ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

「誰でもよかった」とか言われちゃうと体を鍛える、護身術を学ぶしかないよ

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

東海道新幹線でヤバすぎる事件がおきちゃいました。

この事件は連日テレビで報道されているので色々と考えまくる人も多いですよね、とくに出張で新幹線を使うような人、その家族の方は本当に考える事が多いのだと思います。

 

んで新幹線内で事件を起こした小島一朗容疑者の言い分が「誰でもよかった」ってんだからヤバい。

この事件について新幹線のボディーチェックとかセキュリティ体制のような議論が出てくるのは分かるけど小島一朗容疑者は「ムシャクシャしていた」って言ってるんだから何故むしゃくしゃしていたのか?の理由は知りたいです。

 

むしゃくしゃしていた理由が新幹線特有の状況でむしゃくしゃしていたのか、それとも違う理由でむしゃくしゃしていたのか、最初からむしゃくしゃした状態で新幹線に乗ったのか... 

その答えによっては新幹線のセキュリティとは別に自分で自分の身を守る時代を考えさせられます。

他の公共交通機関はどーするの?

セキュリティの強化となるとカメラの設置や持ち物チェックってことになっちゃうんでしょうかね、もっと厳重にするとなると金属探知機のゲートをくぐるとかになっちゃうのでしょうか、

そうなってくると飛行機なみのチェックになってしまうから通勤通学で使うバスや電車はもう無理になってきちゃいます。

 

これは乗り物内においての閉ざされる時間ってのが一つのポイントになるから新幹線と普通の電車や路線バスを同じに考えてはいけないような気もします... でも小島一朗容疑者の行った犯行と「誰でもよかった」発言からすると覚悟が決まっちゃってる人間の行為、

そんな人間の近くにたまたま居合わせちゃったら新幹線内だろうかバス内だろうか路上だろうが攻撃してくるように思えます。

そうなってくると乗り物内における犯罪対策とは別に個人で出来る事も同時に考えていかなければならないように思ってしまう...これは秋葉原で無差別に攻撃した加藤智大の時にも思ったことです。

 

「誰でもよかった」

秋葉原の加藤智大もそうだったけど共通点はやはり「誰でもよかった」になる。

無差別に攻撃を行う犯罪者の誰でもよかった精神は私には理解できません。

しかし実際に誰でもよかったでやっちゃうって事はですよ、自分がその「誰か」になる可能性があるわけでして誰かにならない為には自分で自分の身を守るしかないじゃん...ってな話になってしまいます。

 

そりゃね、こんな無差別な犯罪を起こす人間を育てない社会作りってのが理想なのは分かっています。でもやっちゃうヤツが存在する以上、しかも誰でもよかった精神でやるやつが現実的に存在するからにはコチラとしても現実的に考えるしかない。

必殺技的なものを練習しておくべきか否か、

格闘技や護身術など全然ダメで動きの遅いオッサンな私、もし自分が誰でもよかった精神の対象であるターゲットになってしまった場合で考えるとですね、

覚悟を決めちゃってる武器を所持した相手から命を守る方法ってパンチやキックによる正当防衛では無理っぽいです。

 

そうなると対応策は逃げるしかない、でも逃げられないような場合もあるし誰かを守らなければならない場合もあるかもしれません。

 

ということで私のしょぼいボキャブラリーで考えたのがドロップキック、プロレスの技... 

www.youtube.com

理想的な動きはドロップキックにより相手を倒し、自分は素早く立ち上がり体制を整えるといった動きなのでしょう。

もしドロップキックを普通に使いこなせれば、向かってくる刃物を持った犯罪者を押し倒してして逃げる、または抑え込むことが出来るかもしれまん。その際に斬られて怪我をしてしまうかもしれけど命をとられるよりはまし。

 

という事で実際にドロップキックをやってみたんだけど鍛えていないオッサンにとってドロップキックは非常に厳しい技でした。

ベッドの上でちょっと練習してみたところ、普通のオッサンのドロップキックを敵にヒット出来る気がしない、これは無理。

ならば...という事で今度はジャンピングニーをやってみる。

www.youtube.com

秋山さんのような美しいジャンピングニーは出来ないけれど、オッサンでもこれなら何とか可能、でもジャンピングニーの一撃を避けられたり倒せなかったりするとアウトになる。

 

プロレスの技なんかで誰でもよかった精神の犯罪者を止める、防ぐ、身を守ることなんかできるわけないだろう...といった意見があるのも理解できます。

でも普通のオッサンでも出来る、言葉で動きが理解できる方法ってこれぐらいしか思い浮かびません。

護身術について

私でいえばすぐに出来る技だとジャンピングニーしかありません。

でもそれは一発勝負の技、失敗する可能性も高い...という事でyoutube動画で護身術を見るとこのような動画が...

www.youtube.com

 

なるほど... 

このような動きが求められるのか...

 

これはいざという時の参考になります。

このような動きをとっさの緊急事態に発動出来るようにする為には動画を見るだけではなく練習、きちんと相手役がいての練習、つまり護身術の道場に通うのが一番確実なんだと思う。

だって今、目の前に無差別に攻撃する犯罪者のターゲットにされた時にこの動きが出来る気がしないですもん。正直言ってジャンピングニーですら焦りと恐怖で難しいかもしれません。

 

記事を書きながら少し鍛えるか...の気持ちでシャドーボクシングやってみたけど、すぐに腕が疲れるというか腕の筋肉が悲鳴をあげているのが分かるレベルの弱さでした。

 

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございます。