ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

日本社会に増えすぎたNTTの代理店

どうも、ガンダムのオッサンです。

会社にかかってくる営業電話でインターネットについての電話あるじゃないですか、「いつもお世話になります、NTT代理店の...」の代理店の部分を小さく発音したり完全に初見なのに「いつも」とか言っちゃう営業電話のシリーズ

www.weblogian.com

先日本物のNTTから営業電話がかかってきましてですね、その本物のNTTのテレアポさんがしきりに「代理店ではなく正規のNTT」をアッピールしまくるので思わず話を聞きまくってしましました。

NTTの代理店って日本に増えすぎですよね

「こちらはNTTの代理店ではなく正規のNTTです」から始めなければならない営業電話

代理店を増やしすぎたNTTの自業自得というか仕方が無いというかなNTT、その本物のNTTから光回線で最強・最新のセキュリティーのモデムがあるからお宅の会社で今つかっているモデムと取り変えないか?

現在4000円ぐらいのやつが6000円ぐらいになるけど安心だぜ!ってな内容の営業電話が先日会社にかかってきました。

私としては全く変える気がなく、そんな電話はガチャ切りで構わないものの話を聞いてしまった理由は「代理店ではなく正規のNTTです!」をしつように言ってくる悲しいひとときがあったからでした。

 

通常このようなネット回線電話の営業はNTT代理店からかかって来るもの、代理店のテレアポ部隊も必死ですよ、アフィリエイトをやっている人なら何となくの契約単価を想像できるってもんですね。

 

しかしこれが正規のNTTからの営業電話となるとちょっと面白い、ネット回線についての営業トークよりも正規のNTT,、本物のNTTであることを一生懸命に説明してくるのです。

「正規のNTTですから安心して下さい!」

「NTTの代理店ではなく本物のNTTです!」

テレアポさんの気持ちはよ~く分かりますよ、そんなセリフを言わなければならないのはテレアポさんの責任じゃないですもの。

f:id:gundamoon:20181123002140j:plain

※画像と記事の内容は一切関係がありません。私はいい歳こいてこのような事に情熱を捧げるオッサンという事でご理解をお願いいたします。

NTT代理店について本物のNTTの回答

本物のNTTなのに電話で説明するにあたって「本物で正規のNTT...」 といちいち言わなけれなならない本物のNTTの営業さん、また当記事のように本物の...と書かなければならないこの状況についてどうにもならなくなっているように思える現状のNTT、公式サイトでは代理店についての回答があります。

代理店について
Q 本当にNTT東日本の代理店か確認したい
A NTT東日本の代理店は電話や訪問の際には、お客さまに対して「会社名」「氏名」を名乗り、「電話や訪問の目的」、代理店であることをお伝えしています。
ご不審な点がございましたら、弊社代理店かお調べいたしますので、NTT東日本お客さま相談センターへお問い合わせいただきますようお願いいたします。

フリーダイヤル 0120-019000
受付時間:平日午前9時~午後5時まで
休業日:土日・祝日・年末年始

 

Q NTT東日本の代理店から、執拗な勧誘や不審な勧誘があったので問い合わせたい(例)「光にしなければならない」「ADSLは使えなくなる」「電話機・電話回線の調査に伺う」等の不信な勧誘がある 等
A 弊社代理店に関するご意見につきましては、NTT東日本お客さま相談センターへご連絡をいただきますようお願いいたします。
なお、「光にしなければならない」や「ADSLは使えなくなる」、「電話機・電話回線の調査に伺わせる」という事実はございません。万が一、弊社代理店が不適切な営業活動を行った際は、厳しく指導等を実施してまいります。

フリーダイヤル 0120-019000
受付時間:平日午前9時~午後5時まで
休業日:土日・祝日・年末年始

また弊社および弊社の代理店からの勧奨を希望されないお客さまは、勧奨停止受付窓口へお問い合わせいただきますようお願いいたします。

フリーダイヤル 0120-849994
受付時間:平日午前9時~午後5時まで
休業日:土日・祝日・年末年始

よくあるご質問(FAQ)代理店の回答 | よくあるご質問(FAQ)その他 | お問い合わせ | NTT東日本より引用

本物で正規のNTTの公式サイトの「よくあるご質問」がこのようになっております。

変なことがあったら厳しく指導をしているようですね、しかし現状はまだまだ難しい部分があるでしょう。

それは本物の正規のNTT営業さんさんが「NTTの代理店ではなく本物のNTTです」と言わなければならない状況からも読み取れる部分があります。

厳しく指導を行う代理店とは一次代理店なのか、それとも二次代理店なのか?

では公式のNTTが厳しく指導を行う代理店とは?になるのですが、通信系の代理店には一次代理店と二次代理店ってな構造が存在します。

 ただしNTTがどのような形式の代理店契約を行っているか...この分野について私は素人なので分からない部分がかなりあります。

それでも軽く検索を行うと代理店の構造がボンヤリと見える。

https://hikariweb.ntt-east.co.jp/index.php

https://hikariweb.ntt-east.co.jp/general/aboutus/aboutntt.php

https://hikariweb.ntt-east.co.jp/general/search/index.php

他にもNTT代理店の募集を行う会社はありましてですね、それらをじっとり眺めているとNTTの代理店が代理店を募集するような構造...つまり一次代理店と二次代理店の構造が見えてくるのです。というよりも三次まであるの?といった感想。

ということは「いつもお世話になっていますNTT代理店の...」から始まる営業電話をかけて来るNTTの代理店は二次代理店なのか三次なのか?

そうだとすると、それら末端の代理店を本物のNTTが厳しく指導しているのかどうか?全国に数千社あると言われる代理店に厳しく指導を行うのは物理的に難しいのではないか?といった疑問が出てきます。

この分野についてメッチャ詳しい人は存在しますよね、というか沢山存在するはず...でも公式のNTTが..ってNTT東日本ですけど先に引用したこのページ

www.ntt-east.co.jp

「全面的にやってますよ感」を出しているからある意味守られている感があるのかも知れません。でもメッチャ詳しい人が書いたNTT代理店の裏話的な記事は読んでみたい、加えてNTT東日本のよくあるご質問にまてはてなブックマークが付いている事実にも驚かされます。

結論、NTT代理店って日本に増えすぎですよね。

最後まで読んで頂き、本当いありがとうございました。