ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

PV数があるのにアドセンスが貼れない記事を書くのは無意味?

f:id:gundamoon:20181208180732j:plain

どうも、ガンダムのオッサンです。

はてなブログでTwitterと連動して記事のツイートをしていると色々なDM(ダイレクトメッセージ)を頂くことがあります。

そんなDMの中で少し返信に困ってしまうのが「ブログを教えて」「PVを上げる方法を教えて」といったシリーズ、自分のわかる範囲で答えるにしても人それぞれの方向性が違うので真剣に答えるとなるとやはり個別コンサルといった形が望ましいのだと思います(やらないけど)

でも中には「面白いやりかた教えて!」というか「アドセンスNGな記事を書く理由は?」

といったもの。

では質問者が気になる理由は例えばどんな記事か?ってばこのようなカテゴリー。

おかず論カテゴリーに含めずに同様のテーマでも記事を沢山書いております。それは既に自分でも把握しきれない状態。

そんな記事にはアドセンスを貼っていませんし、中には何の広告も貼られていないおかず論的な記事も多く存在します。

収益目的でブログ運営を行う人にとってこのような状態は確かに「?」でしょう、加えてアフィリエイトが存在しない内容の記事でアドセンスNGな記事を書く理由についても「?」と疑問を持つのも分かります。

露骨な言い方をすれば「そんな記事を書いても一円にもならないのでは?」になり、確かに広告が貼られていない記事単体では一円にもなりません。

ここをどのように捉えるか?がポイントであり

  • 雑記ブログだもん
  • 趣味だもん
  • 楽しいんだもん
  • お金稼ぎがメインじゃないもん

のように捉えている方が多いのではないかと思います。

私としてもそのような面があるにせよ更に深堀りしてカラクリを言うというか、当ブログでの経験を元にするとですね、アドセンスNGな記事はやはり無駄な記事では無かった...といった結論になるのです。

アドセンスNGな記事はグーグルに必要とされていないわけではない

アドセンスの広告を記事に貼っているとどうしてもアドセンスのポリシーに準ずる記事ばかり書いてしまう傾向があります。

ではアドセンスNGな記事は書かない方が良いのか?となると「それは違うと”思う”よ」ってのが私の答え。

記事の内容がアドセンスのポリシーに準じていないからといってもその記事がグーグル検索において必要とされていない記事であるかどうか?は別の問題、内容的にアドセンスがNGなだけでかなりのPV数を稼ぐ記事はあります。

おかず論はブロガーとしての信用に直結

おかず論はどうしても女性に対して抵抗感がある内容、それはもうどうにもなりません。しかし男性には響くものがありまして男ならではの悩みなどに直結する内容です。

そのような男性ならでは...の部分を赤裸々に語る意味、それは男性に対しての信用に直結する部分がかなりあるのです(※女性にはドン引きされる)

「そんな事をやったら多くの層にアプローチできないじゃないか」

といって意見もあるでしょう、それは正解でありその通りと言いようがありません。

多くの層にアプローチ出来るような内容の記事や特化したメディアを作り、それが検索上位表示出来るようになれば良い、収益を考えてのメディア運営ならばそこを目指すべきでしょう。

問題はそのような王道とも言えるメディア運営で検索上位をとれるか、それでPV数をえられるか?といった問題。

これが難しい場合はアプローチする層を絞ったほうが楽、というよりも層の絞り込みはガチガチなアフィリエイターさんほど重要なはずだし、層のボリュームも重要でしょう。

つまり当ブログではアプローチする層を男性に絞っている、加えて男性なら誰でも....な部分であるおかず論と関連する内容に絞っている部分がかなりあります。

ここでアドセンスNGな内容に共感して頂ける部分があれば、それは信用に繋がる、男性ブロガーとしての信用になると私は考えているのです。

そして信用とはお金にも繋がる話、信用を得るとは超大変なことです。

アドセンスNGな内容を検索するユーザーがアドセンスOKな記事を読んでくれる

f:id:gundamoon:20181208180802j:plain

当ブログはこのパターンがとても多いのです。つまりはおかず論により信用を得た男性が真面目な記事も読んでくれるといった流れ。

これはいかにグーグルが優れているとはいっても人の気持ちになるので数値化できない部分であります。

そのような気持ちの数値化においてはてなブックマークは優れており、感情SEOなんて言葉で記事を書いたこともあります。(でも今は無理)

www.weblogian.com

そんな事を言いながらも真面目な検索向けの記事を書く必要もあります。

真面目な検索向けの記事を読んで頂いて、そこからおかず論を読んでもらえる、逆もある。これが私にとって最高の行動フローです。

このような行動フローの解析はAIにはまだ理解不能でしょう。

収益面だけで考えると理想的とされる行動フローは一つの検索語から記事を読み、関連した内容の記事を読み...ってな流れのはず、私はそれをあえて無視している傾向がかなり強いのです。

これがPV数があるのにアドセンスが貼れない記事を書く理由にも繋がる話ということです。

初めは質問をして頂いた一人の為に...と思いましたが、言わないだけで気なっている人もいるはずと考えたので記事にて回答しました。

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。

※ガンプラの画像は挿絵的なモノで記事とは全く関係がありません。「俺のガンプラを見てくれ!」といった承認欲求の塊のようなものです。