ミルフモ

ヴェポライザー、VAPE、アイコス、グロー、プルームを中心とする電子タバコ専門サイト(旧名:ブログ作成ボタンを押しちゃった)

相澤陽介氏とPloom Xがコラボした「YOSHUE AIZAWA Model フロントパネル」が登場、現物レビュー

新着注目記事

「DM-PAX」水タバコ・ボング・バブラーのように吸えるヴェポライザーで極上のチルタイムを可能に!

アイコスイルマ互換機「Morex 」TEREA・SENTIAの加熱温度を調整して自分好みの吸いごたえに!

「SKUARE6000」使い切りVAPEで18650バッテリーが使える新モデルが登場! VAPE

「へんぷや CBD スターターキット高濃度CBD×ヘンプ100%オイルのリラックスパワー

「FreeMax MAXPOD 3」簡単操作で手が汚れないPOD型VAPE

「Empire Brew ICE ALOE VERA」冷え冷えの濃厚マスカットVAPEリキッドがウマい!

おすすめ「りきっどや 巨峰極」巨峰を丸ごと食べるようなリアルな味

「glo hyper X2」は買いの加熱式電子たばこ?

koi-koi2022年夏の新作リキッド「赤短・乳酸菌ドリンク」「 青短・乳酸菌ソーダ」が美味い!

スケルトンボディのPOD型VAPE「VAPORESSO X MINI」実機レビュー

相澤陽介,Ploom X

JTはファッションブランド「White Mountaineering」を率いる世界的なデザイナー、相澤陽介氏とコラボレーションし、加熱式たばこ用デバイス「プルーム・エックス」のオリジナルアクセサリーを開発しました。

2022年8月22日より、そのオリジナルアクセサリーが抽選で当たるプレゼントキャンペーン及び Ploom Shop でのプリントサービスを開始します。

「White Mountaineering」を率いる相澤陽介氏とコラボレーション加熱式たばこ「Ploom X」専用アクセサリーに、限定コレクションが登場

「プルーム・エックス」は、たばこの愉しみを追求した次世代の加熱式たばこ用デバイスです。一人ひとりの個性を尊重するという理念のもと、「TRULY UNIQUE」をコンセプトに掲げ、加熱技術やデザイン、たばこスティックのブレンド全てにこだわり、お客様に上質でユニークな体験を提供しています。

この度、「プルーム・エックス」は、「自然から得るインスピレーションを形にし、その人らしい感性・喜びを開放する」という相澤氏の「TRULY UNIQUE」な思想に共感し、コラボレーションを通じて、お客様に豊かな感性や個性を愉しむ機会を提供します。

今回の限定コレクションでは、「プルーム・エックス」の愛用者である相澤氏が、軽井沢のアトリエで創作活動をした際に感じた、最も心地良い瞬間を表現しました。

夕日に照らされた山々を眺めながら一服をしたひとときから着想を得たもので、「夕焼けに照らされた赤い山」と「一服とともに深く吐き出される蒸気」の調和が生み出す、静謐で豊かな時間が 2 種類のフロントパネルに描かれています。

これらが抽選で当たるキャンペーンを、「プルーム・エックス」の会員向けウェブサービス「Ploom X CLUB」にて、2022年8月22日から10月21日まで期間限定で実施します。

また、全国の Ploom Shop のうち札幌店、銀座店、渋谷店、名古屋店、なんば店の 5 店舗において、ご自身のフロントパネルにオリジナルデザインが施せるプリントサービスも同期間で展開します。

「Ploom X CLUB」キャンペーン概要

「プルーム・エックス」のブランド世界観を体感できるウェブサービス「Ploom X CLUB」(https://ploom-x-club.clubjt.jp/)にて、相澤氏がデザインした限定のフロントパネルが抽選で当たるキャンペーンを実施します。

また、インタビューを通して相澤氏の「TRULY UNIQUE」な価値観に迫る記事を、「Ploom X CLUB」にて公開します。

YOSUKE AIZAWA Model ”Fog Mountain”
YOSUKE AIZAWA Model “Sierra Moon”

【応募期間】2022 年 8 月 22 日 10:00~10 月 21 日 23:59

【公開記事】https://ploom-x-club.clubjt.jp/members/pickups/creators-collaboration/

※ 「YOSUKE AIZAWA Model “Fog Mountain”」「YOSUKE AIZAWA Model ”Sierra Moon”」の応募には「Ploom X CLUB」へのご入会が必要です。

