ブログ作成ボタンを押しちゃった

オッサンの実力を教えてやるぜ!

自転車で車道を走っていると路駐の車を避ける時に車に抜かされる確立が高い

どうも、ガンダムのオッサンです。

自転車に乗る時、子供や高齢者ではない場合において車道があれば自転車は車道を走行しろってのが今の基本ですよね。

んで自転車で車道を走る場合は道路の端っこを走れって事でおとなしく車道の端っこを走ったりするワケなんですが路駐している車がある時ってどうしてます?

歩道に乗り上げる場所があれば一旦歩道を走って路駐車をスルーする人もいるだろうしそのまま車道を走って路駐車をスルーする人もいると思います。

f:id:gundamoon:20190609012913j:plain


で、自転車で路駐車をスルーする時って高確率で後ろから車が来ていませんか?

スルーする時って高確率で後続車とのスルータイミングが被りませんか?

あれって何故なんだろう...

路駐車を抜かす時に何故か後続の車と被る

言葉では説明しにくい部分が多いにあるので図で解説しましょう。

状況は車道を自転車で走る私、前方に路駐車、後ろから車が来ているような気がするので確認するかいないかのタイミング

f:id:gundamoon:20190609003230j:plain


このような状況で車が来ていることが分かっていれば後ろからくる車が先に行くのを待ちます。

トラックやバスなどは音で分かりますね、ぶお~ん!なイカツイ車も音で「後ろからきてるな...」と分かります。

しかし後ろから車が迫っているのが分からない場合ってあるはず、それは車の速度が早い場合とか静かな車とか。

そんな時に自転車が路駐を抜かすタイミングと後ろからくる車の走行するタイミングって何故か被りませんか?

f:id:gundamoon:20190609003812j:plain

後ろから迫る車としては路駐車とそれをスルーする自転車を同時にスルーするドライビングスタイルです。

このような状況で一番悪いのは路駐車、次に悪いのは自転車?後ろからきた車?

正直言って私には自転車と後ろから来た車のどちらが悪いのか判断出来ない部分があります。

※イヤホン付けて音楽聞きながら自転車乗ってる人はこの状況についてどう思っているのでしょうかね?

加速力の弱い自転車と加速力のある車

f:id:gundamoon:20190609013145j:plain

自転車の立場で考えれば人力ゆえ加速力が弱いので後続車を先に行かせた方が安全だと思います。

しかし加速力が弱いからこそ止まりたくない気持ちってあるはず、路駐車のせいで漕ぎ直し的な感じになるのが嫌!ってな感情です。

 

f:id:gundamoon:20190609012827j:plain

路駐車と自転車もろとも抜かしにかかる後続車の立場で考えると反対車線に車が存在しなくダブルで抜くスペースは十分にあると踏んでのダブル抜きでしょう。

そして止まりたくない自転車とダブル抜きする後続車のタイミングがなぜだか合ってしまう...

加速力の弱い自転車と加速力のある車なのにどうしてこうなってしまうのでしょうか?

スポンサードリンク

 

路駐するポイントが似ている

このような路駐スルーにおける自転車と後続車の被りは私の経験でかなり確立が高く、他の自転車を見ていても確立の高さを感じています。

色々と考えまくりながら考察を深めた一つの答えとして車が路駐したい場所って結構似ているといった事情が一つ。

とくに駐車場のないコンビニの前は路駐車が多く、しかも路駐しやすい場所であり、かる信号からも微妙な良い立地だったりするパターンです。

f:id:gundamoon:20190609005954j:plain

赤信号で停車する車がコンビニを発見、コンビニに寄りたければ止まりますよね。

反対車線に路駐する車もコンビニ目当て。

これがコンビニではなく弁当屋だったり銀行ATMだったりのパターンも似たようなものだと思います。

でも立地的に考えてコンビニが多い。

お互いに「いける...!」の気持ちが被ってしまう場合

路駐車を悪くいったところで自転車と車が路駐車スルーのタイミングが被ってしまう問題は解決されません、なぜ被るのか?です。

自転車に乗りながらこの微妙すぎる考察を初めて一週間は経過したでしょうか、私が路駐車をスルーする前に後ろの車の運転手をチラ見してみたのです。

その時の運転手はイケる...的な表情と申しましょうか、反対車線の状況を見ていると言いましょうか、自転車を先に行かせる気がない表情でした。

f:id:gundamoon:20190609011348j:plain

そして自転車に乗る私も「いける...!」の気持ち、この場合における私の「いける!」は後続の自動車よりも若干早いぐらいのタイムで路駐車をスルー出来る的なイケルです。

そして私のイケル!には根拠のない自信的なもの。

そして後続車の運転手のイケル!は状況的にイケル!の判断だと思うのです。なぜなら車の加速力と自転車の加速力は圧倒的に差があるから。

更にパターンを加えると自転車側が「自動車が避けてくれるだろう」的なイケル、「自動車が待ってくれるだろう」的なイケルもあるはずです。

このようなお互いの「イケル!」がぶつかり合ってしまい、路駐車をスルーするタイミングが被ってしまうのではない?

こんな風にしょーもない考察を深々と考えながら自転車に乗る日々です。

最後まで読んで頂き、本当にありがとうござました!