ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

深夜のお台場「船の科学館」「お台場海浜公園」のガンプラ遊びスポット

お台場の船の科学館横にある東八潮緑道公園を深夜に訪れました、しかもガンプラを持って。

船の科学館は入館料がタダだっていうのに営業終了後の深夜に行く... 自分でも何故このような発想になったのか分かりません。

きっと夜の船はキレイなんだろうなぁ~ のような理由だったんでしょう。

自己分析をすると少し歪んだ行動力はあるほうだと思いますが、毎回行き当たりばったりの徘徊というのが何ともダサいですね。

船の科学館は営業終了しているので横にある道で遊んでいたら色々と怖い思いをしてきました。

住所 : 東京都品川区東八潮3番1号

お台場地域ですけど品川区ですから。

深夜の東八潮緑道公園にガンプラを持ちこむ

今回の作戦はHGUCグフカスタムでいきましょう、1/144ですがとても良いキット、ガンプラ初心者にもおすすめなモデルです。

それでは東八潮緑道公園のメインゲートを確認してみましょう。

f:id:gundamoon:20191117025836j:plain

時刻は深夜1:30で平日... 誰もいませんしいたら怖いですよね。

おかげでガンプラを隠すことなく堂々と持ち運びながら作戦が出来るというもの、ちょっと怖いですけど確実に作戦成功が約束されている、

もはや突き進むのみ!

f:id:gundamoon:20191117025847j:plain

船の科学館までやってきたのだから一枚ぐらいガンプラ撮影作戦をしなきゃね...!

ちなみに私は船の科学館を訪れるのが初めて。

事前情報を何も仕入れずにグーグルマップだけで来たらこんなビッグな船があるとは...!とはいってもコレって船の形をした建物。

f:id:gundamoon:20191117025856j:plain

それでは漆黒の公園内部へと向かってみたいと思います、かなり暗く、怖いです。

平日の深夜なのに人がいるんですけど!

奥のほうへ進んでゆくとなにやら人影が見えます...否、完全に人がいる!

一瞬オバケかと思った人、木に隠れながら観察すると小さいLEDみたいなのをプラプラさせて歩いたりしてます。

気になったのでよーくみるとですね、この人たち釣りをしていたっぽい。

いや、完全に夜釣りな人がちょこちょこいました。

私もこのまま木に隠れてると不審者扱いされそうなので釣りの下見に来たみたいな俺をアピールしつつ木から身を出すと釣竿持った夜釣り人が「どーもー」みたいな感じで挨拶、さらに手でオッケーのサインを出してくる...

その時は写真が撮れる雰囲気じゃないので下手糞ですが絵を描いてみました。

f:id:gundamoon:20191117025905j:plain

(絵の事については言わないで下さい、自分の絵レベルは十分に理解しております)

こんな感じで知らないオッサン二名が大丈夫だよ的なアピールをしてどっかいっちゃったんです...

私は釣りの事はさっぱり分かりません。

沢山釣れるよとかの意味だったんでしょうか?

それとも私を初見の釣り人とみなして「この場所は夜釣り大丈夫だよ」のサインだったのでしょうか?

多分、いや間違いなく後者ですね。

何にせよ知らないオッサン2名が私も夜釣り目的だと勘違いしてくれたの良かったです。これでガンプラ見られたらちょっとヤバかった。

なんだか奥のほうにも人がいて作戦が無理そう、という事でオッサン二名がいないうちに作戦をする。

f:id:gundamoon:20191117025919j:plain

なんか改造スクーターがうろうろしてるんですけど...

ガンプラ写真撮影作戦を終えて私の原付に戻るとですね、ピカピカ光って音楽がジャンジャンなるスクーターが走り回ってます。

この作戦した時は平日の深夜1:30なんですよ!?

そーゆー方たちは土曜の夜とかに集まるのが一般常識ってやつなんじゃないんですか?

それにここは湾岸警察署のすぐ近くなんですよ!?

f:id:gundamoon:20191117025934j:plain

私に気がついていないっぽいのでグフさんとカメラを構えて爆音LEDオーディオヤンキースクーターを激写しようとしたけど上手く撮れませんでした。

普段であれば怖いスクーター集団が来たら絶対に目を合わせず、かつ存在感をゼロにするアビリティを発揮しながら見逃してやるところですがココは警察署のすぐ近く。

こんな時だけ強気にでるオッサンですし、こんな時こそ強気に出るべきです。

ガンダムに例えるなら私はアムロが乗るνガンダムのフィンファンネルバリヤーの中にいるようなもんですもの!