※ 本キャンペーンは、「JT ID」を保有した満 20 歳以上の喫煙者を対象としたものです。

2022年8月22日より、プレゼントキャンペーンや Ploom Shop でのプリントサービスを開始

今回の限定コレクションと同様のデザインをご自身のフロントパネルにプリントできるサービスを、2022年8月22日より10月21日まで期間限定で、全国の一部 Ploom Shop にて実施します。

提供店舗 住所

  • Ploom Shop 札幌店 北海道札幌市中央区北 3 条西 4-1-1 日本生命札幌ビル 1F
  • Ploom Shop 銀座店 東京都中央区銀座 4-3-5 銀座 AH ビル B1-2F
  • Ploom Shop 渋谷店 東京都渋谷区神宮前 6-16-13Naias 神宮前 1-2F
  • Ploom Shop 名古屋店 愛知県名古屋市中区栄 3-30-28 岩田栄ビル 1-3F
  • Ploom Shop なんば店 大阪市中央区難波 1-8-1 メリディアン難波ビル 1-2F

※ プリントサービスは通常 500 円、「Ploom X CLUB」会員の方は無料で提供します。

※ プリント可能なフロントパネルにはカラーの指定がございます。YOSUKE AIZAWA Model ”Fog Mountain”は「プルームエックス・フロントパネル・スレートグレイ」、YOSUKE AIZAWA Model “Sierra Moon”は「プルームエックス・フロントパネル・シルバー」へのプリントが可能です。

※ 20 歳未満の入店はお断りしています。

※ 新型コロナウイルス感染拡大の影響により営業時間が変更になる場合があります。

最新情報は HP(https://ploom.clubjt.jp/shop/about_ploomshop/)をご確認ください。

相澤陽介氏について

1977年生まれ。

多摩美術大学デザイン科染織デザイン専攻を卒業後、2006年に White Mountaineering をスタート。

相澤陽介

これまでに 、 Moncler W 、 BURTON THIRTEEN 、 adidas Originals by White Mountaineering など様々なブランドのデザインを手掛ける。

2019 年からは、北海道コンサドーレ札幌のクリエイティブディレクターに就任。

近年では 、20SS シーズンよりLARDINI by YOSUKE AIZAWA 、21AW シーズンより PAUL&SHARK × White Mountaineering をスタート。

また、2021 年秋冬にはUNIQLOとのコラボレーション「UNIQLO and White Mountaineering」を発表。

その他、多摩美術大学の客員教授も勤める。

「Ploom X CLUB」について

「Ploom X CLUB」は、「プルーム・エックス」のブランド世界観をコンセプトとしたウェブサービスです。

「Ploom X CLUB」では、自損・紛失に対する保証をはじめとしたアフターサービスや、「プルーム・エックス」の世界観を体感できる会員限定キャンペーンやコンテンツを展開しています。

また、「Ploom X CLUB」会員には、「プルーム・エックス」の使用状況や、「Ploom X フリートライアル」の紹介数に応じ、ステータスが付与されます。

ステータスに応じた、「Ploom X CLUB」ならではの特典や優待を提供しており、ここだけの特別な体験をお楽しみいただけます。

なお、「Ploom X CLUB」の詳細は、ウェブサイト(https://ploom-x-club.clubjt.jp/)にて、ご確認ください。

※ 「Ploom X CLUB」の利用には、「JT ID」の取得と、デバイス登録が必要となります。

※ 「Ploom X CLUB」内での、キャンペーン応募時に必要なポイントは、「CLUB JT」のポイントを共通で利用可能です。

「Ploom X YOSHUE AIZAWA Model」現物レビュー

JTからPloom X専用の「YOSHUE AIZAWA Model」フロントパネルの現物2種類を提供していただきました。

2種類とも名前があり「Sierra Moon」「Fog Moutain」、どちらも今までのPloom Xフロントパネルとは全く異質デザインの限定コレクションです。

Ploom X YOSHUE AIZAWA Model

Ploom X YOSHUE AIZAWA Modelは抽選であたるキャンペーン品、購入できません。

パッケージ裏面には「非売品」としっかり記載されています。

Ploom X YOSHUE AIZAWA Model

「Sierra Moon」「Fog Moutain」のどちらもマット手触りに。今までのようなメッキ加工されたギラギラフロントパネルとは全く違う仕様になっています。

Sierra Moon・Fog Moutain

Sierra Moon
Fog Moutain
左「Sierra Moon」、右「Fog Moutain」

Ploom Xデバイスに装着してみてもこれまで発売されてきたフロントパネルとは全く違う異質な感じ、癖が強いPloom Xに。

どちらも「和」っぽいテイスト、これは日本好き・JT好きの外国人が気になるアイテムなのでは?と思います。

www.weblogian.com