ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

グーグルのコアアルゴリズムアップデート以降、アドセンスのポリシーが違反が厳しくなった感じがする

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

 2018年の8月に行われたグーグルのコアアルゴリズムアップデート、これにより検索結果順位の変動が起きて喜んだり苦しんだりしている方が入り乱れるネット状況...

私としては運営するブログのうち一つのアクセスが上がる結果になりました。

 

それとは別に問題が発生しておりましてアドセンスのページ単位のポリシー違反、これが8月1日以降けっこう増えている状況で記事内容の見直しや削除等やることが増えております。

 

思うに8月のコアアルゴリズムアップデート以降にアドセンスポリシーの基準が厳しくなったように感じており、例えばアダルトな内容に少しでも触れるサイト運営者は記事の見直しと注意が必要...なんて考えちゃったり。

アドセンスポリシー違反のメールが届く時間帯

アドセンスからメールが送られてくるだけで「ドキっ!」っとする感情、あるあるですよね。それが運営サイトのポリシー違反の内容ともなれば「げっ!マジ?」焦ってしまう人も多いでしょう。

 

ではそんなポリシー違反のメールが届く時間帯について考えた事...ありますか?

私も今まで時間帯までは気にしたことがありませんでしたが、こうも立て続けにポリシー違反のメールが届くと色々と気なるというもの、私の場合はアドセンスポリシー違反のメールが届くのは決まって深夜2時過ぎでした。

具体的な時間はAM2:30~AM2:35の間、日本時間では通常寝ているであろう時間にポリシー違反のメールが送られてきて朝メールチェックした時の「げっ!マジ?」となるようにしているのでしょうか?

f:id:gundamoon:20180819133040j:plain

別にメールのお知らせだから何時でもいいや...とは思う部分もあるのだけれどもし逆の立場なら深夜2時過ぎに重要なメールを送ることはしません。

このようなお知らせメールが良く届くようになったのが2018年8月のコアアルゴリズムアップデート以降です。

アドセンスページ単位の違反の対処法

もう色々と面倒だし訳ワカンネ!ってな場合は違反があったページを削除して放置(審査リクエストは行わない)、2~5日ぐらいでポリシー違反がなくなります...って当たり前ですよね、アドセンスのポリシーに違反したページが存在しなくなるのだから違反がなくなって当然。

 

ではそのページを消したくない...ってな場合は記事の内容をアドセンスのポリシーに合致するようにして審査リクエスト。

問題がなければ早くて数時間から一日でポリシー違反が解消されます。

f:id:gundamoon:20180819134118j:plain

アドセンスの画面でポリシー違反の確認は「ホーム」「設定」「ポリシーセンター」ですぐに見れるようになっています。

その他ポリシー違反があった場合はアドセンス画面左上の「通知」にマークが付いていたりするのでここでも知る事ができます。

そしてポリシー違反が解消されるとメールで再びお知らせが届く...

f:id:gundamoon:20180819134709j:plain

ポリシー違反は問題なく修正されましたよ...ってなメールなのだけれどもアドセンスからのメールはやっぱり「ドキっ!」としますよね。

この場合は2ページ分のポリシー違反を受けたので記事の内容を大幅に修正、もはや当初の記事の原型をとどめていない状態で主張も内容もあったもんじゃない記事に書き変えました。

 

ページ単位のポリシー違反をしているが記事は修正したくない...ってな場合はアドセンスのコードをそのページがから剥がす必要があります。

ワードプレスなら広告の除外、はてなブログなら広告不要タグの活用など。

f:id:gundamoon:20180819154939j:plain

 ワードプレスでは簡単に記事単位での広告の表示・非表示を切り替える事が可能、はてなブログではこんな方法があります。

www.weblogian.com

「いっしーのためだけ」とはしておりますが内容的にははてなブログでアドセンスを貼るにあたって、アドセンスのポリシー違反に該当するような記事があるけど自動で広告を新入しつつ任意のタグによりアドセンス広告を表示・非表示を選べるようにする方法の記事になります。

 

それ以外にも様々な事情によりどうしても記事は消したくない、しかしアドセンス導入しているブログでは出来ない...なんて場合は別に無料ブログをつくってそちらに流すなんて方法をとったりする場合も。

リンクは貼りませんが私もはてなブログ無料版でそのような記事をまとめたブログがひとつあったりします。

2018年8月のみでページ単位のポリシー違反が5件以上

8月から新しく公開した記事でポリシー違反だったらまあ分かるのだけれど今回連続で違反になった記事は一年以上前の記事だったりしました。

内容的には直接的な表現は完全にさけた少しだけアダルトな内容や、それまでは隠語を使えば大丈夫だったような記事がポリシー違反になったと感じています。

 

このような状況は私だけ?なんて思いながツイッターを眺めるとやはり2018年8月以降にアダルト系でポリシー違反になっている方のツイートが多いこと... AIの判定がおかしくなっているのでは?なんて見解もあったりするのです。

 

私としては判定がおかしくなったというよりは厳しくなったといった考え方、という事で今後は少しでもそのような内容に触れる場合はアドセンスの広告を表示させない策をとるべきと考えています。

 

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。