さぶられるものがあります。

さらに女性であるのに一人称が「俺」

なぜ俺なのか不明、多分はしごたんの記事を全て読めば一人称俺の答えが出るのでしょう。

オピニオン記事の価値と価格

長いことアドセンスをやってる人ならもう答えは出ちゃってる話、グーグルの方針や世の中の変化により今後どうなるか?までは読みきれませんけどオピニオン記事や日記にアドセンスを貼り付けたところでCPCは酷い数値にしかならないのが現状です。

ならば特化型で...とやるにしてもアドセンスのCPCは減少傾向にある、それよりもアマゾン・楽天のほうが期待値も高く、ハッキリ言って数字が良い。

そうなると収益を考えるブロガーはどうしても物販系の記事が多くなる...流れ的にはこうなっているように思えるし当ブログの流れも露骨に物販系の記事が増えています。

ここでオピニオン記事や日記と相性が良く収益化もしやすいadが存在すれば流れは変わるのでしょう、でもそれが無い。

あるのかも知れないけど見つけられません。

ブログの体をしているけど内容は専門サイトのようなものが主流となってる現状において、はしごたんのようなテキストスタイルなブログは旧タイプに分類されてしまう...

私としてはテキストスタイルなブログとは生身の人間の脳から排出された物であり今後主流になるA.Iには理解の及ばないものだと考えています。

 

その価値にどのような価格がつくのか?

もっと言えばA.Iは生身の人間の脳から排出されたテキストにどれぐらいの価値と価格をつけるのか?

A.Iが生産性や効率性ばかりを重視するのであれば生身の人間の脳から排出されたオピニオンや日記に価格はつきません。

これは芸術の価値と似ているようなもの、「良い」「美しい」「素晴らしい」との評価が多いほど価値や価格が上昇、

そのような成果物はテキストスタイルのブログだと本の形状にして「良い」の評価を多く得るしか価値を上げる方法は無いようにも思えます。

 

読み手の心に文字だけで何かの残すブロガー、その価値を金に変える具体的な方法...それもネット上で完結出来るような方法があればブログ論はもっと盛り上がるのではないか?なんて考えるオッサンの午後です。

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。