さて怖いスクーター集団が私の次作戦ポイントとは違う方向に行くのをしてから安全にこの地を発進しました。

スポンサードリンク

 

深夜のお台場海浜公園

船の科学館帰りにレインボーブリッジとガンプラを激写しようと思い、どこか良い場所はないか?とウロウロしているとお台場海浜公園からレインボーブリッジが丸見えな感じ...!

という事で時刻はAM2:00ぐらいでしょう、きっとカップルはもう居ないと踏んでお洒落スポットに向かいました。

この場所についてはカップルのデートスポットには常識っぽい場所だと思うので詳しい内容は省きます。

住所 : 東京都港区台場1丁目 周辺の道路とか海とか公衆トイレとか。

カップルだらけのお台場海浜公園に潜入開始

平日の深夜AM2:00... こんな時間にお台場をウロウロしてる人なんか居るはずねぇ!

そういう気持ちで挑んだお洒落スポット、歩道に人はいませんが車がかなり停車しております、それもエンジンがかかった状態で。

原付スクーターで良いスポットを探しながそういった車を横目で見るとほとんどカップルIN車LOVEな感じ。

ただカップルですからね、興味があるのは相手のことだけなんでしょう。周囲を警戒しながら歩く私など視野に入っていません。

という事で作戦開始です。

f:id:gundamoon:20191117025951j:plain

レインボーブリッジが見え、かつデックス東京とアクアシティお台場のイルミネーションが見えちゃって砂浜まで見えちゃう深夜のお台場夜景お洒落スポットはココで間違いありません。

ここは多機能トイレとなっていますがライトアップされているので一見するとトイレだと思えない建物、無駄に金かかっております。

f:id:gundamoon:20191117030004j:plain

道路から丸見えのお洒落トイレでガンプラを撮影する... 周りが路上駐車inカップルだらけでこんなマニアックな事をすれば目立つじゃないですか、でも大丈夫なんですよね、みんな車内でLOVEだから。

しかも記念撮影にもバッチリのお洒落トイレにカップルがいないなんて... ちょっと変だなとは思いつつもガンプラ作戦しまくりです。

f:id:gundamoon:20191117030014j:plain

カップルが歩いている場所はビーチ

何か変だな...

と思いながら下にあるビーチを見るとカップルが歩いていたり座っていたりするんですよ、人のいない車のカップルはココを目指していたんですな。

f:id:gundamoon:20191117030025j:plain

一応ビーチまで降りてみたんですが、モロに見られました。

まあそうでしょう、一人で歩いてる人なんか私だけなんですから...

さすがにビーチでガンプラ冒険をすると不審者扱いされそうなので上からグフカスタムを撮影しながら見てるカップルたちは他カップルには警戒心が無いという事。

さっきは私をガン見していていたくせに他カップルの場合はチラ見程度な感じです。

こんな状況を見てるとカップルたちが平日の深夜でもお台場に来る理由が何となく分かったように思いました。

この記事で登場したガンプラはこちら

明確な答えはないけど多分LOVEな集団心理

お台場という場所はデートスポットとしての認知度はかなり高く、かなりお洒落という事になっているのでソコに行けばカップルだらけが想像できます。

ならばソコはLOVEな空気が溢れており、ソコにいけば否応なしにLOVEな空気にならざる得ない、LOVEな空気になりたくないならソコに行かない...

多分こんなとこだと思います。

そういうLOVEにもってこいの場所がお台場、とくに夜で海で夜景でカップル多めという事前情報満載であればLOVEな集団心理も加わり平日の深夜でもお台場にいくのだと思います。

更に深夜にLOVEな空間へ行くとなれば車で行くしかないですもんね、となればレインボーブリッジを通るルートを選ぶのが常識ってもんでしょう。

こうなると、もはやそういう雰囲気の為に用意されたような場所に思えてきちゃいます。

この辺に住んでいる人は日常であまり感じないかも知れませんが、私のように深夜のカップルだらけ空間に放り出されたら色々と考えてしまうもの、

当然ですが、私のようなガンプラ冒険目的で深夜に一人でお台場のオシャレスポットビーチに行く事は勧めません。

ついでに深夜のお台場帰りに東京タワーが見えたので離れた場所からチョットだけ作戦をしました。

f:id:gundamoon:20191117030043j:plain

 この辺は大使館があるので警察官も多め、人っけの無いこの辺でガンプラとカメラもってウロウロしていると職務質問される可能性が極めて高いのでこれぐらいで止めておきましょう。

更に帰り際、新宿二丁目で作戦を試みたのですが

「まずもってどう考えても不可能である」

こう表現するほかありませんでした。

これは被写体がガンプラどうこうではなく、そういう時間帯に写真を撮っちゃダメな場所が新宿二丁目と実感させられました。

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました!